大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、日付から年、月、日を抽出する方法について、ご紹介します。年、月、日を抽出するには、YEAR関数、MONTH関数、DAY関数を使います。文字列の日付からも年、月、日を抽出できるので、便利です。間違った日付の場合は、エラーを出してくれるので、正しい日付かも判定できます。

はじめに

この記事では、日付から、年、月、日のみを抽出する方法について、ご紹介します。

年、月、日を抽出するには、YEAR関数、MONTH関数、DAY関数を使います。

年、月、日だけで、日付の解析などをしたい場合に使えます。

YEAR、MONTH、DAYは、「文字列の日付」からも年、月、日を抽出できるので、便利です。

「間違った日付」から、年、月、日を抽出した場合は、エラーとなってくれるので、間違った日付を発見できます。

では、日付から年、月、日を抽出する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 日付から年、月、日を抽出する方法

目次

Excelで日付から年、月、日のみを抽出

Excelで、日付から年、月、日のみを抽出することができます。

それぞれ、年、月、日は、

  • 年:YEAR関数
  • 月:MONTH関数
  • 日:DAY関数

で取得することができます。

やってみます。

「年」を抽出(YEAR関数)

「2021/5/1」から「年」を抽出してみます。

YEAR関数の入力は、次のようにします。

=YEAR(A1)

では、セルに入力してみます。

「年」の抽出

YEAR関数で日付から年を取得した結果

「2021」が取得できました。

「月」を抽出(MONTH関数)

「2021/5/1」から「月」を抽出してみます。

MONTH関数の入力は、次のようにします。

=MONTH(A1)

では、セルに入力してみます。

「月」の抽出

MONTH関数で日付から月を取得した結果

「5」が取得できました。

「日」を抽出(DAY関数)

「2021/5/1」から「日」を抽出してみます。

DAY関数の入力は、次のようにします。

=DAY(A1)

では、セルに入力してみます。

「日」の抽出

DAY関数で日付から日を取得した結果

「1」が取得できました。

という感じで、年、月、日を抽出できます。

年、月、日を抽出

「2021/5/1」から年、月、日を抽出するExcel関数をまとめると、次のようになります。

=YEAR(A1)
=MONTH(A1)
=DAY(A1)

セルに入力してみます。

年、月、日を抽出

日付から年、月、日を抽出した結果

結果は、それぞれ、「2021」、「5」、「1」が抽出できます。

年、月、日を日付に戻す(DATE関数)

年、月、日を日付に戻すには、DATE関数を使えばできます。

次のように、DATE関数への入力します。

=DATE(B3,B4,B5)

では、セルに入力してみます。

年、月、日を日付に戻す

DATE関数を使って年、月、日を日付に戻す

結果は、「2021/5/1」となりました。

YEAR、MONTH、DAYと合わせて、DATE関数も覚えておくと、日付を扱う際に便利になります。

文字列の日付からも年、月、日が抽出できる

YEAR、MONTH、DAYは、文字列の日付からも、年、月、日を抽出することができます。

やってみます。

「年」を抽出(YEAR関数)

文字列の日付「"2021/5/1"」から、年を抽出してみます。

セルへの入力は、次のようにします。

=YEAR(A1)

では、セルへ入力してみます。

文字列の日付から「年」を抽出

文字列の日付から年を抽出した結果

セルA1に入力した日付「"2021/5/1"」は、左に寄っているので、文字列です。

この文字列の日付からでも、「2021」を抽出できました。

「月」を抽出(MONTH関数)

文字列の日付「"2021/5/1"」から、月を抽出してみます。

セルへの入力は、次のようにします。

=MONTH(A1)

では、セルへ入力してみます。

文字列の日付から「月」を抽出

文字列の日付から月を抽出した結果

文字列の日付からでも、「5」を抽出できました。

「日」を抽出(DAY関数)

文字列の日付「"2021/5/1"」から、日を抽出してみます。

セルへの入力は、次のようにします。

=DAY(A1)

では、セルへ入力してみます。

文字列の日付から「日」を抽出

文字列の日付から日を抽出した結果

文字列の日付からでも、「1」を抽出できました。

こんな感じで、文字列の日付からでも、年、月、日を抽出できます。

間違った日付から抽出するとエラーとなる

間違った日付から、YEAR、MONTH、DAYを使って、年、月、日を抽出すると、エラーとなります。

「2021/4/33」から年、月、日を抽出してみる

間違った日付「2021/4/33」から、YEAR、MONTH、DAYを使って、年、月、日を抽出してみます。

入力する数式は、こんな感じです。

=YEAR(A1)
=MONTH(A1)
=DAY(A1)

では、セルに数式を入力してみます。

間違った日付では「エラー」となる

間違った日付からYEAR、MONTH、DAY関数で年、月、日を抽出した結果

結果は、すべて「エラー」となりました。

ちゃんと正しい日付かを判定して、年、月、日を抽出してくれるところがいいですね。

Excelで日付+時間から日付だけを抽出

日付+時間から、日付だけを抽出する方法です。

INT関数を使います。

日付の演算をするのに、時間がいらない場合とかに、使えます。

日付だけを抽出(INT関数)

日付+時間から日付だけを、INT関数を使って抽出してみます。

INT関数の入力は、次の通りです。

=INT(A1)

では、INT関数をセルに入力してみます。

日付+時間から日付だけを抽出

INT関数を使って日付+時間から日付だけを抽出した結果

結果は、「2021/5/1 0:00:00」となりました。

この時点で、シリアル値から時間は、無くなっています。

ただ、「0:00:00」の表示がいらないので、表示形式で「yyyy/m/d」の形式にします。

表示形式を「yyyy/m/d」形式にする

表示形式をyyyy/m/dに変更する

「短い日付形式」を選択します。

表示形式を「yyyy/m/d」形式にした結果

表示形式を短い日付形式にした結果

結果は、「2021/5/1」となりました。

これで、日付+時間から、日付だけを抽出できました。

次の数式を入力して、確認してみます。

=DATE(2021,5,1)=A3

では、セルに入力してみます。

日付だけを抽出できたかを確認

2021/5/1だけを抽出できたかを確認

結果は、「TRUE」となりました。

「2021/5/1」の日付だけを、抽出できています。

おわりに

この記事では、日付から、年、月、日のみを抽出する方法について、ご紹介しました。

年、月、日を抽出するには、YEAR関数、MONTH関数、DAY関数を使います。

年、月、日だけで日付の解析などをしたい場合に、使えます。

YEAR、MONTH、DAYは、「文字列の日付」からも年、月、日を抽出できるので、便利です。

間違った日付から抽出した場合は、エラーとなってくれるので、間違った日付を発見できます。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す