大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

HDMI切替器で手動と自動はどちらを選ぶとお得かを解説します。結論として、仕事用であれば手動タイプの一択です。勝手に切り替わることもなくて、仕事に集中できます。手間な切り替え作業を、HDMI切替器で効率化して、自由な時間を手にしましょう。

はじめに

この記事では、HDMI切替器で手動と自動をどちらを選ぶとお得かを解説します。

結論として、仕事用であれば手動タイプの一択です。

勝手に画面が切り替わることもなくて、仕事に集中できます。

仕事を効率的に終わらせて、自由な時間を手にしましょう。

この記事で紹介すること

  • HDMI切替器は、手動と自動どちらを選ぶか

目次

HDMI切替器は手動と自動がある

HDMI切替器には、手動と自動があります。

手動と自動について、HDMI切替器の特徴についてまとめました。

手動のHDMI切替器

手動のHDMI切替器は、こんなやつです。

特徴としては、

  • ボタンを押すと切り替え
  • 自動と比べて安い

といった感じです。

ボタンを押すと切り替え

手動なので、ボタンを押すと切り替えることができます。

反対にいうと、ボタンを押さないと切り替わらないので、誤動作がありません。

仕事中に、いきなり画面がかわる、といったことがないのがいいです。

自動と比べて安い

手動タイプは、ボタンを押したら切り替え、というシンプルな構造というのと、電源がいらないタイプも多いので、価格は安めです。

自動のHDMI切替器

自動のHDMI切替器は、こんなやつです。

自動のHDMI切替器の特徴は、

  • 電源供給されると自動で切り替え
  • 入力ポート数が多いものが多数

というものです。

電源供給されると自動で切り替え

一番の特徴は、HDMI切替器に、HDMIを通して電源が供給されたタイミングで、自動で切り替わるということです。

例えば、PS4の電源を入れて、HDMI切替器に電源が供給されると、PS4がHDMI切替器から出力される。といった感じです。

主に、家庭で使う場合が多いかと思います。

わざわざ、HDMI切替器のボタンを押すのが面倒で、デバイスの電源を入れたら、自動で表示させたいという場合に便利です。

入力ポート数が多いものが対数

入力ポート数が多いものがあるので、PS4、ニンテンドースイッチ、HDDレコードをつなげて、自動で切り替えたいというニーズがある場合に使えます。

HDMI切替器は手動と自動どちらがいいか

HDMI切替器は、手動と自動どちらがいいかは、使う用途に応じて選ぶといいです。

手動のHDMI切替器がいい場合

手動のHDMI切替器を選んだ方がいい場合は、

  • 仕事用でPCの映像を切り替える
  • 費用を安く抑えたい
  • 勝手に切り替わらない方がいい

という場合です。

私の場合は、仕事用でPCの切り替えがしたかったので、手動タイプの一択になりました。

自動のHDMI切替器がいい場合

自動のHDMI切替器を選んだ方がいい場合は、

  • ゲーム機やレコーダなど多入力する場合
  • ボタンで切り替えは面倒

ゲーム機やレコーダなど多入力する場合は、切り替えが面倒なので、電源が供給されたタイミングで、自動で切り替えるタイプがかなり楽です。

テレビから離れているところに、HDMI切替器があると、ボタンまでが遠い場合もあるので、そこまでいくの大変ですよね。

その場合に、自動で切り替えるタイプが便利になります。

選んだHDMI切替器

ちなみに、今回使ってみたHDMI切替器を載せておきます。

HDMI切替器(前から)

購入したHDMI切替器

HDMI切替器(後ろから)

購入したHDMI切替器

手動タイプのHDMI切替器を購入しました。

仕様

今回購入したHDMI切替器の仕様です。

  • 製造者:サンワダイレクト
  • 型式:400-SW028
  • 仕様:4K対応、手動切替、双方向(2入力1出力/1入力2出力)

動作(手動タイプ)

手間なインストール不要で、PCとモニターを接続して、すぐ動作しました。

ボタンを押すだけで、簡単に切り替えられるのは、いいですね。

仕事用で使っているので、すぐ近くにHDMI切替器があって、切り替えも楽ちんです。

自動タイプにする必要はないですね。

デメリット

切り替えに、2~3秒かかる。という点です。

手動タイプだから?電源がないタイプだから?といろいろ調べてみました。

調べてみた結果、手動タイプだからとか、電源ないタイプだからとかは、関係みたいです。

原因は、HDMIのセキュリティの問題で、バックグラウンドでPC側がモニターを認識しないようにしているため、切り替えに少し時間がかかるそうです。

これが嫌だなという場合は、高速でHDMIの切り替えができる切替器もあります。

だけど、高いです。1万円以上します。

頻繁にHDMIの切り替えをしたいという場合は、検討するのもありかと思います。

ただ、私の場合は、頻繁に切り替えをしないので、特に気にならないなという印象です。

作業中に遅延は発生するか

HDMI切替で遅延が発生するかというのも、少し気になっていました。

結論としては、遅延なし、です。

気にしすぎでした。手動タイプのものでも、作業中の遅延はありません。

電源はあった方がいいか

自動タイプは、電源ありがあるので、やっぱり電源ありタイプがいいのかと、少し悩みました。

結果としては、電源なしのタイプでも問題なく、切り替えてくれます。

仕事用で、PCの切り替えをするのであれば、電源なしで問題ありません。

画質

今回選んだHDMI切替器は、4K対応なので、画質は文句なしですね。

まぁ仕事用に買ったので、4Kじゃなくてもいいです。でも、4Kだとアナログの切替器よりは画質がいいので、あるに越したことはないですね。

大きさ

大きさが、5cm×5cmぐらいです。

コンパクトなので、どこにでも設置できて、机を占領しないのはいいですね。

手動タイプの切替器は、電源なしのタイプが多いので、かなりコンパクトです。

仕事用だと机の大きさに制限があるので、手動タイプだと邪魔にならないのがいいですね。

おわりに

こちらの記事では、HDMI切替器を選ぶ際は、手動タイプがいいのか、自動タイプがいいのか、について解説しました。

結論としては、仕事用でPCを切り替える際には、手動タイプがいいです。

また、家庭用でゲーム機やレコーダーを3つ以上切り替えたいという場合には、自動タイプが便利になります。

私は、仕事用でHDMI切替器が欲しかったので、手動タイプを購入しました。

切り替え作業がだいぶ楽になって、仕事がはかどっています。

便利なデバイスを使って仕事を楽にしていきましょう。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す