大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

記事(2022年5月)から探す

Excel VBAで、Dictionaryを使って複数アイテムを扱うには、Dictionaryと配列を組み合わせることでできます。Dictionaryのアイテムに、連番を登録して、連番の値を使って配列から値を取得する、という感じです。うまくDictionaryを使って、VBAの処理を高速化していきましょう。

Excel VBAを使って、祝日も反映した「縦型の月間カレンダー」を作成する方法について、解説していきます。さらにデータベースと連携することで、予定表の管理をすることができます。縦型の月間カレンダーの作成と、データベースとの連携について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、複数シートや複数ブック、PDFで請求書を作成する方法について、ご紹介します。請求書の作成を自動化できると、業務を効率化することができます。Excel VBAを使って請求書の作成を自動化する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使えば、アンケートの送信と、集計作業を自動化することができます。VBAを使って、アンケートの送信や集計作業を自動化すると、業務を効率化することができます。VBAを使ったデータの送信や、集計する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、日付の取得や、比較、判定、加算、フォートマットを設定する方法をご紹介します。日付を操作するVBAコードは複数あります。日付の操作はちょっとややこしいんですけど、用途ごとに使うVBAコードを把握して、日付の操作についてマスターしていきましょう。

Excel VBAで、祝日を反映した週間カレンダーを作成する方法と、データベースと連携する方法について、ご紹介します。データベースとカレンダーを連携できれば、予定表の管理などができるようになるので、便利です。週間カレンダーの作成と、データベースとの連携について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、指定した日付が月の「何週目か」を取得したい場合は、「DateDiff」を使うとできます。手順は、「1日」との週の差分を取得して、「1週」を足すという感じです。「月曜始まり」の場合は、引数に「vbMonday」を入力するとできます。日付の操作についてマスターしていきましょう。

Excel VBAで、横型の月間カレンダーを作成する方法について、ご紹介します。祝日のデータがあれば、祝日も反映することができます。データベースと組み合わせると、作成したカレンダーを使って、予定表の管理ができます。カレンダーの作成とデータベースの取得と書き込みについて、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、月間のボックス型カレンダーを作成する方法について、ご紹介します。祝日のデータがあれば、祝日をカレンダーに反映することもできます。データベースとカレンダーを組み合わせると、カレンダー上で、データの取得や書き込みをすることができます。カレンダーの作成について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、指定した週の週初めの日付を取得したい場合は、「Weekday」が使えます。1週目の週初めの日付を取得する場合は、「1日」から曜日の数値を引いて、「+1」すると取得できます。3週目の場合は、「15日」から曜日の数値を引いて、「+1」するという感じです。日付の操作についてマスターしていきましょう。

カテゴリから探す

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。