大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、数式を文字列に変換する方法について、ご紹介します。数式を文字列に変換する方法は、2つあって、「FORMULATEXT関数」と「区切り位置」を使う方法です。変換した数式文字列を別で参照する場合は、「FORMULATEXT関数」が便利です。変換するだけとか、一括で変換の場合は、「区切り位置」を使いましょう。

はじめに

この記事では、数式を文字列に変換する方法について、ご紹介します。

数式を文字列に変換する方法は、2つあります。

  • FORMULATEXT関数を使う
  • 区切り位置を使う

という感じです。

変換した数式文字列を別で参照したりする場合は、「FORMULATEXT関数」が便利です。

数式文字列に変換するだけとか、一括で変換したい場合は「区切り位置」が使えます。

状況に応じて使い分けていきましょう。

では、数式を文字列に変換する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 数式を文字列に変換する方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで「FORMULATEXT」を使って数式を文字列に変換

Excelで、「FORMULATEXT関数」を使って、数式を数式文字列に変換してみます。

「FORMULATEXT関数」を使う

「FORMULATEXT関数」には、次のように入力します。

=FORMULATEXT(数式)

という感じです。

では、実際に数式を、数式文字列に変換してみます。

数式を数式文字列に変換してみる

セルに入力した数式を、「FORMULATEXT関数」で数式文字列に変換してみます。

次の数式を数式文字列に変換してみます。

=B2+C2

数式文字列に変換する数式は、こんな感じです。

=FORMULATEXT(A2)

では、セルに入力してみます。

数式文字列に変換

数式を数式文字列に変換した結果

結果は、「"=B2+C2"」となりました。

左に寄っているので、文字列になっていることがわかります。

値のみに変換したい場合は、数式をコピーして「値の貼り付け」をするとできます。

やってみます。

値のみを貼り付けする

「FORMULATEXT関数」で変換した数式文字列を、値のみに変換してみます。

「値の貼り付け」をすることで、値のみに変換することができます。

値のみに変換

FORMULATEXT関数で変換した数式文字列を値のみに変換

結果は、「"=B2+C2"」となりました。

値のみに変換することができました。

数式ではなく、値がほしい場合は、「値の貼り付け」で値のみに変換しましょう。

Excelで「区切り位置」で数式を文字列に変換

次は、「区切り位置」を使って、数式を数式文字列に変換する方法をご紹介します。

「区切り位置」を使う

「区切り位置」を使って、数式を数式文字列に変換してみます。

適当に数式を入力しておきました。

=B2+C2

では、この数式を数式文字列に変換してみます。

最初に変換したいセルを、選択しておきます。

「データ」タブ→「データツール」→「区切り位置」を選択します。

「区切り位置」を選択

区切り位置を選択する

区切り位置指定ウィザードという画面が、表示されます。

3つの画面がでてきますけど、1つ目と2つ目は、特に設定しません。

3つ目の画面だけを設定します。

1つ目の画面は、そのまま「次へ」をクリックします。

1つ目はそのまま「次へ」

1つ目の画面はそのまま「次へ」をクリック

2つ目の画面も、そのまま「次へ」をクリックします。

2つ目もそのまま「次へ」

2つ目の画面もそのまま「次へ」をクリック

3つ目の画面で、「文字列」を選択して、「完了」をクリックします。

3つ目で「文字列」を選択して「完了」

3つ目の画面で、文字列を選択して「完了」をクリック

これで、数式文字列に変換することができます。

数式文字列に変換

区切り位置で数式文字列に変換した結果

数式文字列に変換できました。

こんな感じで、区切り位置を使って、数式文字列に変換することができます。

どちらをつかうか

数式を数式文字列に変換する方法として、2つをご紹介しました。

使い分けとしては、

  • 変換した数式文字列を参照する場合は「FORMULATEXT」
  • 数式文字列に変換するだけでいいなら「区切り位置」

という感じです。

変換した数式文字列を参照する場合は「FORMULATEXT」

変換した数式文字列を参照する場合は、こんな感じです。

=FORMULATEXT(A2)&"が入力されています。"

セルに入力してみます。

変換した数式文字列を参照する

数式文字列を参照して文字列を結合する

こんな感じで、数式文字列を参照して、文字列を結合する場合などですね。

数式文字列を参照する場合は、「FORMULATEXT関数」を使うと便利です。

数式文字列に変換するだけでいいなら「区切り位置」

数式文字列に変換するだけとか、一括で、文字列に変換したい場合は、「区切り位置」です。

こんな場合とかは、使えます。

数式を入力

数式を入力

これを全て、数式文字列に変換します。

一括で数式文字列に変換

区切り位置で数式文字列に変換

数式文字列に変換できました。

こんな感じで、一括で変換する場合に、「区切り位置」が便利です。

おわりに

この記事では、数式を文字列に変換する方法について、ご紹介しました。

数式を文字列に変換する方法は、2つあります。

  • FORMULATEXT関数を使う
  • 区切り位置を使う

という感じです。

変換した数式文字列を別で参照したりする場合は、「FORMULATEXT関数」が便利です。

数式文字列に変換するだけとか、一括で変換したい場合は「区切り位置」が使えます。

状況に応じて使い分けていきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す