大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

ピックアップ記事を見る

Excel VBA

エクセル

新着記事から探す

Excel VBAを使って、絞り込み検索をする場合は、データベースから部分一致で値を抽出して、ForとIfを使って値を取得するとできます。ユーザーフォームの場合は、絞り込む条件を「テキストボックス」に入力して、抽出した値は「リストボックス」に入力するといいです。絞りこみ検索する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、条件を絞り込んで値を抽出するには、部分一致で値を抽出して、ForとIfを使って値を検索するとできます。大量データから一意の値で検索するとなると大変です。なので、条件を絞りこんで値を検索できるとかなり便利です。条件を絞りこんで値を検索する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、複数ブックから値を抽出するには、Dir関数を使ってブックをループして、「ForとIf」を使って値を抽出するとできます。複数ブックから値を抽出する作業を自動化して、効率化していきましょう。

Excel VBAでは、ForとIfを使えば、データの取得や転記、抽出、カウント、加算など、大体のVBAコードを作成することができます。ForとIfを使い倒して、自動化していきましょう。

Excel VBAで、配列を使って値の抽出を高速化するには、2次元配列を使うと簡単です。ポイントは、シートのデータを配列に格納して配列どうしでやりとりをする、ということになります。最後に、配列の値を一括でセルに入力することで、処理を高速化することができます。配列の使い方についてマスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、選択したフォルダ内のフォルダとファイル一覧を取得して、ハイパーリンクを設定する方法について、解説していきます。フォルダとファイルの一覧を作成して、ハイパーリンクを設定できれば、ファイルの検索がしやすくなります。フォルダとファイルの一覧を作成する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、条件を指定して複数ブックをまとめるには、「InStr」を使って条件を指定して、「Dir関数」と「Copy」を使って複数ブックから値を取得するとできます。実務では、複数ブックをまとめたい、といった場面が結構ありますので、複数ブックをまとめる方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、入出力シートからデータの取得と転記する方法について、ご紹介します。ForとIfを使って、データを検索することで、データベースにデータの取得と転記をすることができます。入出力シートからデータベースを操作できると便利になります。データの取得と転記について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、雛型を使って取引先ごとに別シートに転記する方法について、ご紹介します。手順としては、Dictionaryを使って取引先リストを作成して、雛型にデータを転記したあと、Copyで別シーにコピーするという感じです。別シートに転記する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、複数ファイルを選択するには、GetOpenFileNameで「MultiSelect」を「True」にするとできます。選択した複数ファイルをまとめるには、選択ファイルをループして「Copy」を使います。選択した複数ファイルをまとめる方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、フォルダを選択して、選択したフォルダ内のブックをまとめるには、FileDialogと、Dir関数、Copyを使うとできます。フォルダ選択用のダイアログでフォルダを選択して、ブックをまとめることができると便利です。ブックをまとめる方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、月ごとのブックを1つにまとめるには、Dir関数とCopyを使うとできます。実務では、複数ブックに保存されたデータを1つにまとめて、データを解析したり、加工、編集したいといった場面があるかと思います。複数ブックを1つにまとめる方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、ユーザーフォームで検索して、値を抽出するには、AutoFilterとCopyを使うとできます。テキストボックスのイベントは、「KeyDown」イベントを使います。データを抽出したいという場面は、結構あるかと思います。データを抽出する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、社員名簿から名前で検索して、データを抽出するには、「.AutoFilter」と「.Copy」を使うとできます。実務ではデータベースからデータを抽出したいという場面が、結構あるかと思います。データを抽出する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、日付でデータを抽出するには、AutoFilterとCopyを使うとできます。データ部分のみをコピーする場合は、フィルタ結果がある場合にのみ取得するといいです。データの抽出方法についてマスターしていきましょう。

Excel VBAで、チェックした値を、別シートに転記したい場合は、チェックボックスをループして、「Copy」で転記します。「CheckBoxes」か「リンクしたセル値」を使えば、チェックボックスのOnとOffを取得できます。チェックしたデータを別シートに転記する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、部署ごとで別シートに転記するには、「.AutoFilter」で各部署を抽出して、「.Copy」で別シート転記するとできます。「部署リスト」を作成して、部署ごとで別シート転記すると便利です。部署毎に別シート転記する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、取引先ごとに別シートを転記するには、「AutoFilter」で抽出して、「.Copy」を使って転記するとできます。取引先ごとに別シート転記する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、月別に別シートを転記するには、「.AutoFilter」で各月を抽出して、「.Copy」で別シート転記するとできます。「月のリスト」を作成して、月別で別シート転記すると便利です。月別に別シート転記する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートの保護を設定するには「.Protect」を使って、解除するには「.Unprotect」を使います。パスワードを設定したり解除するには、引数に「Password:=」を入力します。シート保護の設定や解除方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートの見出し色を設定するには「.Tab.Color」で、解除するには「.Tab.ColorIndex」を使うとできます。シートをループして、条件分岐すると、特定シートの見出し色を設定することができます。シートの見出し色を設定する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート名の一覧を取得するには、シートをループして「.Name」を使うとできます。シート名の一覧を取得して、配列に格納したり、シートに入力したりできます。シート名の一覧を取得する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート名を検索するには、シートをループして、一致するシート名があるかを判定します。部分一致で検索したい場合は、「InStr」を使うとできます。シート名を検索する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートの存在をチェックするには、シートをループして、シート名の有無を確認するとできます。シートの存在を確認して、シート名を操作することで、エラーを回避してシート名を操作することができます。シートの存在を確認する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート数を取得するには「Sheets.Count」を使います。シート数を取得できれば、最終シートにコピーや、最終シートに移動、最終シートに追加、すべてのシートをループ、シートの存在をチェック、シートを検索といったことができるようになります。シート数を取得して、うまくシートを操作していきましょう。

Excel VBAで、同じシートを複数作成するには、「.Copy」を繰り返すとできます。コピーしたシートの名前を変更したい場合は、アクティブシートの名前を変更するとできます。自動で同じシートを複数作成できれば、業務を効率化することができます。同じシートを複数作成する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを昇順や降順で並び替えたい場合は、バブルソートを使って、Moveでシートを移動することで、並び替えることができます。シートが大量にある場合で、シートを並び替えしたい場合は、自動で並び替えができるようにしていきましょう。

Excel VBAで、シートをクリアするには、「.ClearContents」「.Delete」「.Clear」「.DrawingObjects.Delete」を使います。値のみのクリアや、シートの初期化、範囲を指定してクリアする方法がわかります。シートのクリア方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、結合セルの行の高さを自動調整するには、作業セルに値を転記して、作業セルで行の高さを自動調整することでできます。出力用のシートでは、セル結合する必要がある場合がありますので、結合セルの行の高さを自動調整する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを追加したい場合は「.Add」を使います。先頭や最後にシートを追加したい場合は、「before:=」や「after:=」を使ってシートを追加します。複数シートを追加したい場合は「count:=」か「.Add」をループするとできます。シートの追加方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを削除するには、「.Delete」を使います。メッセージを非表示にして強制的に削除したい場合は、「Application.DisplayAlerts = False」を使います。エラー回避のため、シートの存在を確認してから削除するといいです。シートの削除方法をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを移動したい場合は、「.Move」を使って「before:=」や「after:=」に移動先のシートを指定することでできます。別ブックへの移動は、「.Move」のみを入力します。複数シートの移動は、「配列」を使います。シートの操作方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを特定シートや、先頭、末尾にコピーしたい場合は、「before:=」や「after:=」を使って、シートを指定することでできます。新規ブックにコピーしたい場合は、「.Copy」で、複数シートをコピーの場合は、「配列」を使うという感じです。シートをコピーする方法をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート名を取得したり変更するには、「.Name」を使います。シートの指定方法は、「アクティブシート」や「シートインデックス」、「シートオブジェクト」を使う方法がありますので、それぞれ解説していきます。シート名の取得や変更する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを選択する方法は3つあって、「シート名」と「シートインデックスを」、「シートオブジェクト」を使う方法になります。複数シートを選択したい場合は「.Select」の引数に「False」を使うか、「配列」を使うとできます。シートの選択方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、シートを指定する際は、「Sheets(値)」というように値を入力する必要があります。なので、シート名をセルから取得する場合は、セル範囲に「.Value」を付けるか、変数に入力してシートを指定します。シートの操作をマスターして、実務でVBAを活用していきましょう。

Excel VBAで、シートを指定する方法として、アクティブシートを指定、シート名を使う、シートインデックスを使う、シートオブジェクトを使う方法があります。Excel VBAを使う上で、シートを指定する方法はかなり重要になってきます。シートを指定する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、条件に一致した行を削除するには、「シートをループ」して条件一致の行を削除する方法と、「オートフィルタ」を使って、フィルタ結果を削除する方法があります。条件一致の行を削除する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、複数シートを1つのシートにまとめるには、シートをループしてまとめ用シートに値を転記するとできます。転記する方法として、「.Copy」もしくは「配列」を使う方法があります。シート名もまとめたいという場合には「配列」が便利です。複数シートをまとめる方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAもしくは、パワークエリを使って、2つのシートを比較して、過不足データの確認や、不一致のデータを塗りつぶしする方法について、ご紹介します。2つのシートを比較したい場合は、「完全外部」で比較すると便利です。2つのシートを比較する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、Dictionaryを使って複数条件で検索するには、検索値を区切り文字で結合して、登録することでできます。検索する際には、検索値を区切り文字で結合して、検索するという感じです。Dictionaryをうまく使って、VBAの処理を高速化していきましょう。

Excel VBAで、ユーザーフォームからデータベースの値を取得する方法と、データベースに値を入力する方法について、ご紹介します。ユーザーフォームをうまく使うと、入力作業を効率化することができます。ユーザーフォームを作成する方法をマスターしてきましょう。

Excel VBAのリストボックスで、複数の行を選択するには、プロパティの「SelectMulti」を設定します。複数選択した値を取得するには、すべての行をループして、「.Selected」で条件分岐して、値を取得するという感じです。リストボックスを実務で活用して、業務を効率化していきましょう。

Excel VBAで、ユーザーフォームから連続でシートに値を入力には、「最終行+1行」に入力、ユーザーフォームをクリア、そして1番目のテキストボックスをフォーカスすると、できます。ユーザーの目線に立って、入力しやすいユーザーフォームを作成していきましょう。

Excel VBAで、大量データから「高速」で値を検索したいという場合は、「Dictionary」を使うとできます。Dictionaryを使えば、検索する際のループ回数を減らすことができるので、高速化できます。うまくDictionaryを使って、VBAの処理を高速化していきましょう。

Excel VBAで、Dictionaryを使って複数アイテムを扱うには、Dictionaryと配列を組み合わせることでできます。Dictionaryのアイテムに、連番を登録して、連番の値を使って配列から値を取得する、という感じです。うまくDictionaryを使って、VBAの処理を高速化していきましょう。

Excel VBAを使って、祝日も反映した「縦型の月間カレンダー」を作成する方法について、解説していきます。さらにデータベースと連携することで、予定表の管理をすることができます。縦型の月間カレンダーの作成と、データベースとの連携について、マスターしていきましょう。

1

カテゴリから探す

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

全ての記事一覧から探す

全ての記事一覧から、記事を探せます。

「Excel VBA」の一覧

VBAの使い方

セルの操作

ワークシート操作

別ブックの操作

データの操作

ワークシート関数や数式を使う

データの取得と出力

別アプリケーション操作

印刷の操作

書式の設定

文字列の操作

日付・時間の操作

オートフィルタの操作

テーブルの操作

ユーザーフォームの作成と操作

ピボットテーブルの操作

図形の作成と操作

グラフの作成と操作

VBA裏技・副業・オンライン講座

「Excel」の一覧

セルの入力を制限する

コピーと貼付け

ワークシート操作

ブック操作

値を取得する

条件式を作る、集計や分析をする

文字列の入力と変換

文字列の操作

日付の操作

時間の操作

ピボットテーブルの操作

図形・画像・グラフ

Power Query(パワークエリ)

「PC・スマホ関連」の一覧

2台PCと2台モニタ

USB-Type-Cハブ

HDMIセレクタ

USB切替器

Chromecast

パーティション管理

「ブログ作成」の一覧

ブログを作成する方法

Adsenseを合格する方法

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。