大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelのパワークエリで、複数ブックを結合するには、「フォルダから」クエリを作成するとできます。パワークエリを使って、複数ブックを結合すると、データの追加や削除、変更が簡単にできます。パワークエリを使いこなして、データの結合を効率化していきましょう。

はじめに

この記事では、複数のブックを結合する方法について、ご紹介します。

複数のブックを結合するには、「フォルダから」クエリを作成するとできます。

パワークエリを使って、データを結合すれば、データの追加や削除、変更が簡単にできます。

結合できるファイル形式は、CSVだけでなく、ブックやブックのテーブルも結合することができます。

パワークエリを使いこなして、データの結合を効率化していきましょう。

では、複数のブックを結合する方法について、解説していきます。

この記事を読むメリット

  • パワークエリを使って、複数のブックを結合する方法がわかります

本記事の内容を動画でまとめています

目次

複数ファイルを結合する

複数ファイルを結合してみます。

複数CSVファイルを結合したい

やりたい内容は、複数のCSVファイルを結合したい、ということです。

複数CSVファイルを結合したい

複数のCSVファイルを結合したいです。

やりたい内容は、複数のCSVファイルを結合したい、ということです

それぞれのCSVファイルの中身は、こんな感じです。

それぞれのCSVファイルの中身です

最終的に、1つのテーブルにまとめたいです。

1つのテーブルにまとめたい

1つのテーブルにまとめたいです

手順は、次のようになります。

手順

  • 「フォルダーから」クエリを作成
  • データを結合する
  • 結合したクエリをシートに接続
  • 接続したクエリをシートに読み込む

では、実際に複数ファイルを結合していきます。

「フォルダーから」クエリを作成して結合する

「フォルダーから」クエリを作成して結合していきます。

まずは、「フォルダーから」クエリを作成します。

「フォルダーから」クエリを作成する

「フォルダーから」を選択します。

「フォルダーから」を選択します

CSVファイルが保存されているフォルダを選択して、開くをクリックです。

CSVファイルが保存されているフォルダを選択して、開くをクリックです

CSVファイルのデータが取り込まれます。

CSVファイルのデータが取り込まれます

取り込んだデータを結合していきます。

データを結合する

「データの結合と変換」を選択します。

「データの結合と変換」を選択します

「Fileの結合」という画面が表示されるので、OKをクリックです。

「Fileの結合」という画面が表示されるので、OKをクリックです

複数のCSVファイルを結合することができます。

複数のCSVファイルを結合することができました

複数のクエリが作成されているので、まずは、クエリをシートに接続のみをしていきます。

クエリをシートに接続する

「閉じて次に読み込む」を選択します。

「閉じて次に読み込む」を選択します

接続のみを作成していきます。

接続のみを作成していきます

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」をクリックです。

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」をクリックです

シートにクエリを接続できます。

シートにクエリを接続できました

シートにクエリを接続できました。

次は、結合したクエリを、シートに読み込んでいきます。

シートに読み込む

「TEST1」で「右クリック」します。

「TEST1」で「右クリック」します

「読み込み先」を選択します。

「読み込み先」を選択します

シートに読み込んでいきます。

シートに読み込んでいきます

「テーブル」を選択します。

「テーブル」を選択します

「既存のワークシート」を選択して、「参照ボタン」を選択です。

「既存のワークシート」を選択して、「参照ボタン」を選択です

読み込み先を選択して、OKを選択します。

読み込み先を選択して、OKを選択します

「読み込み」をクリックします。

「読み込み」をクリックします

これで、シートに結合したクエリを読み込むことができます。

複数CSVファイルを結合できた

シートに結合したクエリを読み込むことができました

シートに結合したクエリを読み込むことができました。

パワークエリを更新してみる

データを変更して、パワークエリを更新してみます。

元ファイルにデータを追加

元ファイルにデータを追加して、データの更新をしてみます。

データを追加してみる

元ファイルにデータを追加してみます

データを更新します。

データを更新

データを更新します

これで、データを追加することができます。

データを追加できた

データを追加することができました

データを追加することができました。

元ファイルのデータを削除

元ファイルのデータを削除して、データの更新をしてみます。

データを削除してみる

元ファイルのデータを削除します

「I」のデータを削除します。

元ファイルのデータを削除しました

元ファイルのデータを削除しました。

データの更新をします。

データを更新

データの更新をします

これで、データを削除することができます。

データを削除できた

データを削除することができました

データを削除することができました。

元ファイルのデータを変更

元ファイルのデータを変更して、データの更新をしてみます。

データを変更してみる

元ファイルのデータを変更してみます

データを更新します。

データを更新

データを更新します

これで、データを変更することができます。

データを変更できた

データを変更することができました

データを変更することができました。

ファイルを追加

フォルダにファイルを追加して、データの更新をしてみます。

ファイルを追加してみる

「Data4.csv」を追加します。

フォルダにファイルを追加してみます

追加したファイルです。

追加したファイルです

データを更新します。

データを更新

データを更新します

これで、追加したファイルのデータを追加することができます。

データを追加できた

追加したファイルのデータを追加することができました

追加したファイルのデータを追加することができました。

ファイルを削除

フォルダのファイルを削除して、データの更新をしてみます。

ファイルを削除してみる

「Data2.csv」を削除します。

フォルダのファイルを削除してみます

ファイルの削除後です。

フォルダのファイルを削除しました

フォルダのファイルを削除しました。

データを更新します。

データを更新

データを更新します

これで、削除したファイルのデータを削除できます。

データを削除できた

削除したファイルのデータを削除できました

削除したファイルのデータを削除できました。

ファイル名を変更

次は、ファイル名を変更して、データの更新をしてみます。

ファイル名を変更します。

ファイル名を変更してみる

ファイル名を変更してみます

データを更新します。

データを更新

データを更新します

これで、ファイル名を変更することができます。

ファイル名を変更できた

ファイル名を変更することができました

ファイル名を変更することができました。

という感じで、パワークエリを使って、データを結合するとデータの更新が簡単にできます。

複数ブックを結合する

「複数ブック」を結合することもできます。

手順は、先ほどの「複数ファイル」と同じです。

やりたいこと

やりたい内容は、複数ブックを結合したい、ということです。

複数ブックを結合したい

複数ブックを結合したいです。

やりたい内容は、複数ブックを結合したい、ということです

ファイルの中身はこんな感じになります。

ファイルの中身はこんな感じになります

最終的には、複数ブックを結合して、1つのテーブルにまとめたいです。

1つのテーブルにまとめたい

複数ブックを結合して、1つのテーブルにまとめたいです

手順は、次のようになります。

手順

  • 「フォルダーから」クエリを作成
  • データを結合する
  • 結合したクエリをシートに接続
  • 接続したクエリをシートに読み込む

では、実際に「複数ブック」を結合していきます。

「フォルダーから」クエリを作成して結合する

「フォルダーから」クエリを作成して結合していきます。

まずは、「フォルダーから」クエリを作成します。

「フォルダーから」クエリを作成

「ファルダーから」クエリを作成します。

「ファルダーから」クエリを作成します

ブックが保存されているフォルダを選択して、開くをクリックです。

ブックが保存されているフォルダを選択して、開くをクリックです

複数ブックのデータが取り込まれます。

複数ブックのデータが取り込まれます

データを結合していきます。

データを結合する

「データの結合と変換」を選択します。

「データの結合と変換」を選択します

Fileの結合という画面が表示されますので、結合するシートを選択していきます。

Fileの結合という画面が表示されますので、結合するシートを選択していきます

「Sheet1」を選択します。

「Sheet1」を選択します

OKをクリックです。

OKをクリックです

複数ブックのデータを結合することができます。

複数ブックのデータを結合することができました

複数のクエリが作成されているので、まずは、シートに接続のみをしていきます。

シートに接続する

「閉じて次に読み込む」を選択します。

「閉じて次に読み込む」を選択します

接続のみを作成していきます。

接続のみを作成していきます

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」を選択です。

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」を選択です

シートにクエリを接続できます。

シートにクエリを接続できました

接続したクエリを、シートに読み込んでいきます。

シートに読み込む

「TEST2」を「右クリック」します。

「TEST2」を「右クリック」します

「読み込み先」を選択します。

「読み込み先」を選択します

読み込み先を選択していきます。

読み込み先を選択していきます

「テーブル」を選択します。

「テーブル」を選択します

「既存のワークシート」を選択して、参照ボタンを選択です。

「既存のワークシート」を選択して、参照ボタンを選択です

読み込み先を選択して、OKをクリックします。

読み込み先を選択して、OKをクリックします

「読み込み」を選択します。

「読み込み」を選択します

これで、結合したクエリをシートに読み込むことができます。

複数ブックを結合できた

結合したクエリをシートに読み込むことができました

結合したクエリをシートに読み込むことができました。

こんな感じで、「複数ブック」も結合することができます。

「シート名」を同じにする必要がある

複数ブックを結合する場合は、「シート名」を同じにする必要があります。

「シート名」を同じにする必要がある

複数ブックを結合する場合は、「シート名」を同じにする必要があります

「シート名」が違うとパワークエリで結合ができないので、注意です。

同じ「シート名」にして結合しましょう。

複数ブックのテーブルを結合する

次は、複数ブックの「テーブル」を結合してみます。

手順は、先ほど同じです。

やりたいこと

やりたい内容は、複数ブックのテーブルを結合したい、ということです。

複数ブックのテーブルを結合したい

複数ブックのテーブルを結合したいです。

やりたい内容は、複数ブックのテーブルを結合したい、ということです

ブックの中身はこんな感じになります。

ブックの中身はこんな感じになります

最終的に、複数ブックのテーブルを結合して、1つのテーブルにまとめたいです。

1つのテーブルにまとめたい

複数ブックのテーブルを結合して、1つのテーブルにまとめたいです

手順は、次のようになります。

手順

  • 「フォルダーから」クエリを作成
  • データを結合する
  • 結合したクエリをシートに接続
  • 接続したクエリをシートに読み込む

では、実際に複数ブックの「テーブル」を結合していきます。

「フォルダーから」クエリを作成して結合する

「フォルダーから」クエリを作成して結合していきます。

まずは、「フォルダーから」クエリを作成します。

「フォルダーから」クエリを作成する

「フォルダーから」クエリを作成します。

「フォルダーから」クエリを作成します

ブックが保存されたフォルダを選択して、開くをクリックです。

ブックが保存されたフォルダを選択して、開くをクリックです

フォルダ内のブックのデータが読み込まれます。

フォルダ内のブックのデータが読み込まれます

読み込んだデータを結合していきます。

データを結合する

「データの結合と変換」を選択します。

「データの結合と変換」を選択します

Fileの結合という画面が表示されますので、結合するテーブルを選択していきます。

Fileの結合という画面が表示されますので、結合するテーブルを選択していきます

「テーブル1」を選択します。

「テーブル1」を選択します

OKをクリックです。

OKをクリックです

複数ブックのテーブルを結合することができます。

複数ブックのテーブルを結合することができました

複数のクエリが作成されていますので、まずはシートに接続のみをしていきます。

シートに接続する

「閉じて次に読み込む」を選択します。

「閉じて次に読み込む」を選択します

接続のみを作成していきます。

接続のみを作成していきます

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」をクリックです。

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」をクリックです

シートにクエリを接続することができます。

シートにクエリを接続することができました

接続したクエリを、シートに読み込んでいきます。

シートに読み込む

「TEST3」で「右クリック」します。

「TEST3」で「右クリック」します

「読み込み先」を選択します。

「読み込み先」を選択します

読み込み先を選択していきます。

読み込み先を選択していきます

「テーブル」を選択です。

「テーブル」を選択です

「既存のワークシート」を選択して、参照ボタンを選択します。

「既存のワークシート」を選択して、参照ボタンを選択します

読み込み先を選択して、OKをクリックです。

読み込み先を選択して、OKをクリックです

「読み込み」を選択します。

「読み込み」を選択します

これで、結合したクエリをシートに読み込むことができます。

複数ブックのテーブルを結合できた

結合したクエリをシートに読み込むことができました

結合したクエリをシートに読み込むことができました。

こんな感じで、複数ブックの「テーブル」も結合することができます。

「テーブル名」を同じにする必要がある

複数ブックのテーブルを結合する場合は、「テーブル名」を同じにする必要があります。

「テーブル名」を同じにする必要がある

複数ブックのテーブルを結合する場合は、「テーブル名」を同じにする必要があります

「テーブル名」が違う場合は、結合ができなので、同じ「テーブル名」にして結合しましょう。

おわりに

この記事では、複数のブックを結合する方法について、ご紹介しました。

複数のブックを結合するには、「フォルダから」クエリを作成するとできます。

パワークエリを使って、データを結合すれば、データの追加や削除、変更が簡単にできます。

結合できるファイル形式は、CSVだけでなく、ブックやブックのテーブルも結合することができます。

パワークエリを使いこなして、データの結合を効率化していきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

アーカイブから探す