大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、時間の掛け算をする方法について、ご紹介します。時間の掛け算をするには、時間を「時、分、秒」単位に変換して、計算するとできます。時間を「時、分、秒」の単位に変換する場合は、「シリアル値で割る」方法を使うと、わかりやすいです。

はじめに

この記事では、時間の掛け算をする方法について、ご紹介します。

時間を「時、分、秒」の単位で、掛け算するには、時間を「時、分、秒」単位に変換して、計算をする必要があります。

「時、分、秒」の単位に変換する方法は、2つあって、「数値を掛ける方法」と、「シリアル値で割る」方法です。

シリアル値を使って、変換する方法は、こんな感じです。

  • 「時」単位に変換:時間÷"1:0:0"
  • 「分」単位に変換:時間÷"0:1:0"
  • 「秒」単位に変換:時間÷"0:0:1"

という感じで、「時、分、秒」の単位に変換できます。

「シリアル値で割る」方法を使うと、直感的に変換できるので、簡単です。

では、時間の掛け算をする方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 時間の掛け算をする方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで時間の掛け算をする

Excelで、時間の掛け算をする場合に、シリアル値のままで掛け算をすると、うまく掛け算ができません。

ちょっとやってみます。

「シリアル値」のまま掛け算してみる

時間を「シリアル値」のままで、掛け算をしてみます。

意図しない結果になります。

数式は、こんな感じで掛け算をします。

=B1*B3

では、セルに入力してみます。

「シリアル値」のまま掛け算

時間をシリアル値のままで掛け算をする

「8」時間に「900」円を掛けて、結果は、「300」円となりました。

本当は、「7200」円となってほしいんですけど、「シリアル値」のまま掛け算をするとこんな感じになります。

時間の掛け算をする場合は、シリアル値を「時、分、秒」単位に変換すると、うまく掛け算をすることができます。

では、解説していきます。

Excelで「時、分、秒」単位の掛け算

Excelで、時間を「時、分、秒」で、掛け算する方法です。

時間を掛け算する場合は、「シリアル値」を「時、分、秒」単位の数値に変換します。

「時、分、秒」単位の数値への変換は、こんな感じでできます。

  • 「時」単位への変換:時間×24
  • 「分」単位への変換:時間×24×60
  • 「秒」単位への変換:時間×24×60×60

という感じです。

では、「時、分、秒」単位に変換して、掛け算をしてみます。

「24」を掛けて「時」単位の掛け算

時間を「時」単位で、掛け算するには、「24」を掛けるとできます。

時間を「時」単位に変換して、2を掛けてみます。

数式は、このように入力します。

=A1*24
=A3*2

では、セルに入力してみます。

「時」単位の掛け算

24を掛けて「時」単位に変換して掛け算

結果は、「8」時間に「2」を掛けて「16」時間となりました。

「時」単位で、時間の掛け算ができています。

先ほどの時給の計算も、次のようにできます。

=B1*24*B3

セルに入力してみます。

時給の計算をしてみる

時給の計算をした結果

結果は、時給「900」円で、「8」時間なので、「7200」円となりました。

時給の計算ができています。

「24×60」を掛けて「分」単位の掛け算

次は、時間を「分」単位で、掛け算をしてみます。

「分」単位で掛け算をする場合は、時間に「24×60」を掛けます。

時間を「分」単位に変換して、2を掛けてみます。

数式は、このように入力します。

=A1*24*60
=A3*2

では、セルに入力してみます。

「分」単位の掛け算

24×60を掛けて「分」単位に変換して掛け算

結果は、「480」分に、2を掛けて「960」分となりました。

「分」単位で、時間の掛け算ができています。

「24×60×60」を掛けて「秒」単位の掛け算

次は、時間を「秒」単位で、掛け算をしてみます。

「秒」単位で掛け算をする場合は、時間に「24×60×60」を掛けます。

時間を「秒」単位に変換して、2を掛けてみます。

数式は、このように入力します。

=A1*24*60*60
=A3*2

では、セルに入力してみます。

「秒」単位の掛け算

24×60×60を掛けて「秒」単位に変換して掛け算

結果は、「3600」秒に、2を掛けて「7200」秒となりました。

「秒」単位で、時間の掛け算ができています。

Excelでシリアル値を使って「時、分、秒」単位の掛け算

時間を、「時、分、秒」の単位で、掛け算する場合は、「シリアル値で割る」方法も使えます。

シリアル値を使う方が、直感的に変換できるので、簡単です。

シリアル値を使って、「時、分、秒」単位への変換は、こんな感じでできます。

  • 「時」単位に変換:時間÷"1:0:0"
  • 「分」単位に変換:時間÷"0:1:0"
  • 「秒」単位に変換:時間÷"0:0:1"

となります。

では、シリアル値を使って「時、分、秒」の単位で、掛け算をしてみます。

"1:0:0"で割って「時」単位の掛け算

シリアル値を使って、「時」単位で掛け算をしてみます。

セルに入力する数式は、次のようになります。

=A1/"1:0:0"
=A3*2

では、セルに入力してみます。

「時」単位の掛け算

シリアル値を使って「時」単位で掛け算をした結果

結果は、「8」時間に、2を掛けて「16」時間となりました。

「時」単位の掛け算ができています。

"0:1:0"で割って「分」単位の掛け算

次は、シリアル値を使って、「分」単位で掛け算をしてみます。

セルに入力する数式は、次のようになります。

=A1/"0:1:0"
=A3*2

では、セルに入力してみます。

「分」単位の掛け算

シリアル値を使って「分」単位で掛け算をした結果

結果は、「480」分に、2を掛けて「960」分となりました。

「分」単位の掛け算ができています。

"0:0:1"で割って「秒」単位の掛け算

次は、シリアル値を使って、「秒」単位で掛け算をしてみます。

セルに入力する数式は、次のようになります。

=A1/"0:0:1"
=A3*2

では、セルに入力してみます。

「秒」単位の掛け算

シリアル値を使って「秒」単位で掛け算をした結果

結果は、「3600」秒に、2を掛けて「7200」秒となりました。

「秒」単位の掛け算ができています。

こんな感じで、時間をシリアル値で割ると、「時、分、秒」の単位で、時間の掛け算ができます。

シリアル値で変換すると、直感的に変換しているのがわかるので、いいですね。

おわりに

この記事では、時間の掛け算をする方法について、ご紹介しました。

時間を「時、分、秒」の単位で、掛け算するには、時間を「時、分、秒」単位に変換して、計算をする必要があります。

「時、分、秒」の単位に変換する方法は、2つあって、数値を掛ける方法と、「シリアル値で割る」方法です。

シリアル値を使って、変換する方法は、こんな感じです。

  • 「時」単位に変換:時間÷"1:0:0"
  • 「分」単位に変換:時間÷"0:1:0"
  • 「秒」単位に変換:時間÷"0:0:1"

という感じで、「時、分、秒」の単位に変換できます。

「シリアル値で割る」方法を使うと、直感的に変換しているのがわかるので、いいですね。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す