大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excel VBAで、印刷のページ設定や、タイトル行や列を設定する方法について、ご紹介します。印刷のページ設定や、タイトルの設定には、OrientationやPrintTitleRowsなどを使います。具体的なVBAコードを使って、解説していきます。

はじめに

この記事では、印刷のページ設定とタイトル設定をする方法について、ご紹介します。

印刷する際には、印刷の向きや、用紙サイズ、印刷タイトルなどを設定しますので、VBAで、設定できるようになると便利です。

では、印刷のページ設定やタイトルの設定について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 印刷のページ設定
  • 印刷範囲を中央配置する
  • 印刷タイトルを設定

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

ポイントとなるVBAコード

初めに、印刷のページ設定と印刷タイトルについて、ポイントとなるVBAコードをまとめます。

VBAコードだけ確認したい場合に、ご活用ください。

'ページ設定
With ActiveSheet
    .PageSetup.Orientation = 1 '印刷の向きを『縦』
    .PageSetup.Orientation = 2 '印刷の向きを『横』
    .PageSetup.PaperSize = xlPaperA3 '用紙サイズを『A3』
    .PageSetup.FirstPageNumber = 2 '先頭ページを『2』
End With

'余白設定
With ActiveSheet
    .PageSetup.CenterHorizontally = True '水平方向に中央配置
    .PageSetup.CenterVertically = True '垂直方向に中央配置
End With

'タイトル設定
With ActiveSheet
    .PageSetup.PrintTitleRows = .Rows(1).Address '1行目をタイトル行
    .PageSetup.PrintTitleColumns = .Columns(1).Address '1列目をタイトル列
End With

では、解説していきます。

VBAで印刷のページ設定をする

VBAで印刷のページ設定について、紹介します。

Excelで印刷のページ設定をする場合

次のページ設定について、解説します。

  • 印刷の向き(Orientation)
  • 用紙サイズ(PaperSize)
  • 先頭のページ番号(FirstPageNumber)

エクセルのページ設定でいうと、こちらになります。

ページ設定

エクセルのページ設定の画像

印刷の向き、用紙サイズ、先頭のページ番号などをよく使うかと思います。

では、それぞれのページ設定についてのVBAコードを見ていきます。

印刷の向き(Orientation)

印刷の向きを設定するには、『Orientation』を使います。

設定の仕方は、

  • 横:1
  • 縦:2

となります。

印刷の向きを、縦にする

では、まず印刷の向きを縦にしてみます。

Sub TEST1()
    
    '印刷の向きを『縦』にする
    ActiveSheet.PageSetup.Orientation = 1
    
End Sub

実行します。

Orientationを使って印刷の向きを縦にした結果

印刷の向きが、『縦』になりました。

印刷の向きを、横にする

次は、印刷の向きを横にしてみます。

Sub TEST2()
    
    '印刷の向きを『横』にする
    ActiveSheet.PageSetup.Orientation = 2
    
End Sub

実行してみます。

Orientationを使って印刷の向きを横にした結果

印刷の向きが、『横』になりました。

用紙サイズ(PaperSize)

次は、用紙サイズをVBAで設定する方法です。

用紙サイズの設定は、『PaperSize』を使います。

PaperSizeに入力する値は、次のサイズがあります。

  • A4サイズ:xlPaperA4
  • A3サイズ:xlPaperA3
  • B4サイズ:xlPaperB4
  • B3サイズ:xlPaperB3

という感じです。

では、用紙のサイズを、A3にしてみます。

Sub TEST3()
    
    '用紙サイズを『A3』にする
    ActiveSheet.PageSetup.PaperSize = xlPaperA3
    
End Sub

実行してみます。

用紙のサイズをA3にする

PaperSizeを使って用紙のサイズをA3にした結果

用紙のサイズが、『A3』となりました。

用紙のサイズも自由自在です。

先頭のページ番号(FirstPageNumber)

先頭のページ番号を設定するには、『FirstPageNumber』を使います。

では、先頭のページ番号を『2』に設定してみます。

Sub TEST4()
    
    '先頭ページを『2』にする
    ActiveSheet.PageSetup.FirstPageNumber = 2
    
End Sub

では、実行してみます。

先頭のページ番号を2にする

FirstPageNumerを使って、先頭のページ番号を2に設定した結果

先頭のページ番号が、『2』に設定されました。

こんな感じで、VBAを使ってページ設定をすることができます。

VBAで印刷範囲を中央配置する

VBAで印刷範囲の余白を設定する方法です。

Excelで印刷範囲を中央配置

よく使うもので、

  • 水平方向に中央配置
  • 垂直方向に中央配置

を設定する方法について説明します。

Excelの設定でいうと、次の設定です。

印刷範囲を中央配置

Excelで印刷範囲を中央配置する画面

こちらの余白の設定を、VBAでやってみます。

水平方向に中央配置(CenterHorizontally)

水平方向に中央配置するには、『CenterHorizontally』に『True』を入力します。

では、水平方向に中央配置するVBAコードです。

Sub TEST5()
    
    '水平方向に中央配置する
    ActiveSheet.PageSetup.CenterHorizontally = True
    
End Sub

水平方向に中央配置する前の印刷画面です。

設定前

水平方向に中央配置する前の印刷画面

では、VBAコードを実行します。

水平方向に中央配置

水平方向に中央配置した結果

水平方向に中央配置できました。

垂直方向に中央配置(CenterVertically)

垂直方向に中央配置するには、『CenterVertically』に『True』を入力します。

では、垂直方向に中央配置するVBAコードです。

Sub TEST6()
    
    '垂直方向に中央配置する
    ActiveSheet.PageSetup.CenterVertically = True
      
End Sub

垂直方向に中央配置する前の印刷画面です。

設定前

垂直方向に中央配置する前の印刷画面

では、VBAコードを実行します。

垂直方向に中央配置

垂直方向に中央配置した結果

垂直方向に中央配置できました。

水平方向と、垂直方向の中央配置を組み合わせれば、印刷対象を中央配置することができます。

VBAで印刷タイトルを設定する

つづいて、VBAで印刷タイトルを設定する方法です。

Excelで印刷タイトルを設定する場合

Excelで設定できる印刷タイトルは、『タイトル行』と『タイトル列』があります。

こちらで設定できます。

印刷タイトルの設定

印刷タイトルのタイトル行とタイトル列の設定方法

こちらのタイトル行とタイトル列を、VBAを使って設定してみます。

印刷タイトル行を設定(PrintTitleRows)

印刷タイトル行を設定するには、『PrintTitleRows』を使います。

1行目をタイトル行にするVBAコードです。

Sub TEST7()
    
    With ActiveSheet
        '1行目をタイトル行にする
        .PageSetup.PrintTitleRows = .Rows(1).Address
    End With
    
End Sub

実行してみます。

タイトル行を設定

PrintTitleRowsでタイトル行を設定した結果

タイトル行が、1行目に設定されました。

印刷タイトル列を設定(PrintTitleColumns)

印刷タイトル列を設定するには、『PrintTitleColumns』を使います。

1列目をタイトル列にするVBAコードです。

Sub TEST8()
    
    With ActiveSheet
        '1列目をタイトル列にする
        .PageSetup.PrintTitleColumns = .Columns(1).Address
    End With
    
End Sub

実行してみます。

タイトル列を設定

PrintTitleColumnsでタイトル列を設定した結果

タイトル列が、1列目に設定されました。

こんな感じで、印刷タイトルを設定することができます。

おわりに

この記事では、印刷のページ設定とタイトル設定をする方法について、ご紹介しました。

ページ設定では、印刷する向き、用紙サイズ、先頭ページの番号をVBAで設定することができます。

空白行の設定では、水平方向と垂直方向に中央配置する方法を説明しました。

タイトル行や列もVBAで設定することができます。

印刷する際には、ページ設定やタイトルの設定をしますので、VBAで設定できるようにマスターしていきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す