大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、ピボットテーブルが更新できない場合の対処法について、ご紹介します。原因としては、「更新ボタンを押していない」や「元データの範囲外に入力されている」があります。更新ボタンを押すか、元データの範囲を確認してみましょう。

はじめに

この記事では、ピボットテーブルが更新できない場合の対処法について、ご紹介します。

ピボットテーブルが更新できない理由としては、次の2つがあります。

  • 「更新ボタン」を押していない
  • 元データの「範囲外」にデータが入力されている

という感じです。

対処法としては、2つをやってみましょう。

  • 「更新ボタン」をクリック
  • 元データの「範囲」を設定する

ピボットテーブルは、元データを変更しても、自動的に更新されません。

更新ボタンをクリックしたか、元データの範囲は正しいかを、確認しましょう。

では、ピボットテーブルが更新できない場合の対処法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • ピボットテーブルが更新できない場合の対処法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelのピボットテーブルを更新する

元データを変更した場合は、ピボットテーブルを更新してあげる必要があります。

ピボットテーブルは自動で更新されない

元データを変更しても、ピボットテーブルは自動で更新されません。

ピボットテーブルを作成します。

ピボットテーブルを作成

ピボットテーブルを作成する

ピボットテーブルの元データを変更してみます。

元データを変更

ピボットテーブルの元データを変更してみる

元データを変更しても、ピボットテーブルは自動で更新されません。

自動で更新されない

ピボットテーブルは自動で更新されない

ピボットテーブルは自動で更新されていないですね。

ピボットテーブルを更新する場合は、「更新ボタン」をクリックする必要があります。

ピボットテーブルを更新する

ピボットテーブルを選択して、「分析」タブ→「更新ボタン」をクリックします。

「分析」タブ→「更新ボタン」をクリック

ピボットテーブルを選択して分析タブ→更新ボタンをクリック

これで、ピボットテーブルが更新されます。

ピボットテーブルが更新される

ピボットテーブルが更新される

ピボットテーブルが更新されました。

まずは、「更新ボタン」をクリックしてみましょう。

Excelのピボットテーブルを自動更新する

ピボットテーブルの更新をする際に便利なのが、「ファイルを開いたときに更新」するという機能です。

ファイルを開いたときにピボットテーブルを更新

ファイルを開いたときにピボットテーブルを更新してみます。

ピボットテーブルを右クリックをします。

右クリックする

ピボットテーブルを右クリック

ピボットテーブルオプションをクリックします。

「ピボットテーブルオプション」をクリック

ピボットテーブルオプションをクリック

「データ」タブ→「ファイルを開くときにデータを更新する」にチェックを入れます。

「ファイルを開くときにデータを更新する」にチェック

ピボットテーブルオプションのデータタブ→ファイルを開くときにデータを更新するにチェックを入れる

ピボットテーブルの元データを変更してみます。

元データを変更

ピボットテーブルの元データを変更してみる

これで、ブックを閉じて開いてみると値が更新されます。

では、ブックを一旦閉じて、開いてみます。

ブックを閉じて開いてみる

ブックを閉じて開いてみると値が更新される

ピボットテーブルの値が更新されました。

更新漏れを防ぐために、効果的です。

Excelのピボットテーブルの元データ範囲を確認する

ピボットテーブルが更新できないもう一つの原因は、元データの「範囲外」に入力されているということです。

範囲外に入力しても更新されない

元データの範囲外に入力していても、ピボットテーブルには更新されません。

ちょっとやってみます。

元データの範囲外にデータを追加します。

「範囲外」にデータを追加

元データの範囲外にデータを追加する

ピボットテーブルの更新ボタンをクリックしてみます。

更新ボタンをクリック

ピボットテーブルの更新ボタンをクリックしてみる

範囲外に入力しているので、更新ボタンでは更新できないです。

更新できない

範囲外に入力すると更新ボタンでは更新できない

ピボットテーブルは、更新されていないですね。

元データの範囲を変更する

解決策は、元データの範囲を変更することです。

ピボットテーブルを選択して、「分析」タブ→「データソースの変更」をクリックします。

「分析」タブ→「データソースの変更」をクリック

ピボットテーブルを選択して分析タブ→データソースの変更をクリックする

ピボットテーブルのデータソースの変更が表示されます。

「データソースの変更」が表示

ピボットテーブルのデータソースの変更が表示される

追加したデータを含めて、全体の範囲を参照します。

「全体の範囲」を参照

追加したデータを含めて全体の範囲を参照する

これで、ピボットテーブルに追加したデータが反映されます。

追加したデータが反映される

ピボットテーブルに追加したデータが反映される

ピボットテーブルに追加したデータが反映されました。

おわりに

この記事では、ピボットテーブルが更新できない場合の対処法について、ご紹介しました。

ピボットテーブルが更新できない理由としては、次の2つがあります。

  • 「更新ボタン」を押していない
  • 元データの「範囲外」にデータが入力されている

という感じです。

対処法としては、2つをやってみましょう。

  • 「更新ボタン」をクリック
  • 元データの「範囲」を設定する

ピボットテーブルは、元データを変更しても、自動的に更新されません。

更新ボタンをクリックしたか、元データの範囲は正しいかを、確認しましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す