大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excel VBAのVBE画面で、標準モジュールを削除するには、「モジュールの解放」を使います。ちょっと心配なので、「別で保存して」削除したい場合は「エクスポート」して解放するといいです。標準モジュールが多くなってきてごちゃごちゃしてきた場合は「モジュールを解放」して整理していきましょう。

はじめに

この記事では、標準モジュールを削除する方法について、ご紹介します。

標準モジュールを削除するには、「モジュールの解放」をします。

別で保存して削除したい場合は、「エクスポート」して解放をするといいです。

標準モジュールが大量に作成されて、ごちゃごちゃしてきたときは、一旦、「モジュールを開放」して整理していきましょう。

では、標準モジュールを削除する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 標準モジュールを削除する方法

目次

標準モジュールを削除する

標準モジュールを削除する

モジュールの解放をする

やりたいのは、標準モジュールを削除したい、ということです。

やりたいこと

やりたいのは、標準モジュールを削除したい、ということです。

では、標準モジュールを削除していきます。

標準モジュールを削除する

削除したい標準モジュールを右クリックします。

削除したい標準モジュールを右クリックします

右クリックメニューの中から「Module2の解放」を選択します。

右クリックメニューの中から「Module2の解放」を選択します

別で保存しない場合は、「いいえ」を選択します。

別で保存しない場合は、「いいえ」を選択します

これで、Module2の標準モジュールを削除できます。

標準モジュールを削除できた

Module2の標準モジュールを削除できました

Module2の標準モジュールを削除できました。

保存したい場合はエクスポートする

保存したい場合はエクスポートするといいです。

標準モジュールを「別で保存して」削除したい場合です。

「保存して」削除したい場合

標準モジュールを「別で保存して」削除したい場合です

では、標準モジュールを「別で保存して」削除してきます。

「保存して」削除する

保存したい標準モジュールを右クリックします。

保存したい標準モジュールを右クリックします

「Module2の解放」を選択します。

「Module2の解放」を選択します

保存して削除したいので「はい」を選択します。

保存して削除したいので「はい」を選択します

保存先を選択して、「保存」をクリックです。

保存先を選択して、「保存」をクリックです

指定した標準モジュールはVBE画面から削除できます。

指定した標準モジュールはVBE画面から削除できました

「Module2.bas」というファイルで保存することができます。

「Module2.bas」というファイルで保存することができます

「Module2.bas」というファイルで保存することができました。

保存したモジュールを戻してみます。

保存したモジュールを戻す

エクスポートしたファイルを戻したい場合です。

エクスポートしたファイルを戻したい場合です

標準モジュールのところを右クリックします。

標準モジュールのところを右クリックします

右クリックメニューの中から、「ファイルのインポート」を選択します。

右クリックメニューの中から、「ファイルのインポート」を選択します

インポートするファイルを選択して、「開く」をクリックです。

インポートするファイルを選択して、「開く」をクリックです

これで、「Module2」の標準モジュールを戻すことができます。

モジュールを戻すことができた

「Module2」の標準モジュールを戻すことができました

「Module2」の標準モジュールを戻すことができました。

いらない標準モジュールが増えてきたときに使える

いらない標準モジュールが増えてきたときに使えます。

大量の標準モジュール

こんな感じで、大量の標準モジュールがある場合に使えます。

大量の標準モジュールがある場合

大量の標準モジュールがある場合に使えます

では、モジュールを開放してみます。

モジュールを開放する

いらない標準モジュールを一つずつ解放していきます。

いらない標準モジュールを開放していく

いらない標準モジュールを一つずつ解放していきます

いらない標準モジュールを開放するとVBE画面がスッキリします。

VBE画面がすっきり

いらない標準モジュールを開放するとVBE画面がスッキリします

こんな感じで、VBE画面をスッキリできます。

おわりに

この記事では、標準モジュールを削除する方法について、ご紹介しました。

標準モジュールを削除するには、「モジュールの解放」をします。

別で保存して削除したい場合は、「エクスポート」して解放をするといいです。

標準モジュールが大量に作成されて、ごちゃごちゃしてきたときは、一旦、「モジュールを開放」して整理していきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

アーカイブから探す