大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、文字列エラーを消す方法について、ご紹介します。文字列エラーを消すには、2つ方法があって、「エラーを無視する」をクリックするか、「Excelオプション」を使う方法です。1つのエラーだけを消したい場合は、「エラーを無視する」をクリックすると簡単です。エラーが複数ある場合は、「Excelオプション」を使うと便利です。

はじめに

この記事では、文字列のエラーを消す方法について、ご紹介します。

数値を文字列にすると、文字列エラーが表示されます。

この文字列エラーが気になるので消したい、という場合には、2つの方法で消すことができます。

  • エラーを無視する
  • Excelオプションを使う

1つのエラーだけを消したい場合は、「エラーを無視する」を使えば簡単に消せます。

複数のエラーがある場合で、文字列エラーを消したい場合は、「Excelオプション」を使うと便利です。

では、文字列のエラーを消す方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 文字列のエラーを消す方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで文字列エラーがでる

Excelで、数値を文字列にすると、エラーが出てきます。

Excelでは、数値の「1」と、数値文字列の「"1"」が区別されるので、数値を文字列にすると、エラーを出してくれます。

では、ちょっと数値を文字列にして、エラーを出してみます。

数値文字列はエラーとなる

数値の先頭に、アポストロフィー「'」を入力してみます。

数値を文字列にしてみる

数値の先頭にアポストロフィー「'」を入力して文字列にしてみる

Enterで確定してみます。

文字列エラーがでる

数値を文字列にする

文字列のエラーが出ました。

こんな感じで、数値を文字列にすると、エラーが出ます。

注意喚起で、エラーを表示してくれるのは、いいんですけど、ちょっと見栄えがよろしくないです。

この文字列エラーの消し方を、解説します。

Excelで「エラーを無視」を使って文字列エラーを消す

数値を文字列にして出てくるエラーを、消すには、「エラーを無視」にすると、できます。

では、やってみます。

数値文字列のエラーを消してみる

文字列にした数値を選択します。

選択すると、右の方にエラーマークが出てきます。

このエラーマークを、クリックします。

エラーマークをクリック

右にでてくるエラーマークをクリックする

クリックすると、メニューが表示されます。

この中から、「エラーを無視する」を選択します。

「エラーを無視する」を選択

エラーを無視するを選択する

これで、文字列のエラーが消えます。

文字列のエラーが消える

文字列のエラーが消える

文字列のエラーが消えました。

この方が見栄えがいいですね。

ただ、この方法だと、文字列のエラーが大量にある場合は、大変です。

大量にある文字列エラーがある場合は、Excelオプションを使います。

Excelオプションを使って一括で文字列エラーを消す

Excelオプションを使って、一括で文字列エラーを消す、というのをやってみます。

大量の文字列エラー

複数のセルに数値文字列を入力して、エラーを複数出しておきました。

大量の文字列エラー

複数のセルに数値文字列を入力して、複数のエラーを出しておく

この文字列エラーを、Excelオプションを使って、消してみます。

Excelオプションを使って一括で消す

「ファイル」タブ→「その他」→「オプション」を選択します。

Excelオプションを選択

Excelオプションを選択する

Excelのオプションが表示されます。

「数式」タブ→「エラーチェックルール」のところの「文字列形式の数値、またはアポストロフィで始まる数値」のチェックを外します。

チェックを外す

文字列形式の数値、またはアポストロフィで始まる数値のチェックを外す

「OK」を押せば、文字列エラーが消えます。

文字列エラーが消える

文字列エラーが消える

文字列のエラーが消えました。

すっきり、きれいです。

やっぱり、文字列エラーを確認したい、といった場合は、チェックを入れ直すと、元に戻るので安心です。

設定を戻すと文字列エラーが表示される

チェックを入れ直して、設定を元に戻してみます。

チェックを入れる

文字列形式の数値、またはアポストロフィで始まる数値にチェックを入れ直す

「OK」をクリックすると、文字列のエラーをチェックしてくれます。

文字列エラーが表示される

文字列のエラーを表示した場合

文字列のエラーを表示できました。

こんな感じで、「Excelオプション」を使うと、文字列のエラーを非表示にしたり、表示することができます。

「Excelオプション」、便利です。

おわりに

この記事では、文字列のエラーを消す方法について、ご紹介しました。

数値を文字列にすると、文字列エラーが表示されます。

この文字列エラーが気になるので消したい、という場合には、2つの方法で消すことができます。

  • エラーを無視する
  • Excelオプションを使う

1つのエラーだけを消したい場合は、「エラーを無視する」を使えば簡単に消せます。

複数のエラーがある場合で、文字列エラーを消したい場合は、「Excelオプション」を使うと便利です。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す