大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

ピックアップ記事を見る

Excel VBA

エクセル

新着記事から探す

Excel VBAで、複数シートを複数ブックで保存するには、「For Each」を使ってすべてのシートをループして、名前を付けて保存するとできます。VBAを使って別ブック保存を自動化していきましょう。

Excel VBAを使って、パワークエリを更新する方法は2つあって、「RefreshAll」と「Refresh」です。すべてのクエリを更新したい場合は「RefreshAll」で、一部のクエリのみを更新したい場合は「Refresh」を使います。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excelのパワークエリで、重複する値を操作するには、「重複の削除」や「重複の保持」を使うとできます。重複する値を削除したり、重複する値のみを保持することができるので、便利です。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、8桁の数値を日付に変換する方法について、ご紹介します。8桁の数値を日付に変換するには、「例からの列」を使います。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、結合セルを解除して同じ値を入力する方法について、ご紹介します。結合セルを解除して、同じ値を入力するには、「テーブルから」クエリを作成して、「フィル」を使うとできます。パワークエリをうまく使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、クロス集計表をテーブル形式に変換するには、「列のピボット解除」を使うとできます。ピボットテーブルを作成したいけど、データがクロス集計表になってしまっている場合に、使えます。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、行方向に分割するには、「列の分割」を使うとできます。区切り記号ごとや、改行ごと、文字数、位置などを指定して、行方向に分割できます。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、列方向に分解するには、「列の分割」を使います。「区切り記号ごと」や、「文字数」、「文字の位置」を指定して、分割することができます。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、Webからデータを取得するには、「その他のデータソース」→「Webから」クエリを作成するとできます。パワークエリを使ってデータを取得すれば、データの更新が簡単になります。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、PDFのデータをExcelに取り込むには、「ファイルから」→「ブックから」クエリを作成するとできます。ただ、デフォルトでは、PDFを選択できないので、ファイルの種類を「全てのファイル」にして、PDFを選択します。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、条件別に複数のシートに分割するには、クエリを「複製」して「フィルタ」するとできます。パワークエリを使って、データの分割しておけば、データの更新が簡単にできます。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、ファイル名を指定して複数ブックを結合するには、「フォルダから」クエリを作成して、ファイル名を「フィルタ」することでできます。パワークエリを使えば、データの更新作業が簡単になりますので、実務で活用していきましょう。

Excelのパワークエリで、複数ブックを結合するには、「フォルダから」クエリを作成するとできます。パワークエリを使って、複数ブックを結合すると、データの追加や削除、変更が簡単にできます。パワークエリを使いこなして、データの結合を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、照合する条件を指定してテーブルを結合する方法について、ご紹介します。結合する条件は、「6つ」あります。使う場面に応じて、結合する条件を変えて、うまくテーブルを結合していきましょう。

Excelのパワークエリで、「複数条件」でデータを照合してテーブルを結合するには、「クエリのマージ」で「複数の列」を選択して、結合するとできます。照合したいデータが2列以上ある場合に使えます。パワークエリを使ったデータの取得と変換をマスターしていきましょう。

Excelのパワークエリで、データを照合してテーブルを結合するには、「クエリのマージ」を使います。VLOOKUP関数のようにデータを検索して引っ張ってくることができます。3つ以上のクエリを結合したい場合は「ブックから」クエリを作成すると便利です。パワークエリでのデータの取得と変換を使いこなしていきましょう。

Excelのパワークエリで、複数のテーブルを結合するには、「テーブルから」クエリを作成する方法と、「ブックから」クエリを作成する方法があります。3つ以上のテーブルを結合したい場合は、「ブックから」クエリを作成する方ほうが簡単です。パワークエリを使って、データの取得と変換をしていきましょう。

Excelのパワークエリで、複数シートのデータやテーブルを、1つのテーブルにまとめるには、「ブックから」クエリを作成することでできます。元データが変更されたり、元データにシートが追加された場合でも、「更新」ボタンをクリックするだけで、更新できるので便利です。

Excel VBAで、セル内の文字列の一部だけ書式を変更するには、「Characters」を使います。操作したい「始めの文字番号」と「文字数」を入力して一部の文字列を操作します。一部の文字列を強調する作業を自動化できるので便利です。

Excel VBAで、マクロを実行する4つの方法をご紹介します。実行する方法は、「ボタン」、「ショートカット」、「イベント」、「リボン」という感じです。状況に応じて使い分けると便利です。マクロの実行方法をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、アドインを呼び出すには、「Application.Run」を使うとできます。同じ方法で「別ブック」のマクロを呼び出すことも可能です。ただ、別ブックが開いちゃいますので、よく使うマクロは、アドイン化して、別ブックから呼び出せるようにしておくと便利です。アドインをうまく使っていきましょう。

マクロをリボンに追加する方法についてご紹介します。簡単にマクロを実行できて効率化になります。別ブックでも使いたい場合は、マクロを「アドイン化」して使うとできます。「別PC」で使う場合は「アドイン」と「リボンのデータ」をコピーして使うという感じです。実務でリボン機能をうまく使っていきましょう。

Excel VBAで、イベントの発生を停止して無効にするには、「EnableEvents」を使います。値の変更や選択セルの変更時のイベントを停止することができます。イベントを使う際はは「EnableEvents」の使い方もマスターしていきましょう。

Excel VBAで、選択セルの変更時に実行するには、「シートモジュール」で「Worksheet_SelectionChange」を使うとできます。実務で使う例として、選択セルの強調があります。シートイベントをうまく活用していきましょう。

Excel VBAで、値の変更時にマクロを実行するには、「シートモジュール」の「Wroksheet_Change」を使います。値の変更時に値を取得するなど、「VLOOKUP関数」のように使うことができて便利です。値の変更時に実行するシートイベントを活用していきましょう。

Excel VBAで、ダブルクリック時に実行するには、シートイベントの「Worksheet_BeforeDoubleClick」を使います。ダブルクリック時に実行できれば、簡単に値を転記できたりしますので、どんどん使っていきましょう。

ブックの起動時にマクロを実行するには、「ブックモジュール」で「Workbook_Open」を使うとできます。ブックを開いた際に、「特定のシートに移動」したり、「フォームを表示」することができるので、便利です。ブックのイベントをうまく活用していきましょう。

マクロにショートカットキーを割り当てる方法について、ご紹介します。ショートカットキーを割り当てるには、「マクロのオプション」を使います。割り当てを自動化したい場合は、「OnKey」が使えます。ショートカットキーを使ってマクロを実行する方法はよく使いますので、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、実行ボタンを作成してマクロを登録する方法について、ご紹介します。方法は2つあって、図形を使う方法と、フォームコントロールのボタンを使う方法です。図形の方が、自由自在に形をできるので便利です。ボタンを使って、マクロを実行していきましょう。

Excel VBAで、「デバッグ」する方法について、ご紹介します。「デバッグ」とはプログラムのミスを発見する、という意味です。デバッグする際に役立つのが、「ステップインでの実行」や、「ブレークポイント」、「変数の中身を確認する方法」です。うまくデバッグできるようにマスターしていきましょう。

Excel VBAで、エラー処理をする方法について、ご紹介します。エラーを無視する「On Error Resume Next」、エラーを判定する「Err.Number」、エラー無視を解除する「On Error Goto 0」、エラー発生時に特定行に移動「On Error Goto」という方法があります。

Excel VBAで、「If」と「ElseIf」、「Else」を使うと変数やセルの値に応じて、条件分岐することができます。「複数条件」や、「否定の条件」を作ったり、「Ifの中にIf」を使ってネストすることもできます。If文の使い方をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、ループする回数がわからない場合に、「Do While Loop」、「Do Loop While」、「Do Loop」が使えます。空白までループしたい場合とかですね。それぞれのループの抜け方や、複数条件を使う方法を、解説していきます。

Excel VBAで、「Select Case」を使う方法について解説していきます。「Select Case」を使えば、範囲や、Likeとワイルドカード、複数条件での条件分岐をすることができます。「Select Case」をうまく使えば、条件分岐の記述をシンプル化することができますので、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、「For文」を使う方法について、ご紹介します。For文は、同じ処理をループすることができるものです。For文では、「Step」や、「Ifとの組み合わせ」、「Forの中にForを使う」、「Forを抜ける」といった操作をよく使いますので、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、変数の適用範囲(スコープ)を宣言する方法について、ご紹介します。変数のスコープは、3種類あります。「同じプロシージャ内」、「同じモジュール内」、「すべてのモジュール」で適用できます。適用範囲を意識して変数を宣言していきましょう。

Excel VBAで、「定数」を宣言するには、「Const」を使います。定数は、変数と違って、値を変更することができません。適用範囲は、3種類あって、「同じプロシージャ内」、「同じモジュール内」、「すべてのモジュール」で設定できます。場合に応じて適用範囲を設定しましょう。

Excel VBAの「Function」の大きな特徴は「戻り値」があるのと「ワークシート関数」として使えるということです。戻り値や引数には、値や、配列、オブジェクト、複数の値を使いことができます。「Function」の使い方をマスターしていきいましょう。

Excel VBAで使う「Sub」と「Function」の違いについて、解説します。「Function」は「戻り値」が使えて、「関数」として使えるのが「Sub」との違いです。戻り値や関数として使いたいというのがなければ、「Sub」を使っていきましょう。

Excel VBAの「Sub」で「引数」を使うには、「()」に変数を入力することでできます。変数の渡し方には「参照渡し」と「値渡し」があります。渡した変数を引き継ぎたい場合には「参照渡し」で、変数を渡しっぱなしにしたい場合は「値渡し」を使いましょう。

Excel VBAで、Subから別のSubを呼び出すには、「Call」を使います。「Sub」と「Public Sub」は別モジュールから、「Private Sub」は同一モジュールから呼び出せます。シートや、ブック、フォームモジュールのSubを呼び出すには、「オブジェクト名」を付けて呼び出しましょう。

Excel VBAで、「Sub」と「Public Sub」、「Private Sub」の違いを解説します。「Sub」と「Public Sub」は「他モジュール」から呼び出せます。「Private Sub」は、「同じモジュール」から呼び出すことができます。特別な事情がなければ、基本的に「Sub」を使っていきましょう。

Excel VBAのVBE画面で、標準モジュールを削除するには、「モジュールの解放」を使います。ちょっと心配なので、「別で保存して」削除したい場合は「エクスポート」して解放するといいです。標準モジュールが多くなってきてごちゃごちゃしてきた場合は「モジュールを解放」して整理していきましょう。

Excel VBAのVBE画面で、標準モジュールの名前を変更するには、「プロパティウィンドウ」で「オブジェクト名」を変更することでできます。標準モジュールが多くなってきたときには、カテゴリ別に名前を付けて管理すると便利です。「モジュール名を付けて参照」している場合は名前を変更するとエラーとなってしまうので注意です。

Excel VBAの使い方について、ご紹介します。VBAを使うためにはマクロを有効化や、開発タブの表示など開発環境を整える必要があります。VBAを使うための最初の一歩です。VBAを実務で使い倒していきましょう。

Excel VBAで、セルの結合や、結合セルの解除、判定、範囲の取得について、ご紹介します。セルの結合で使うのは、「Merge」や、「UnMerge」、「MergeCells」、「MergeArea」です。結合したいセルが大量にあると大変なので、セル結合を自動化して楽していきましょう。

Excel VBAで、結合したセルを正しくフィルタする方法について、ご紹介します。「PasteSpecial」で「数式」を貼り付けるとできます。セル結合された表で、フィルタした値を確認したい場合に使えます。

Excel VBAで、同じ値や空白をみつけてセル結合する方法について、ご紹介します。セル結合は見た目を整えるのに便利な機能です。ただ、セル結合する量が多くなってくると大変ですので、VBAで自動化していきましょう。

Excel VBAで、セル結合を解除して同じ値を入力するには、「IF関数」と「MergeCells、MergeArea、UnMerge」を使う方法があります。「IF関数」を使う方法の方がシンプルで使いやすいです。「IF関数」を使ってセル結合を解除して同じ値を入力しましょう。

Excel VBAで、条件一致した値を抽出する方法として、「ForとIfを組み合わせる」方法と「オートフィルタ」を使う使う方法があります。「オートフィルタ」を使った方がシンプルで、複数条件に一致した値の抽出も簡単にできます。値の抽出は実務ではよく使うのでマスターしていきましょう。

Excel VBAで、VLookup関数を使いこなす方法を解説していきます。「基本的な使用方法」から、「最終行までの検索」、「別シート参照」、「別ブック参照」、「エラー回避」、「高速化」といった実務で使える内容を解説していきます。

Excel VBAで、VLookup関数を高速化する方法についてご紹介します。VLookup関数を高速でかつ、シンプルに使う方法は「埋め込み数式」を使う方法です。さらに高速化を目指したい場合は「Dictionary」を検討してみましょう。

Excel VBAで、VLookup関数を使う際の「エラーを回避」する方法についてご紹介します。「WorksheetFunction」を使う場合は「On Error Resume Next」を使います。「数式埋め込み」を使う場合は「IFERROR関数」を使うと便利です。

Excel VBAで、「VLookup関数」を使って「別ブック」を参照するには「Workbooks」を使います。「WorksheetFunction」を使う場合は別ブックを「開いておく」必要があります。「埋め込み数式」の場合は別ブックを「閉じたまま」参照できるので高速です。

Excel VBAで、「VLookup関数」を使って「別シート」を参照するには「Worksheets」を使います。「VLookup関数」をVBAで使う方法として「WorksheetFunction」と「数式埋め込み」があって、「別シート」を参照したい場合は「WorksheetFunction」が簡単です。

Excel VBAで、VLookupを最終行まで繰り返し使う方法について、解説していきます。最終行を取得するには「End」を使います。最終行まで検索するには「WorksheetFunction」の場合は「ループして」検索します。「数式埋め込み」の場合は「セル範囲に一括入力」です。

Excel VBAで、「VLookup関数」を使う方法についてご紹介します。方法は2つあって「WorksheetFunction」と「数式埋め込み」です。変数を使う場合は「WorksheetFnction」が簡単です。セルの値を使う場合は「数式埋め込み」が扱いやすいですね。

Excel VBAで、「CountIf」や「CountIfs」を使う方法について、網羅的に解説していきます。CountIfやCountIfs関数は、条件一致したセルをカウントできる便利な関数です。「WorksheetFunction」や「数式埋め込み」を使って、使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、「CountIfs関数」の機能を高速化する方法について、ご紹介します。できるだけ高速化したい場合は「Dictionary」が使えます。そこそこの速度で、VBAコードは「シンプル」がいいという場合は「数式埋め込み」でCountIfs関数を使う方法が簡単です。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、CountIf関数の機能を高速化する方法をご紹介します。結論から言うと、「Dictionary」を使えばかなり高速化することができます。VBAコードをシンプルにしたい場合は「数式を埋め込む」方法がそこそこ高速で、シンプルです。

Excel VBAで、CountIfs関数を使って「複数条件」に一致するセルをカウントする方法について、ご紹介します。「数式を埋め込む」方法を使うと感覚的にわかりやすいです。算出した結果をVBAの中で使うのであれば「WorksheetFunction」を使う方法が便利です。

Excel VBAで、CountIf関数を使って「別シート」を参照する方法について、ご紹介します。別シートのセルを参照したい場合は「Worksheets(シート名).セル」というように参照します。すべてのシートをループしたい場合は、「シート番号でループ」か「For Each」を使います。

Excel VBAで、「CountIf関数」を使って最終行までカウントする方法をご紹介します。最終行を取得するには「End」を使います。「WorksheetFunction」を使う場合は「最終行までループ」です。「数式埋め込み」の場合は「最終行までのセル範囲に埋め込む」ことで最終行までをカウントすることができます。

Excel VBAで、「CountIf関数」を使う方法について、解説していきます。方法は2つあって、「WorksheetFunction」と「数式埋め込み」の方法です。CountIf関数は、「ワイルドカード」や「比較演算子」が使えます。「変数」や「セルの値」をうまく組み合わせて使っていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の基本的な使い方から応用までを解説していきます。「Dictionary」は「辞書の検索」と「存在の確認」がかなり高速です。この特性を活かして「重複しないリストの作成」や「SumIf関数の機能」、「SumIfs関数の機能」を高速化できます。

Excel VBAで、「Dictionary」を使って重複しないリストを作成する方法について、ご紹介します。「Dictionary」を使えば、VBAコードをシンプルにして、高速化することができます。うまく「Dictionary」を使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の「アイテム」を変更する方法について、ご紹介します。アイテムを変更するには、「キー」で検索して値を入力するとできます。「キーで検索」する方法と、「番号を指定」して変更する方法がありますので、状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の「キー」を変更する方法について、ご紹介します。「キー」を変更するには、「.Key」を使います。やり方は、キーを検索する方法と、キーの番号を指定する方法があります。

Excel VBAで、「Dictionary」の「初期化」と「一部のキーを削除」する方法について、ご紹介します。「初期化」する場合は「.RemoveAll」を使って、「一部のキーを削除」するには「.Remove」を使います。

Excel VBAで、「Dictionary」の値を取得する方法について、ご紹介します。方法としては、「検索して取得」する方法と、「一括で取得」する方法、「ループして取得」する方法があります。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の要素数をカウントする方法について、ご紹介します。要素をカウントするには、「.Count」を使います。要素数が取得できれば登録されたデータを「ループして取得」することができます。要素は「0番目」から始まるので注意です。

Excel VBAで、「Dictionary」に既に登録されているかを確認する方法について、ご紹介します。「Dictionary」への登録の確認は、「.Exists」を使えばできます。既に登録されている「キー」を登録してしまうと、エラーとなってしまうので、「.Exists」で登録の有無を確認して登録しましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」にキーとアイテムを登録する方法について、ご紹介します。「Dictionary」に登録するには、「.Add」を使います。「Dictionary」に同じキーを登録できないので「.Exists」で確認して登録します。セルの値を登録する際は、「.Value」を付けるのがポイントです。

Excel VBAで、「Dictionary」の「参照設定」をする方法について、ご紹介します。ツールから参照設定を選択して、「Microsoft Scripting Runtime」にチェックすると参照設定ができます。ただ、ブックを共有する際に少し不便なので、参照設定が不要で使える「CreateObject」を使う方法が便利です。

Excel VBAで、「SumIf」や「SumIfs」を使う方法について、網羅的に解説していきます。SumIfやSumIfs関数は、条件一致した値の合計を算出できる便利な関数です。「WorksheetFunction」や「数式埋め込み」を使って、SumIfやSumIfsを使いこなしていきましょう。

1

カテゴリから探す

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

全ての記事一覧から探す

全ての記事一覧から、記事を探せます。

「Excel VBA」の一覧

VBAの使い方

セルの操作

ワークシート・ブック操作

データの操作

データの計算と取得

別アプリケーション操作

印刷の操作

書式の設定

文字列の操作

日付・時間の操作

オートフィルタの操作

テーブルの操作

ユーザーフォームの作成と操作

ピボットテーブルの操作

図形の作成と操作

グラフの作成と操作

VBA裏技・副業・オンライン講座

「Excel」の一覧

セルの入力を制限する

コピーと貼付け

ワークシート操作

ブック操作

値を取得する

条件式を作る、集計や分析をする

文字列の入力と変換

文字列の操作

日付の操作

時間の操作

ピボットテーブルの操作

図形・画像・グラフ

Power Query(パワークエリ)

「PC・スマホ関連」の一覧

2台PCと2台モニタ

USB-Type-Cハブ

HDMIセレクタ

USB切替器

Chromecast

パーティション管理

「ブログ作成」の一覧

ブログを作成する方法

Adsenseを合格する方法

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。