大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

ピックアップ記事を見る

Excel VBA

エクセル

新着記事から探す

Excel VBAで、シートの見出し色を設定するには「.Tab.Color」で、解除するには「.Tab.ColorIndex」を使うとできます。シートをループして、条件分岐すると、特定シートの見出し色を設定することができます。シートの見出し色を設定する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート名の一覧を取得するには、シートをループして「.Name」を使うとできます。シート名の一覧を取得して、配列に格納したり、シートに入力したりできます。シート名の一覧を取得する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート名を検索するには、シートをループして、一致するシート名があるかを判定します。部分一致で検索したい場合は、「InStr」を使うとできます。シート名を検索する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートの存在をチェックするには、シートをループして、シート名の有無を確認するとできます。シートの存在を確認して、シート名を操作することで、エラーを回避してシート名を操作することができます。シートの存在を確認する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート数を取得するには「Sheets.Count」を使います。シート数を取得できれば、最終シートにコピーや、最終シートに移動、最終シートに追加、すべてのシートをループ、シートの存在をチェック、シートを検索といったことができるようになります。シート数を取得して、うまくシートを操作していきましょう。

Excel VBAで、同じシートを複数作成するには、「.Copy」を繰り返すとできます。コピーしたシートの名前を変更したい場合は、アクティブシートの名前を変更するとできます。自動で同じシートを複数作成できれば、業務を効率化することができます。同じシートを複数作成する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを昇順や降順で並び替えたい場合は、バブルソートを使って、Moveでシートを移動することで、並び替えることができます。シートが大量にある場合で、シートを並び替えしたい場合は、自動で並び替えができるようにしていきましょう。

Excel VBAで、シートをクリアするには、「.ClearContents」「.Delete」「.Clear」「.DrawingObjects.Delete」を使います。値のみのクリアや、シートの初期化、範囲を指定してクリアする方法がわかります。シートのクリア方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、結合セルの行の高さを自動調整するには、作業セルに値を転記して、作業セルで行の高さを自動調整することでできます。出力用のシートでは、セル結合する必要がある場合がありますので、結合セルの行の高さを自動調整する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを追加したい場合は「.Add」を使います。先頭や最後にシートを追加したい場合は、「before:=」や「after:=」を使ってシートを追加します。複数シートを追加したい場合は「count:=」か「.Add」をループするとできます。シートの追加方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを削除するには、「.Delete」を使います。メッセージを非表示にして強制的に削除したい場合は、「Application.DisplayAlerts = False」を使います。エラー回避のため、シートの存在を確認してから削除するといいです。シートの削除方法をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを移動したい場合は、「.Move」を使って「before:=」や「after:=」に移動先のシートを指定することでできます。別ブックへの移動は、「.Move」のみを入力します。複数シートの移動は、「配列」を使います。シートの操作方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを特定シートや、先頭、末尾にコピーしたい場合は、「before:=」や「after:=」を使って、シートを指定することでできます。新規ブックにコピーしたい場合は、「.Copy」で、複数シートをコピーの場合は、「配列」を使うという感じです。シートをコピーする方法をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート名を取得したり変更するには、「.Name」を使います。シートの指定方法は、「アクティブシート」や「シートインデックス」、「シートオブジェクト」を使う方法がありますので、それぞれ解説していきます。シート名の取得や変更する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを選択する方法は3つあって、「シート名」と「シートインデックスを」、「シートオブジェクト」を使う方法になります。複数シートを選択したい場合は「.Select」の引数に「False」を使うか、「配列」を使うとできます。シートの選択方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、シートを指定する際は、「Sheets(値)」というように値を入力する必要があります。なので、シート名をセルから取得する場合は、セル範囲に「.Value」を付けるか、変数に入力してシートを指定します。シートの操作をマスターして、実務でVBAを活用していきましょう。

Excel VBAで、シートを指定する方法として、アクティブシートを指定、シート名を使う、シートインデックスを使う、シートオブジェクトを使う方法があります。Excel VBAを使う上で、シートを指定する方法はかなり重要になってきます。シートを指定する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、条件に一致した行を削除するには、「シートをループ」して条件一致の行を削除する方法と、「オートフィルタ」を使って、フィルタ結果を削除する方法があります。条件一致の行を削除する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、複数シートを1つのシートにまとめるには、シートをループしてまとめ用シートに値を転記するとできます。転記する方法として、「.Copy」もしくは「配列」を使う方法があります。シート名もまとめたいという場合には「配列」が便利です。複数シートをまとめる方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAもしくは、パワークエリを使って、2つのシートを比較して、過不足データの確認や、不一致のデータを塗りつぶしする方法について、ご紹介します。2つのシートを比較したい場合は、「完全外部」で比較すると便利です。2つのシートを比較する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、Dictionaryを使って複数条件で検索するには、検索値を区切り文字で結合して、登録することでできます。検索する際には、検索値を区切り文字で結合して、検索するという感じです。Dictionaryをうまく使って、VBAの処理を高速化していきましょう。

Excel VBAで、ユーザーフォームからデータベースの値を取得する方法と、データベースに値を入力する方法について、ご紹介します。ユーザーフォームをうまく使うと、入力作業を効率化することができます。ユーザーフォームを作成する方法をマスターしてきましょう。

Excel VBAのリストボックスで、複数の行を選択するには、プロパティの「SelectMulti」を設定します。複数選択した値を取得するには、すべての行をループして、「.Selected」で条件分岐して、値を取得するという感じです。リストボックスを実務で活用して、業務を効率化していきましょう。

Excel VBAで、ユーザーフォームから連続でシートに値を入力には、「最終行+1行」に入力、ユーザーフォームをクリア、そして1番目のテキストボックスをフォーカスすると、できます。ユーザーの目線に立って、入力しやすいユーザーフォームを作成していきましょう。

Excel VBAで、大量データから「高速」で値を検索したいという場合は、「Dictionary」を使うとできます。Dictionaryを使えば、検索する際のループ回数を減らすことができるので、高速化できます。うまくDictionaryを使って、VBAの処理を高速化していきましょう。

Excel VBAで、Dictionaryを使って複数アイテムを扱うには、Dictionaryと配列を組み合わせることでできます。Dictionaryのアイテムに、連番を登録して、連番の値を使って配列から値を取得する、という感じです。うまくDictionaryを使って、VBAの処理を高速化していきましょう。

Excel VBAを使って、祝日も反映した「縦型の月間カレンダー」を作成する方法について、解説していきます。さらにデータベースと連携することで、予定表の管理をすることができます。縦型の月間カレンダーの作成と、データベースとの連携について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、複数シートや複数ブック、PDFで請求書を作成する方法について、ご紹介します。請求書の作成を自動化できると、業務を効率化することができます。Excel VBAを使って請求書の作成を自動化する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使えば、アンケートの送信と、集計作業を自動化することができます。VBAを使って、アンケートの送信や集計作業を自動化すると、業務を効率化することができます。VBAを使ったデータの送信や、集計する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、日付の取得や、比較、判定、加算、フォートマットを設定する方法をご紹介します。日付を操作するVBAコードは複数あります。日付の操作はちょっとややこしいんですけど、用途ごとに使うVBAコードを把握して、日付の操作についてマスターしていきましょう。

Excel VBAで、祝日を反映した週間カレンダーを作成する方法と、データベースと連携する方法について、ご紹介します。データベースとカレンダーを連携できれば、予定表の管理などができるようになるので、便利です。週間カレンダーの作成と、データベースとの連携について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、指定した日付が月の「何週目か」を取得したい場合は、「DateDiff」を使うとできます。手順は、「1日」との週の差分を取得して、「1週」を足すという感じです。「月曜始まり」の場合は、引数に「vbMonday」を入力するとできます。日付の操作についてマスターしていきましょう。

Excel VBAで、横型の月間カレンダーを作成する方法について、ご紹介します。祝日のデータがあれば、祝日も反映することができます。データベースと組み合わせると、作成したカレンダーを使って、予定表の管理ができます。カレンダーの作成とデータベースの取得と書き込みについて、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、月間のボックス型カレンダーを作成する方法について、ご紹介します。祝日のデータがあれば、祝日をカレンダーに反映することもできます。データベースとカレンダーを組み合わせると、カレンダー上で、データの取得や書き込みをすることができます。カレンダーの作成について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、指定した週の週初めの日付を取得したい場合は、「Weekday」が使えます。1週目の週初めの日付を取得する場合は、「1日」から曜日の数値を引いて、「+1」すると取得できます。3週目の場合は、「15日」から曜日の数値を引いて、「+1」するという感じです。日付の操作についてマスターしていきましょう。

Excel VBAで、オートフィルタの可視セルを配列に格納するには、「一旦コピーして、配列に格納」する方法と、「SpecailCellsを使う」方法があります。簡単なのは、「一旦コピー」する方法で、高速なのは「SpecialCells」を使う方法です。配列の操作について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、複数ブックを1つのブックにまとめるには、「複数シート」にまとめる方法と「1シート」にまとめる方法があります。フォルダ内のすべてのブックをまとめたいという場合には、「Dir」が使えます。複数ブックをまとめる方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、データベースの検索や、値の抽出、書き込むには、「オートフィルタ」を使うと、簡単にできます。実務では、データベースから値を抽出するだけでなく、データベースに値を書き込みたい、というような場合があります。Excelを使ったデータベースの操作方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、全角かどうかを判定したい場合は、「半角」に変換して、元の文字列と「一致しない」かを比較するとできます。大文字・小文字、ひらがな・カタカナも同じ手順で、文字列の種類を判定することができます。文字列の種類を判定する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、ひらがなとカタカナの変換は、StrConvで「vbKatakana」や「vbHiragana」を使うとできます。ひらがなやカタカナを区別しないで比較や検索をしたいという場合には、「ひらがな」に統一すればできます。ひらがなやカタカナの操作について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、数式を取得するには「.Formula」を使います。絶対参照でコピーする場合は「.Formula」で、相対参照の場合は「.FormulaR1C1」です。配列数式を入力は「.FormulaArray」を使います。数式の扱いについて、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、文字列や数値、数式かどうかを判定するには、IsText関数、TypeName、IsNumber関数、IsNumber、IsNumerical、IsFormula、HasFormula、Leftを使います。文字列や数値、数式を判定する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、最終行したい場合、VBAコードが簡単なので、基本的には「CurrentRegion」か「End」を使って最終行を取得するといいです。入力行数がバラバラで空白列がある場合には、「Find」を使います。場面に応じて最終行を取得しましょう。

Excel VBAで、深い階層のフォルダを作成するには、階層ごとにMkDirを使って、フォルダを作成していく必要があります。イメージ図を交えながら、具体的に解説していきます。VBAでのフォルダ操作をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、ファイルやフォルダの存在チェックをしたい場合は、「Dir関数」やFileSystemObjectの「FileExists」や「FolderExists」を使うとできます。ファイルやフォルダの存在チェックをして、うまくエラー回避をしていきましょう。

Excel VBAで、フォルダの構成のみをコピーするには、コマンドプロンプトの「XCopy」を、「.Run」で実行するとできます。VBAでフォルダ操作を自動化していきましょう。

Excel VBAで、フォルダを選択して開くには、「.Run」と「Application.FileDialog(4)」を使うとできます。VBAで、フォルダ操作を自動化していきましょう。

Excel VBAで、ファイルパスからフォルダパスや、ファイル名、拡張子、更新日時、ファイルサイズを取得するには、「FileSystemObject」を使うと、簡単に取得することができます。VBAを使って、ファイルやフォルダの解析を自動化していきましょう。

Excel VBAで、テーブルにデータがあるかを確認するには、「DataBodyRange」を確認することでできます。空テーブルの場合は、「DataBodyRange」が使えないので、データがあるかを確認して実行すると、エラーを回避することができます。VBAでのテーブル操作をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、テーブルの存在をチェックするには、「.ListObjects.Count」を使って、テーブルの数をカウントして、「0より多いか」を判定するとできます。複数シートでチェックしたい場合は、「For Each」でループします。VBAでのテーブル操作をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、テーブルのサイズを変更するには、「.Resize」を使います。テーブルのサイズが不要に大きくなってしまった場合に、データのサイズに大きさを変更することができます。VBAでのテーブル操作をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、テーブルを配列に格納するには、「.ListObjects(テーブル名).DataBodyRange」や「Range(テーブル名)」を使うとできます。「Find」でテーブルのデータ行数を取得すると、配列をテーブルの最終行に入力することができます。テーブル操作をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、テーブルの行や、列、すべての行、テーブル、特定の行を削除する方法について、ご紹介します。テーブルの削除は、テーブルの部位を指定して、「.Delete」を使うとできます。特定の行のみを削除したい場合は、「.Clear」を使う方法が便利です。テーブルの操作をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、テーブルをコピーするには「.Copy」を使います。テーブルや、行・列単位、特定の行をコピーする方法について、解説していきます。VBAでのテーブル操作をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、複数シートを複数ブックで保存するには、「For Each」を使ってすべてのシートをループして、名前を付けて保存するとできます。VBAを使って別ブック保存を自動化していきましょう。

Excel VBAを使って、パワークエリを更新する方法は2つあって、「RefreshAll」と「Refresh」です。すべてのクエリを更新したい場合は「RefreshAll」で、一部のクエリのみを更新したい場合は「Refresh」を使います。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excelのパワークエリで、重複する値を操作するには、「重複の削除」や「重複の保持」を使うとできます。重複する値を削除したり、重複する値のみを保持することができるので、便利です。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

Excelのパワークエリで、8桁の数値を日付に変換する方法について、ご紹介します。8桁の数値を日付に変換するには、「例からの列」を使います。パワークエリを使って、データの取得と変換を効率化していきましょう。

1

カテゴリから探す

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

全ての記事一覧から探す

全ての記事一覧から、記事を探せます。

「Excel VBA」の一覧

VBAの使い方

セルの操作

ワークシート・ブック操作

データの操作

データの計算と取得

別アプリケーション操作

印刷の操作

書式の設定

文字列の操作

日付・時間の操作

オートフィルタの操作

テーブルの操作

ユーザーフォームの作成と操作

ピボットテーブルの操作

図形の作成と操作

グラフの作成と操作

VBA裏技・副業・オンライン講座

「Excel」の一覧

セルの入力を制限する

コピーと貼付け

ワークシート操作

ブック操作

値を取得する

条件式を作る、集計や分析をする

文字列の入力と変換

文字列の操作

日付の操作

時間の操作

ピボットテーブルの操作

図形・画像・グラフ

Power Query(パワークエリ)

「PC・スマホ関連」の一覧

2台PCと2台モニタ

USB-Type-Cハブ

HDMIセレクタ

USB切替器

Chromecast

パーティション管理

「ブログ作成」の一覧

ブログを作成する方法

Adsenseを合格する方法

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。