大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、ピボットテーブルの使い方について、ご紹介します。ピボットテーブルを使えば、テーブル形式のデータから、簡単に一覧表を作成することができます。ピボットテーブルを使う際の注意点は、元データを、「テーブル形式」にすることと、値を変更したら「更新ボタン」をクリックすることです。

はじめに

この記事では、ピボットテーブルの使い方について、ご紹介します。

ピボットテーブルを使えば、一覧表を簡単に作成することができます。

ピボットテーブルを使う際の注意点は、元データを「テーブル形式」にすることと「更新ボタン」で更新することです。

  • 元データは、「テーブル形式」にする
  • 元データを更新したら「更新」ボタンをクリック

ピボットテーブルに設定するフィールドには、「値」、「行」、「列」、「フィルター」があります。

フィールドに項目を設定して、自由自在にピボットテーブルを作成していきましょう。

では、ピボットテーブルの使い方について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • ピボットテーブルの使い方

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelのピボットテーブルの使い方

Excelでピボットテーブルを使う方法について、解説します。

テーブル形式から簡単に一覧表を作成できる

ピボットテーブルを使えば、テーブル形式のデータを簡単に、一覧表形式に変換することができます。

例えば、次のような元データを用意します。

元データ

元データ

ピボットテーブルを使うと、次のように縦横一覧を作成することができます。

縦横一覧表が作成できる

ピボットテーブルで縦横一覧表を作成

縦横に作成されていて、データが見やすいですね。

他にも、行に2項目を並べて、次のように表示することができます。

一覧表が作成できる

ピボットテーブルで一覧表を作成

行に2項目のデータを並べた一覧表形式です。

合計値が自動で表示されるので、便利です。

同じように3項目でも、4項目でも、自由に一覧表を作成することができます。

Excelのピボットテーブルの注意点

ピボットテーブルを作成したり、使う際の注意点があります。

次の2つです。

  • 元データは、「テーブル形式」にする
  • 元データを更新したら「更新」ボタンをクリック

という感じです。

元データはテーブル形式とする

ピボットテーブルの元データは、「テーブル形式」とする必要があります。

テーブル形式は、次のようなデータの並びをした表です。

「テーブル形式」にする必要がある

ピボットテーブルの元データはテーブル形式にする

1項目に対して、1列のデータを並べています。

このテーブル形式とは反対に、一覧表形式になっていると、ピボットテーブルをうまく作成することができません。

次のような一覧表形式では、ダメです。

ダメな例

一覧表形式になっているとピボットテーブルが作成できない

この表は、すでに「ピボット」されています。

縦横一覧表なので、これは、「元データ」には使えません。

ピボットテーブルを作成する場合は、元データを「テーブル形式」にしましょう。

元データの変更後は更新する

もう一つの注意点が、元データを更新してもピボットテーブルは、自動更新されないということです。

ちょっとやってみます。

例えば、次のピボットテーブルを作成したとします。

ピボットテーブルを更新する

ピボットテーブルを作成する

元データを変更しても、ピボットテーブルは更新されません。

ピボットテーブルが更新されない

値を変更してもピボットテーブルは自動で更新されない

こんな感じで、元データを変更しただけでは、ピボットテーブルは更新されないです。

元データを更新した場合は、「更新ボタン」をクリックします。

「更新ボタン」をクリックする

更新ボタンでピボットテーブルを更新する

ピボットテーブルの値が更新されました。

ピボットテーブルは、「テーブル形式」、元データを更新したら「更新ボタン」をクリックを、覚えておきましょう。

Excelでピボットテーブルを作成してみる

Excelで、ピボットテーブルを作成してみます。

ピボットテーブルを挿入する

ピボットテーブルを挿入していきます。

元データを用意します。

もちろん、「テーブル形式」とします。

元データを用意

元データを用意する

「挿入」タブ→「ピボットテーブル」をクリックします。

「挿入」タブ→「ピボットテーブル」をクリック

表を全選択した状態で挿入タブからピボットテーブルをクリック

特に設定しないで、「OK」をクリックするだけで作成できるので、「OK」をクリックです。

「OK」をクリック

ピボットテーブルの作成画面でOKをクリック

これで、ピボットテーブルが作成できます。

ピボットテーブルを作成できた

ピボットテーブルが作成される

ピボットテーブルの元が作成できました。

「値」、「行」、「列」、「フィールド」を作成していきます。

値を設定する

ピボットテーブルの「値」を設定します。

ピボットテーブルのフィールドリストから「売上」を「値」に「ドラッグ」します。

「値」を設定する

ピボットテーブルのフィールドリストで値を設定する

これで、「値」に「売上」を設定できました。

同じ要領で、「行」と「列」を設定します。

行を設定する

ピボットテーブルの「行」を設定します。

ピボットテーブルのフィールドリストから「商品」を「行」に「ドラッグ」します。

「行」を設定する

ピボットテーブルのフィールドリストで行を設定する

これで、「行」に「商品」を設定できました。

次は、「列」を設定します。

列を設定する

ピボットテーブルの「列」を設定します。

ピボットテーブルのフィールドリストから「支店」を「列」に「ドラッグ」します。

「列」を設定する

ピボットテーブルのフィールドリストで列を設定する

これで、「列」に「支店」を設定できました。

縦横一覧表のピボットテーブルが作成できています。

こんな感じで、簡単に縦横一覧表を作成できます。

次は、「フィルター」のフィールドを設定してみます。

フィルターを設定する

「フィルター」のフィールドを設定してみます。

先ほど作成したピボットテーブルで、「支店」の項目を、「列」から「フィルター」に移動してみます。

「列」を「フィルター」に移動する

ピボットテーブルの列をフィルターに移動してみる

「支店」の項目を「列」から「フィルター」に移動しました。

ピボットテーブルの「フィルター」が追加されています。

「フィルター」が追加される

ピボットテーブルにフィルターのが追加される

初期の設定は、「すべて」なので、「東京」でフィルターしてみます。

右側の矢印をクリックです。

「フィルター」してみる

ピボットテーブルのフィルターの矢印をクリックしてみる)

「フィルター」の画面が表示されます。

ピボットテーブルのフィルターが表示される

「東京」でフィルターしてみます。

東京を選択してフィルターしてみる

これで、「東京」のデータだけを表示できます。

「フィルター」した結果

ピボットテーブルに東京のデータが表示される

フィルターの機能を使って、「東京」でフィルターできました。

行と列の項目を入れ替えてみる

「行」と「列」に設定するフィールドは自由に設定できます。

「行」と「列」の項目を入れ替えてみます。

「行」と「列」を入れ替えてみる

ピボットテーブルの行と列を入れ替えてみる

「支店」と「商品」の項目をそれぞれドラッグして、入れ替えます。

「行」と「列」を入れ替えた結果

ピボットテーブルの行と列を入れ替えた結果

ピボットテーブルの「行」と「列」を入れ替えることができました。

こんな感じで、自由自在に縦横一覧表を作成できます。

行に2項目を入れてみる

「行」のフィールドに、2項目を設定してみます。

先ほど作ったピボットテーブルで、「支店」の項目を、「列」から「行」にドラッグしてみます。

「行」に2項目を設定してみる

ピボットテーブルの列を行にドラッグして行に2項目を設定してみる

これで、「行」に2項目を設定することができます。

「行」に2項目を設定した結果

ピボットテーブルの行に2項目作成した結果

「行」に2項目を設定できました。

フィールドを削除する

設定したフィールドを削除するには、項目をフィールドリストの「枠外」に、ドラッグします。

フィールドの「枠外」にドラッグで削除

ピボットテーブルの行の項目を枠外にドラッグして削除する

これで、ピボットテーブルのフィールドを削除できます。

「行」を削除した結果

ピボットテーブルの行の項目を削除した結果)

「行」に設定されていた「支店」の項目を削除できました。

ピボットテーブルを削除する

ピボットテーブルを削除したい場合は、次の2通りがあります。

  • ピボットテーブルのみを削除
  • シートを削除

それぞれ、やってみます。

ピボットテーブルのみを削除

ピボットテーブルのみを削除してみます。

元データと同じシートに、ピボットテーブルがある場合に使えます。

ピボットテーブルのどこかを選択しておいて、「Ctrl + a」で、ピボットテーブルを全選択します。

ピボットテーブルを選択してCtrl + aで全選択する

これで、ピボットテーブル全体を選択できます。

ピボットテーブルを選択したら、「Deleteキー」を押します。

全選択したピボットテーブルでDeleteキーを押してピボットテーブルを削除する

これで、ピボットテーブルを削除することができます。

ピボットテーブルを削除した結果

ピボットテーブルを削除できました。

シートを削除してピボットテーブルを削除

シートごと削除すれば、手っ取り早くピボットテーブルを削除できます。

ピボットテーブルが作成されているシートタブで、右クリックをします。

右クリックメニューの中から、「削除」を選択します。

ピボットテーブルが作成されているシートを削除する

これで、シートごとピボットテーブルを削除できます。

シートを削除してピボットテーブルを削除した結果

シートごとピボットテーブルを削除できました。

ピボットテーブルが、元データと別シートにある場合は、シートごと削除する方法が簡単です。

おわりに

この記事では、ピボットテーブルの使い方について、ご紹介しました。

ピボットテーブルを使えば、一覧表を簡単に作成することができます。

ピボットテーブルを使う際の注意点は、元データを「テーブル形式」にすることと「更新ボタン」で更新することです。

  • 元データは、「テーブル形式」にする
  • 元データを更新したら「更新」ボタンをクリック

ピボットテーブルに設定するフィールドには、「値」、「行」、「列」、「フィルター」があります。

フィールドに項目を設定して、自由自在にピボットテーブルを作成していきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す