大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

記事(2021年7月)から探す

Excel VBAで、「VLookup関数」を使って「別シート」を参照するには「Worksheets」を使います。「VLookup関数」をVBAで使う方法として「WorksheetFunction」と「数式埋め込み」があって、「別シート」を参照したい場合は「WorksheetFunction」が簡単です。

Excel VBAで、VLookupを最終行まで繰り返し使う方法について、解説していきます。最終行を取得するには「End」を使います。最終行まで検索するには「WorksheetFunction」の場合は「ループして」検索します。「数式埋め込み」の場合は「セル範囲に一括入力」です。

Excel VBAで、「VLookup関数」を使う方法についてご紹介します。方法は2つあって「WorksheetFunction」と「数式埋め込み」です。変数を使う場合は「WorksheetFnction」が簡単です。セルの値を使う場合は「数式埋め込み」が扱いやすいですね。

Excel VBAで、「CountIf」や「CountIfs」を使う方法について、網羅的に解説していきます。CountIfやCountIfs関数は、条件一致したセルをカウントできる便利な関数です。「WorksheetFunction」や「数式埋め込み」を使って、使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、「CountIfs関数」の機能を高速化する方法について、ご紹介します。できるだけ高速化したい場合は「Dictionary」が使えます。そこそこの速度で、VBAコードは「シンプル」がいいという場合は「数式埋め込み」でCountIfs関数を使う方法が簡単です。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、CountIf関数の機能を高速化する方法をご紹介します。結論から言うと、「Dictionary」を使えばかなり高速化することができます。VBAコードをシンプルにしたい場合は「数式を埋め込む」方法がそこそこ高速で、シンプルです。

Excel VBAで、CountIfs関数を使って「複数条件」に一致するセルをカウントする方法について、ご紹介します。「数式を埋め込む」方法を使うと感覚的にわかりやすいです。算出した結果をVBAの中で使うのであれば「WorksheetFunction」を使う方法が便利です。

Excel VBAで、CountIf関数を使って「別シート」を参照する方法について、ご紹介します。別シートのセルを参照したい場合は「Worksheets(シート名).セル」というように参照します。すべてのシートをループしたい場合は、「シート番号でループ」か「For Each」を使います。

Excel VBAで、「CountIf関数」を使って最終行までカウントする方法をご紹介します。最終行を取得するには「End」を使います。「WorksheetFunction」を使う場合は「最終行までループ」です。「数式埋め込み」の場合は「最終行までのセル範囲に埋め込む」ことで最終行までをカウントすることができます。

Excel VBAで、「CountIf関数」を使う方法について、解説していきます。方法は2つあって、「WorksheetFunction」と「数式埋め込み」の方法です。CountIf関数は、「ワイルドカード」や「比較演算子」が使えます。「変数」や「セルの値」をうまく組み合わせて使っていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の基本的な使い方から応用までを解説していきます。「Dictionary」は「辞書の検索」と「存在の確認」がかなり高速です。この特性を活かして「重複しないリストの作成」や「SumIf関数の機能」、「SumIfs関数の機能」を高速化できます。

Excel VBAで、「Dictionary」を使って重複しないリストを作成する方法について、ご紹介します。「Dictionary」を使えば、VBAコードをシンプルにして、高速化することができます。うまく「Dictionary」を使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の「アイテム」を変更する方法について、ご紹介します。アイテムを変更するには、「キー」で検索して値を入力するとできます。「キーで検索」する方法と、「番号を指定」して変更する方法がありますので、状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の「キー」を変更する方法について、ご紹介します。「キー」を変更するには、「.Key」を使います。やり方は、キーを検索する方法と、キーの番号を指定する方法があります。

Excel VBAで、「Dictionary」の「初期化」と「一部のキーを削除」する方法について、ご紹介します。「初期化」する場合は「.RemoveAll」を使って、「一部のキーを削除」するには「.Remove」を使います。

Excel VBAで、「Dictionary」の値を取得する方法について、ご紹介します。方法としては、「検索して取得」する方法と、「一括で取得」する方法、「ループして取得」する方法があります。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」の要素数をカウントする方法について、ご紹介します。要素をカウントするには、「.Count」を使います。要素数が取得できれば登録されたデータを「ループして取得」することができます。要素は「0番目」から始まるので注意です。

Excel VBAで、「Dictionary」に既に登録されているかを確認する方法について、ご紹介します。「Dictionary」への登録の確認は、「.Exists」を使えばできます。既に登録されている「キー」を登録してしまうと、エラーとなってしまうので、「.Exists」で登録の有無を確認して登録しましょう。

Excel VBAで、「Dictionary」にキーとアイテムを登録する方法について、ご紹介します。「Dictionary」に登録するには、「.Add」を使います。「Dictionary」に同じキーを登録できないので「.Exists」で確認して登録します。セルの値を登録する際は、「.Value」を付けるのがポイントです。

Excel VBAで、「Dictionary」の「参照設定」をする方法について、ご紹介します。ツールから参照設定を選択して、「Microsoft Scripting Runtime」にチェックすると参照設定ができます。ただ、ブックを共有する際に少し不便なので、参照設定が不要で使える「CreateObject」を使う方法が便利です。

Excel VBAで、「SumIf」や「SumIfs」を使う方法について、網羅的に解説していきます。SumIfやSumIfs関数は、条件一致した値の合計を算出できる便利な関数です。「WorksheetFunction」や「数式埋め込み」を使って、SumIfやSumIfsを使いこなしていきましょう。

Excel VBAで、SumIfs関数の機能を高速化する方法について、ご紹介します。できるだけ高速化したい場合は「Dictionary」が使えます。そこそこの速度で、VBAコードは「シンプル」がいいという場合は「数式埋め込み」でSumIfs関数を使う方法が簡単です。状況に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで、SumIfs関数を使って「複数条件」に一致するセルの合計値を算出する方法について、ご紹介します。「数式を埋め込む」方法を使うと感覚的にわかりやすいです。算出した結果をVBAの中で使うのであれば「WorksheetFunction」を使う方法が便利です。

Excel VBAで、SumIf関数の機能を高速化する方法について、ご紹介します。結果から言うと「Dictionary」を使うと、かなり高速に合計値を計算できます。そこそこの速度で、VBAコードを「シンプル」にしたい場合は「SumIf関数を埋め込む」方法が使えます。

Excel VBAで、SumIf関数を使って「別ブック」を参照する方法について、ご紹介します。別ブックを参照する場合は「Workbooks」を使います。SumIf関数で別ブックを参照するには、基本的には、「別ブックを開いておく」必要があります。SUMとIfを配列数式で組み合わせると、「別ブックを閉じた状態」で参照できるので、併せてご紹介します。

Excel VBAで、SumIf関数を使って「別シート」を参照する方法について、ご紹介します。別シートを参照する場合は「Worksheets」を使います。別シートのセルを参照する場合は、「Worksheets(シート名).セル」で参照します。すべてのシートをループする場合は、「シート番号でループ」したり「For Each」を使います。

Excel VBAで、SumIf関数を繰り返し使う方法について、ご紹介します。「Forで繰り返す」か「数式を埋め込む」方法があります。取得した値をVBAの中で使う場合は、「Forで繰り返す」方が便利です。セルにそのまま入力したいのであれば、「数式を埋め込む方法」が簡単です。

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。