大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

全ての記事一覧から探す

全ての記事一覧から、記事を探せます。

「Excel VBA」の一覧

ブック・ワークシート操作

セル操作

オートフィルタの操作

名前の定義

罫線

条件付き書式

配列

改行

文字列の操作

日付

時間

重複データの操作

ユーザーフォーム

テーブル

ピボットテーブルの操作

印刷

図形の作成と操作

グラフの作成と操作

コメント

データの操作

パスワード解除

VBA裏技

VBA副業・オンライン講座

「Excel VBA+他アプリ」の一覧

フォルダ・ファイル関係

データの取得と転記

テキストファイル操作

ハイパーリンク

別アプリケーション操作

PDF

Access連携

「Excel」の一覧

値を取得する関数

文字列の入力と変換

文字列の操作

日付

時間

ピボットテーブル

Excel機能

コントロールフォーム

CSV

パスワード

「PC・スマホ関連」の一覧

2台PCと2台モニタ

USB-Type-Cハブ

HDMIセレクタ

USB切替器

Chromecast

パーティション管理

「ブログ作成」の一覧

ブログを作成する方法

Adsenseを合格する方法

新着記事から探す

Excel VBAで、「VLookup関数」を使って「別シート」を参照するには「Worksheets」を使います。「VLookup関数」をVBAで使う方法として「WorksheetFunction」と「数式埋め込み」があって、「別シート」を参照したい場合は「WorksheetFunction」が簡単です。

Excel VBAで、VLookupを最終行まで繰り返し使う方法について、解説していきます。最終行を取得するには「End」を使います。最終行まで検索するには「WorksheetFunction」の場合は「ループして」検索します。「数式埋め込み」の場合は「セル範囲に一括入力」です。

Excel VBAで、「VLookup関数」を使う方法についてご紹介します。方法は2つあって「WorksheetFunction」と「数式埋め込み」です。変数を使う場合は「WorksheetFnction」が簡単です。セルの値を使う場合は「数式埋め込み」が扱いやすいですね。

Excel VBAで、「CountIf」や「CountIfs」を使う方法について、網羅的に解説していきます。CountIfやCountIfs関数は、条件一致したセルをカウントできる便利な関数です。「WorksheetFunction」や「数式埋め込み」を使って、使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、「CountIfs関数」の機能を高速化する方法について、ご紹介します。できるだけ高速化したい場合は「Dictionary」が使えます。そこそこの速度で、VBAコードは「シンプル」がいいという場合は「数式埋め込み」でCountIfs関数を使う方法が簡単です。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、CountIf関数の機能を高速化する方法をご紹介します。結論から言うと、「Dictionary」を使えばかなり高速化することができます。VBAコードをシンプルにしたい場合は「数式を埋め込む」方法がそこそこ高速で、シンプルです。

Excel VBAで、CountIfs関数を使って「複数条件」に一致するセルをカウントする方法について、ご紹介します。「数式を埋め込む」方法を使うと感覚的にわかりやすいです。算出した結果をVBAの中で使うのであれば「WorksheetFunction」を使う方法が便利です。

Excel VBAで、CountIf関数を使って「別シート」を参照する方法について、ご紹介します。別シートのセルを参照したい場合は「Worksheets(シート名).セル」というように参照します。すべてのシートをループしたい場合は、「シート番号でループ」か「For Each」を使います。

Excel VBAで、「CountIf関数」を使って最終行までカウントする方法をご紹介します。最終行を取得するには「End」を使います。「WorksheetFunction」を使う場合は「最終行までループ」です。「数式埋め込み」の場合は「最終行までのセル範囲に埋め込む」ことで最終行までをカウントすることができます。

Excel VBAで、「CountIf関数」を使う方法について、解説していきます。方法は2つあって、「WorksheetFunction」と「数式埋め込み」の方法です。CountIf関数は、「ワイルドカード」や「比較演算子」が使えます。「変数」や「セルの値」をうまく組み合わせて使っていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の基本的な使い方から応用までを解説していきます。「Dictionary」は「辞書の検索」と「存在の確認」がかなり高速です。この特性を活かして「重複しないリストの作成」や「SumIf関数の機能」、「SumIfs関数の機能」を高速化できます。

Excel VBAで、「Dictionary」を使って重複しないリストを作成する方法について、ご紹介します。「Dictionary」を使えば、VBAコードをシンプルにして、高速化することができます。うまく「Dictionary」を使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の「アイテム」を変更する方法について、ご紹介します。アイテムを変更するには、「キー」で検索して値を入力するとできます。「キーで検索」する方法と、「番号を指定」して変更する方法がありますので、状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の「キー」を変更する方法について、ご紹介します。「キー」を変更するには、「.Key」を使います。やり方は、キーを検索する方法と、キーの番号を指定する方法があります。

Excel VBAで、「Dictionary」の「初期化」と「一部のキーを削除」する方法について、ご紹介します。「初期化」する場合は「.RemoveAll」を使って、「一部のキーを削除」するには「.Remove」を使います。

Excel VBAで、「Dictionary」の値を取得する方法について、ご紹介します。方法としては、「検索して取得」する方法と、「一括で取得」する方法、「ループして取得」する方法があります。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の要素数をカウントする方法について、ご紹介します。要素をカウントするには、「.Count」を使います。要素数が取得できれば登録されたデータを「ループして取得」することができます。要素は「0番目」から始まるので注意です。

Excel VBAで、「Dictionary」に既に登録されているかを確認する方法について、ご紹介します。「Dictionary」への登録の確認は、「.Exists」を使えばできます。既に登録されている「キー」を登録してしまうと、エラーとなってしまうので、「.Exists」で登録の有無を確認して登録しましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」にキーとアイテムを登録する方法について、ご紹介します。「Dictionary」に登録するには、「.Add」を使います。「Dictionary」に同じキーを登録できないので「.Exists」で確認して登録します。セルの値を登録する際は、「.Value」を付けるのがポイントです。

Excel VBAで、「Dictionary」の「参照設定」をする方法について、ご紹介します。ツールから参照設定を選択して、「Microsoft Scripting Runtime」にチェックすると参照設定ができます。ただ、ブックを共有する際に少し不便なので、参照設定が不要で使える「CreateObject」を使う方法が便利です。

Excel VBAで、「SumIf」や「SumIfs」を使う方法について、網羅的に解説していきます。SumIfやSumIfs関数は、条件一致した値の合計を算出できる便利な関数です。「WorksheetFunction」や「数式埋め込み」を使って、SumIfやSumIfsを使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、SumIfs関数の機能を高速化する方法について、ご紹介します。できるだけ高速化したい場合は「Dictionary」が使えます。そこそこの速度で、VBAコードは「シンプル」がいいという場合は「数式埋め込み」でSumIfs関数を使う方法が簡単です。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、SumIfs関数を使って「複数条件」に一致するセルの合計値を算出する方法について、ご紹介します。「数式を埋め込む」方法を使うと感覚的にわかりやすいです。算出した結果をVBAの中で使うのであれば「WorksheetFunction」を使う方法が便利です。

Excel VBAで、SumIf関数の機能を高速化する方法について、ご紹介します。結果から言うと「Dictionary」を使うと、かなり高速に合計値を計算できます。そこそこの速度で、VBAコードを「シンプル」にしたい場合は「SumIf関数を埋め込む」方法が使えます。

Excel VBAで、SumIf関数を使って「別ブック」を参照する方法について、ご紹介します。別ブックを参照する場合は「Workbooks」を使います。SumIf関数で別ブックを参照するには、基本的には、「別ブックを開いておく」必要があります。SUMとIfを配列数式で組み合わせると、「別ブックを閉じた状態」で参照できるので、併せてご紹介します。

Excel VBAで、SumIf関数を使って「別シート」を参照する方法について、ご紹介します。別シートを参照する場合は「Worksheets」を使います。別シートのセルを参照する場合は、「Worksheets(シート名).セル」で参照します。すべてのシートをループする場合は、「シート番号でループ」したり「For Each」を使います。

Excel VBAで、SumIf関数を繰り返し使う方法について、ご紹介します。「Forで繰り返す」か「数式を埋め込む」方法があります。取得した値をVBAの中で使う場合は、「Forで繰り返す」方が便利です。セルにそのまま入力したいのであれば、「数式を埋め込む方法」が簡単です。

Excel VBAで、オートフィルタの操作を徹底解説します。オートフィルタの設定から解除、色フィルタ、日付、並び替え、フィルタ結果の操作までを網羅的に解説します。オートフィルタはかなり便利な機能ですので、VBAでの操作方法をマスターして実務で使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、オートフィルタの結果を操作する方法について、ご紹介します。絞りこんだ結果を操作するには、「SpecialCells」を使います。絞りこんだ結果を操作する際に、フィルタ結果があるかを判定して操作すると、エラーを出さないで操作できます。フィルタ結果の判定は、「SubTotal関数」を使うと簡単です。

Excel VBAで、オートフィルタの結果が「データなし」かを判定する方法について、ご紹介します。方法は2つあって「End」もしくは「SubTotal関数」を使う方法です。簡単なのは「End」を使う方法です。フィルタした結果の個数も知りたい場合は「SubTotal関数」が便利です。

Excel VBAで、オートフィルタの結果をコピーや削除する方法について、ご紹介します。コピーや削除は「.Copy」と「.Delete」を使います。オートフィルタでフィルタした結果は、SpecialCellsで可視セルを操作する、みたいなことはしなくてもそのまま「コピー」や「削除」ができます。注意点は「フィルタ結果がない」場合には、「実行しない」ように条件を組むことです。

Excel VBAで、「作業列」を使ってオートフィルタをフィルタする方法について、ご紹介します。実務では複雑なフィルタが必要になります。このような場合でも、「作業列」を使えば、簡単にフィルタすることができます。作業列を使う場合は、高速化のため「配列」を使いましょう。

Excel VBAで、「変数」を使ってオートフィルタをフィルタする方法について、ご紹介します。フィルタする値の「表示形式を同じ」にする必要があるので、注意です。実務では「変数」を使ってフィルタすることが多いので、「変数」を使ったオートフィルタの操作をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、オートフィルタを「空白以外」や「空白」をフィルタする方法について、ご紹介します。「空白以外」をフィルタする場合は「"<>"」を使います。「空白」の場合は「""」です。オートフィルタで比較演算子や論理演算子は、よく使いますので、覚えておきましょう。

Excel VBAで、オートフィルタを複数条件で絞り込みする方法について、ご紹介します。2つの条件で絞り込みするには、「xlAnd」や「xlOr」の「論理演算子」を使います。3つ以上を絞りこみする場合は、「配列」を使って絞り込みです。複雑な条件でフィルタしたい場合は、作業列を使いましょう。

Excel VBAを使って、オートフィルタで日付をフィルタする方法について、ご紹介します。日付フィルタがありますけど、日付をフィルタする場合も、「比較演算子」や「論理演算子」を組み合わせてフィルタすると、簡単です。

Excel VBAで、オートフィルタの色フィルタを使う方法について、ご紹介します。色フィルタは「背景色」と「文字色」をフィルタできます。色の設定は「RGB」を使うと便利です。特定の文字色以外など標準でフィルタ出来ない場合は、「作業列」を使いましょう。

Excel VBAで、オートフィルタを解除する方法について、ご紹介します。解除する種類は2種類あって、「オートフィルタを解除」するのとオートフィルタの「フィルタを解除」するというものです。それぞれ「.AutoFilter」と「.ShowAllData」を使います。「.AutoFilter」の方法が簡単なので、両方覚えるのが面倒な場合は「.AutoFilter」を使いましょう。

Excel VBAで、オートフィルタを設定する方法について、ご紹介します。使うVBAコードは、「.AutoFilter」です。オートフィルタでは「比較演算子」や「ワイルドカード」を使うことができます。VBAでオートフィルタを自動化して実務で使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、グラフの作成と操作について、ご紹介します。グラフの作成から書式設定、系列の操作と書式設定、グラフのコピーから保存まで網羅的に解説していきます。紹介するVBAコードを使えば、グラフの作成と操作が自由自在にできるようになります。実務でVBAを使ってグラフ操作をバンバン自動化していきましょう。

Excel VBAを使って、グラフで2軸を設定する方法について、ご紹介します。2軸に設定するには、「.AxisGroup = 2」とすれば、できます。2軸を設定した場合、「系列の種類変更」や「軸ラベルの設定」をした方がグラフが見やすくなりますので、併せて覚えておきましょう。

Excel VBAで、グラフに系列を追加する方法について、ご紹介します。2通りの方法があって、「NewSeries」と「SetSourceData」を使う方法があります。「SetSourceData」の方が設定が簡単です。追加する系列のデータを含めてセル範囲を参照すれば、簡単に系列を追加できます。

Excel VBAで、グラフの系列を削除または非表示にする方法について、ご紹介します。系列の削除は、「.Delete」を使います。系列を非表示にするには、「.IsFiltered」を使います。系列の非表示の場合は、「.FullSeriesCollection」を使うのがポイントになります。

Excel VBAで、グラフの系列名を取得する方法について、ご紹介します。グラフの系列名は、「.Name」を使えば取得することができます。系列名の指定は、「ChartObjects(1).Chart.SeriesCollection(1)」というようにします。VBAでのグラフの操作に慣れていきましょう。

Excel VBAで、グラフの軸ラベルを書式設定する方法について、ご紹介します。軸ラベルの表示は「.HasTitle」を使って、軸ラベルの書式設定は「.AxisTitle」を使って設定をします。グラフの書式設定はたくさんあって大変です。VBAでのグラフ操作になれていきましょう。

Excel VBAで、グラフの軸の書式設定をする方法について、ご紹介します。軸の表示は「HasAxis」を使います。軸の書式設定は「Axes」で軸を指定して、設定します。グラフの書式設定をするVBAコードは、たくさんありますので、すべて覚えるのではなく、必要なコードを抜粋して使うといいです。

Excel VBAで、グラフのタイトルと凡例の書式設定をする方法について、ご紹介します。タイトルと凡例の表示と非表示は、「HasTitle」と「HasLegend」でできます。グラフの書式設定を最初からVBAでやると大変なので、「ベース」となるグラフを作っておいて、コピーして利用すると効率的です。

Excel VBAで、グラフの「位置」と「サイズ」を設定する方法について、ご紹介します。グラフの位置は「.Left」と「.Top」で、「左」と「上」の位置が設定できます。グラフのサイズは、「.Width」と「.Height」で「幅」と「高さ」が設定できます。グラフの操作をVBAで自動化していきましょう。

Excel VBAで、グラフの削除と初期化をする方法について、ご紹介します。グラフの削除は、「.Delete」で、初期化の場合は、「.ChartArea.ClearContents」を使います。グラフを「削除」する場合は、「グラフ」を操作して、「初期化」の場合は、「チャート」を操作です。用途に合わせて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、グラフの名前を取得する方法と、設定する方法について、ご紹介します。名前の設定や取得は、「.Name」を使います。グラフを選択する場合は、「ActiveChart.Parent.Name」で、グラフを指定する場合は、「ChartObjects(1).Name」というようにします。

Excel VBAで、グラフの参照範囲を変更するには、「SetSourceData」を使います。グラフにデータを追加して、グラフに反映したい場合に使えます。離れたセル範囲を参照したい場合は、「Union」を使いましょう。

Excel VBAで、グラフや系列の「種類」を変更する方法について、ご紹介します。グラフの種類を変更するには、「.ChartType」を使います。一部の系列のみ種類を変更したい場合は、「SeriesCollection(系列の番号)」で系列を指定して変更します。

Excel VBAで、棒グラフを作成する方法について、ご紹介します。元データの選択→グラフの挿入→グラフ種類の設定という手順で、作成できます。グラフの操作をする際は、「ベース」となるグラフを作成しておいて、コピーしてい利用すると便利です。

Excel VBAで、散布図を作成する方法について、ご紹介します。散布図を作成するには、グラフの挿入、グラフの種類を設定、参照範囲を設定する、という手順でできます。VBAでグラフの操作を自動化していきましょう。

Excel VBAで、折れ線グラフを作成する方法について、ご紹介します。折れ線グラフを作成するには、「Shapes.AddChart2」を使います。グラフを挿入したら「xlLine」で折れ線に変更すると折れ線グラフの完成です。折れ線グラフの書式設定も含めて解説していきます。

Excel VBAで、グラフを「画像」として出力して保存する方法について、ご紹介します。使うVBAコードは、「.Export」です。「.Export」を使えば、グラフを「jpg」、「gif」、「png」、「bmp」などの形式で保存することができます。

Excel VBAで、配列からグラフを作成する方法について、ご紹介します。配列からグラフを作成するには、「NewSeries」を使って、「系列を追加する」という方法を使います。ただ、配列をセルに入力してもいいのであれば、「配列をセルに入力」した方が簡単にグラフを作成できます。

Excel VBAで、「別シート」や「グラフシート」にグラフを作成する方法について、ご紹介します。別シートにグラフを作成する際のポイントは、参照元の「ワークシート」まで指定して、参照範囲を設定することです。ワークシートまで指定しておけば、別シートでも同じシートでも、グラフを作成することができます。

Excel VBAで、グラフを「コピー」する方法について、ご紹介します。グラフのコピーは、「.Copy」を使ってコピーしたあと、「ActiveSheet.Paste」で貼り付けるとできます。「ベース」となるグラフを作成しておいて、「コピー」してグラフを利用すると、効率的にグラフを操作できます。

Excel VBAで、グラフのデータラベルを書式設定する方法について、ご紹介します。データラベルを設定するには、「HasDataLabels」や「DataLabels」を使います。「ベース」となるグラフを作成しておいて、一部の設定や変更をVBAで自動化すると効率的です。

Excel VBAで、グラフの系列で「線の太さ」や「色」、「マーカー」の書式設定をする方法について、ご紹介します。系列の書式設定を、最初からVBAで自動化すると大変です。「ベース」となるグラフを作っておいて、今回紹介するVBAコードで、系列の一部を書式設定すると効率的です。

Excel VBAで、ピボットテーブルの操作を自動化する方法について、ご紹介します。ピボットテーブルの「作成」から、「フィールドの設定」、「フィルター」、「並び替え」、「グループ化」などの重要なポイントを、網羅的に解説します。便利なピボットテーブルを、VBAを使ってさらに効率的に使っていきましょう。

Excel VBAで、ピボットグラフを作成する方法について、ご紹介します。使うVBAコードは、「.Shapes.AddChart2」です。ピボットグラフを「選択」する場合と「指定」する場合で、VBAコードが変わりますので、それぞれ解説していきます。VBAでピボットグラフの操作を自動化していきましょう。

Excel VBAで、ピボットテーブルの値や範囲を取得する方法について、ご紹介します。「ラベル」や「フィールドの値」、「ピボットテーブル全体」を取得することができます。出力用の表として、ピボットテーブルの値を転記して使うと、便利です。ピボットテーブルの操作を自動化していきましょう。

Excel VBAで、ピボットテーブルをグループ化する方法について、ご紹介します。グループ化する対象は、「数値」と「日付」です。「20点刻み」でグループ化したり、「年、月」でグループ化することができます。「グループ化」はよく使う操作なので、VBAで自動化していきましょう。

Excel VBAで、ピボットテーブルを並び替えする方法について、ご紹介します。使うVBAコードは、「AutoSort」です。「ラベル」を並び替えしたい場合は、「ラベル名」を使います。「ラベルの値」を並び替えしたい場合は、「ラベル名」と「値の名前」を使うとできます。ピボットテーブルの操作を、VBAで自動化していきましょう。

Excel VBAで、ピボットテーブルをフィルターする方法について、ご紹介します。使うVBAコードは、「.PivotFilters.Add2」です。ピボットテーブルでは、ラベルを「文字」や「数値」、「日付」でフィルターしたり、「ラベルの値」をフィルターすることができます。フィルターする箇所に応じて、VBAコードを使い分けていきましょう。

Excel VBAで、ピボットテーブルのデータソースを変更する方法について、ご紹介します。データソースを変更するには、「ChangePivotCache」を使います。元データの範囲を、簡単に変更できるので便利です。ピボットテーブルの操作を自動化していきましょう。

Excel VBAで、ピボットテーブルを更新する方法について、ご紹介します。更新する種類としては、「特定のピボットテーブルのみ」を更新する方法と、「ブック全体」のピボットテーブルを更新する方法があります。更新したくないピボットテーブルがなければ、「ブック全体」を更新する方法が簡単です。

Excel VBAで、ピボットテーブルを削除する方法について、ご紹介します。ピボットテーブルの削除には、「ピボットテーブルの削除」や「シートの削除」、「ピボットテーブルの初期化」、「フィールドの削除」とやり方が複数あります。目的に応じて、削除する方法を選びましょう。

Excel VBAで、ピボットテーブルを作成する方法について、ご紹介します。手順としては、CreatePivotTableでピボットテーブルを作成したあと、行や列、フィルター、値のフィールドを設定してきます。大量のピボットテーブルを作成する必要がある場合は、VBAを活用していきましょう。

Excelのピボットテーブルで、必要な操作をまとめました。ピボットテーブルの「作成」から、「使い方」、「グループ化」、「グラフを作成」する方法が理解できます。ピボットテーブルは、実務で必須のツールです。確実に、マスターしていきましょう。

Excelで、ピボットテーブルから、ピボットグラフを作成する方法について、ご紹介します。ピボットテーブルがあれば、ピボットグラフは、簡単に作成できます。グラフ上で「フィルター」、「ソート」、「表示単位の切り替え」ができるので便利です。ピボットグラフを活用していきましょう。

Excelで、ピボットグラフで総計を表示する方法について、ご紹介します。結論から言うと、ピボットグラフに総計は、表示できません。他の方法として、「テキストボックス」や「通常のグラフ」を使う方法があります。「通常のグラフ」使う方法が、比較的簡単です。具体的に解説していきます。

1

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。