大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、スパークラインを作成する方法について、ご紹介します。スパークラインは、セルに小さなグラフを配置することができる、Excelの便利な機能です。スパークラインの種類には、折れ線、縦棒、勝敗があります。スパークラインを使う際のポイントは、最大値と最小値を合わせることです。具体的に解説していきます。

はじめに

この記事では、Excel機能のスパークラインについて、ご紹介します。

スパークラインは、セルに小さなグラフを配置できる、Excelの便利な機能です。

スパークラインの種類には、3種類あって、折れ線、縦棒、勝敗です。

スパークラインを作成する際のポイントは、「最大値」と「最小値」を合わせることです。

最大値と最小値を合わせることで、スパークライン同士の比較ができるようになります。

では、スパークラインを作成する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • スパークラインを作成する方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelのスパークラインとは?

Excelのスパークラインは、セルに小さなグラフを配置することができる、Excelの便利な機能です。

例えば、こんな感じで、セルに小さなグラフを配置することができます。

セルに小さなグラフを設置できる

セルにスパークラインを設置する

データの推移を、パッと見て、確認することができて、かなり便利な機能です。

では、具体的にスパークラインを作成する方法について、解説していきます。

Excelでスパークラインを作成

Excelで、スパークラインを作成する方法です。

スパークラインには、3種類のグラフがあります。

  • 折れ線
  • 縦棒
  • 勝敗

これらの3つです。

では、それぞれ、セルにスパークラインを追加してみます。

折れ線を追加

最初に、「折れ線」を追加してみます。

「折れ線」は、時系列での値の推移を確認できる、便利なグラフです。

セルにあらかじめ、表を作成しておきます。

スパークラインを作成したい、データ範囲を選択しておきます。

データ範囲を選択

表のデータ範囲を選択

「挿入」タブ→「スパークライン」のところの「折れ線」をクリックします。

スパークラインの「折れ線」を選択

スパークラインの折れ線をクリックする

「スパークラインの作成」が表示されます。

スパークラインを配置するセル範囲を設定

スパークラインの作成が表示される

「場所の範囲」のところに、スパークラインを配置したいセル範囲を設定します。

スパークラインを配置したいセル範囲を選択する

表の隣のセル範囲「F2:F4」を選択しました。

「OK」を選択します。

これで、スパークラインが作成されます。

「折れ線」のスパークライン

「折れ線」のスパークラインが作成される

「折れ線」のスパークラインが作成されました。

簡単ですね。

縦棒を追加

次は、「縦棒」を追加してみます。

「縦棒」を追加する方法も、「折れ線」と同じです。

では、やってみます。

先ほど使った表を使います。

スパークラインを作成したい、データ範囲を選択しておきます。

データ範囲を選択する

表を選択しておく

「挿入」タブ→「スパークライン」のところの「縦棒」をクリックします。

スパークラインの「縦棒」を選択する

スパークラインの縦棒を選択

「スパークラインの作成」が表示されます。

スパークラインを配置したいセル範囲を設定

スパークラインの作成が表示される

「場所の範囲」のところに、スパークラインを配置したいセルを選択します。

スパークラインを配置したいセル範囲を選択する

表の隣のセル範囲「F2:F4」を選択しました。

「OK」を選択します。

これで、スパークラインが作成されます。

「縦棒」のスパークライン

「縦棒」のスパークラインが作成される

「縦棒」のスパークラインが作成されました。

簡単です。

勝敗を追加

勝敗は、先ほどと違って、プラスの値とマイナスの値だけを、認識して、スパークラインにします。

では、ちょっとやってみます。

勝敗の表を用意しました。

勝ちが、「1」で、負けが「1」といった表現で勝敗表を作成しています。

データ範囲を選択しておきます。

勝敗の「データ範囲」を選択

勝敗の表を用意

挿入の仕方は、「折れ線」や「縦棒」と同じです。

「挿入」タブ→「スパークライン」のところの「勝敗」をクリックします。

スパークラインの「勝敗」を選択

スパークラインの勝敗を選択

「スパークラインの作成」が表示されます。

スパークラインを配置するセル範囲を設定

スパークラインの作成が表示される

勝敗のスパークラインを配置したいセル範囲を、選択します。

勝敗のスパークラインを配置したいセル範囲を選択する

表のとなりのセル範囲「B2:D4」を選択しました。

これで、「OK」をクリックします。

「勝敗」スパークラインが設置される

勝敗のスパークラインを設置

「勝敗」のスパークラインが設置されました。

プラスの値と、マイナスの値が、「勝敗」のスパークラインで表示されています。

こんな感じで、スパークラインは、3種類を追加することができます。

スパークラインのクリア

スパークラインをクリアする方法です。

最初に作成したスパークラインを選択しておきます。

スパークラインを選択すると、タブに「デザイン」が追加されますので、「デザイン」タブを選択します。

クリアしたいスパークラインを選択

作成したスパークラインを選択しておく

「スパークライン」のところに、「クリア」があります。

「クリア」の右側にある「▼」をクリックします。

選択したスパークラインのクリア

スパークラインのクリアのリストを選択する

「選択したスパークラインのクリア」をクリックしてみます。

選択したスパークラインだけがクリアされます。

選択したスパークラインのみがクリア

選択したスパークラインがクリアされる

選択したスパークラインだけが、クリアされました。

次は、「選択したスパークライン グループのクリア」を選択してみます。

選択したスパークラインのグループをクリア

選択したスパークライン グループのクリアを選択する

選択したスパークライン グループがクリアされます。

選択したスパークラインのグループがクリアされる

選択したスパークライン グループがクリアされる

選択したスパークライン グループがクリアされました。

といった感じで、選択したスパークラインだけをクリアするか、スパークラインのグループをクリアするかの、2種類があります。

Excelでスパークラインを作成するポイント

Excelで、スパークラインを作成する際のポイントは、最大値と最小値を合わせることです。

最大値と最小値を他のスパークラインと合わせることで、比較をすることができます。

では、解説していきます。

最大値と最小値が違うと比較ができない

スパークラインの、最大値と最小値が違うと、スパークラインで比較ができません。

スパークラインを作成しておきました。

スパークラインを作成

スパークラインを作成

デフォルトの状態だと、例えば、4月の商品BとCが、同じ値なので対して、スパークラインの大きさが、違います。

最小値が違うので比較ができない

スパークラインの大きさが違っていて比較ができない

反対に、1月の商品Aと商品Cの値は、違う値ですけど、スパークラインの大きさが、同じになっています。

最大値が違うので比較ができない

スパークラインの大きさが違っていて比較ができない

なので、スパークラインを使って、値を比較できるように、最大値と最小値を同じ値に設定します。

最大値と最小値を設定する

スパークラインの最大値と最小値を、設定する方法です。

スパークラインを選択しておいて、「デザイン」タブ→「軸」をクリックします。

「縦軸の最小値のオプション」の、「すべてのスパークラインで同じ値」を選択します。

スパークラインの「最小値」を同じ値にする

スパークラインの最小値の値を設定する

これで、全てのスパークラインで、最小値を同じ値に、設定できます。

次に、スパークラインの最大値を設定します。

同じように、「デザイン」タブ→「軸」をクリックします。

「縦軸の最大値のオプション」の、「すべてのスパークラインで同じ値」を選択します。

スパークラインの「最大値」を同じ値にする

スパークラインの最大値の値を設定する

これで、全てのスパークラインの最大値を、同じ値に設定できました。

では、スパークラインを見てみます。

最小値と最大値が同じ値になる

スパークラインの最大値と最小値が同じ値になる

スパークラインの最大値と最小値が、同じ値になりました。

これで、スパークラインを使って、値の比較ができます。

スパークラインを使う場合は、「最大値」と「最小値」を同じ値に、設定しましょう。

Excelでスパークラインの書式を設定

スパークラインで書式を設定してみます。

頂点を設定する

スパークラインでよく使うのが、「頂点の設定」です。

「折れ線」のスパークラインで、「頂点を設定」してみます。

作成したスパークラインを選択して、「デザイン」タブ→「種類」のところの「頂点(山)」を選択します。

折れ線に「頂点」を設定する

スパークラインの頂点の設定をする

これで、スパークラインの頂点に、マーカーがつきます。

スパークラインの頂点の設定をした結果

スパークラインの頂点に、マーカーがついています。

ちょっと見やすくします。

折れ線に「頂点」を付けた結果

スパークラインの頂点にマーカーを付けた結果

こんな感じで、頂点にマーカーがつきます。

「縦棒」でもやってみます。

縦棒に「頂点」を付ける

縦棒でスパークラインの頂点を設定する

一番大きい値にマーカーがつきます。

縦棒でスパークラインの頂点を設定した結果

ちょっと見やすくします。

縦棒に「頂点」を付けた結果

縦棒でスパークラインの頂点を設定した結果

「縦棒」では、一番大きい値の色が、変更されました。

スパークラインの色を変更

次は、スパークラインの色を変更してみます。

作成したスパークラインを選択して、「デザイン」タブ→「スパークラインの色」の「▼」をクリックします。

スパークラインの色を変更

スパークラインの色を変更する

オレンジを選択してみます。

スパークラインの色がオレンジに、変更されます。

オレンジにした結果

スパークラインの色がオレンジに変更される

スパークラインの色が、オレンジに変更されました。

頂点の色を変更

次は、頂点の色を変更してみます。

この頂点の色ですね。

頂点の色を変更

スパークラインの頂点の色

スパークラインを選択して、「デザイン」タブ→「スパークラインのマーカーの色」の「▼」を選択します。

リストの中から、「頂点(山)」を選択します。

スパークラインの頂点の色を選択する

黒色を選択してみます。

「頂点の色」が黒色になる

スパークラインの頂点の色を黒色にする

スパークラインの頂点の色が、黒色に変更されました。

グループ化

スパークラインを、グループ化する方法です。

スパークラインを作成する際に、表の範囲をすべて選択して、作成するとグループ化されて、スパークラインが作成されます。

例えば、1つずつ、スパークラインを作成した場合は、グループ化しておいた方が、便利です。

こんな感じで、1つずつ作成した場合です。

個別にスパークラインを作成した場合

スパークラインを1つずつ作成した場合①
スパークラインを1つずつ作成した場合②
スパークラインを1つずつ作成した場合③

これらのスパークラインを、グループ化してみます。

最初にグループ化したいスパークラインを、全て選択しておきます。

選択したら、「デザイン」タブ→「グループ」のところから、「グループ化」を選択します。

スパークラインをグループ化する

スパークラインをグループ化する

これで、スパークラインをグループ化することが、できます。

こんな感じです。

グループ化した結果

スパークラインをグループ化した結果

1つのセルだけを選択して、グループ化したところのスパークラインの範囲がでてきたら、グループ化されています。

グループ化の解除

グループ化の解除をすることもできます。

例えば、スパークライン毎に、設定を変えたい場合に便利です。

最初にグループ化されたスパークラインを、選択しておきます。

「デザイン」タブ→「グループ」のところの「グループ解除」を選択します。

スパークラインのグループを解除

スパークラインのグループを解除

これで、スパークラインのグループを、解除することができます。

グループを解除した結果

スパークラインのグループを解除した結果

スパークラインのグループを、解除できました。

おわりに

この記事では、Excel機能のスパークラインについて、ご紹介しました。

スパークラインは、セルに小さなグラフを配置できる、Excelの便利な機能です。

スパークラインの種類には、3種類あって、折れ線、縦棒、勝敗です。

スパークラインを作成する際のポイントは、「最大値」と「最小値」を合わせることです。

最大値と最小値を合わせることで、スパークライン同士の比較ができるようになります。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す