大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、時、分、秒の単位で足し算する方法について、ご紹介します。時、分、秒の単位での時間の計算は、シリアル値に変換することでできます。時間を計算する際のポイントとなりますので、具体的に解説していきます。

はじめに

この記事では、時、分、秒を足し算する時間の計算について、ご紹介します。

時間の足し算は、数値と同じように、演算子「+」や「SUM関数」を使うとできます。

時、分、秒の単位で、時間の足し算をする際のポイントは、シリアル値に変換することです。

・1時間:1×"1:0:0"

・1分 :1×"0:1:0"

・1秒 :1×"0:0:1"

というような感じです。

時間の足し算の合計で、24時間以上を表示したい場合は、表示形式を「[h]:mm:ss」にしましょう。

この記事で紹介すること

  • 時、分、秒の単位で足し算する方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで時間の足し算をする

Excelで時間の足し算は、数値の計算のように、演算子「+」や「SUM関数」を使うことができます。

では、やってみます。

2つの時間を足し算をする

演算子「+」を使って、2つの時間を足し算してみます。

「3:00:00」と「4:00:00」を足し算してみます。

セルに入力する数式は、次のようになります。

=A1+A2

では、セルに入力してみます。

「+」で時間を足し算

演算子「+」で時間を足し算する

結果は、「7:00:00」となりました。

時間の足し算も、数値の足し算のように、計算することができます。

「SUM関数」で合計を計算

次は、「SUM関数」を使って、時間の合計を計算してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=SUM(A1:A5)

では、セルに入力してみます。

「SUM関数」で合計を計算

SUM関数で時間の合計を計算した結果

結果は、「15:00:00」となりました。

正しく合計値が足し算できていますね。

Excelで「時、分、秒」単位で足し算する

次は、「時、分、秒」単位で、足し算をしてみます。

Excelでは、時間はシリアル値として、管理されています。

なので、次のように時、分、秒をシリアル値に変換すると、時間の足し算ができます。

  • 1時間:1/24
  • 1分 :1/24/60
  • 1秒 :1/24/60/60

という感じです。

では、時、分、秒単位で、足し算をしてみます。

「時」を足し算する

「時」単位で、足し算をしてみます。

「3:00:00」に「1時間」を足してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=A1+A3/24

では、セルに入力してみます。

「1時間」を足す

「時」単位で時間を足し算した結果

結果は、「4:00:00」となりました。

「時」単位で、時間を足し算できました。

「分」を足し算する

次は、「分」単位で、足し算をしてみます。

「3:00:00」に「1分」を足してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=A1+A3/24/60

では、セルに入力してみます。

「1分」を足す

「分」単位で時間を足し算した結果

結果は、「3:01:00」となりました。

「分」単位で、時間を足し算できました。

「秒」を足し算する

次は、「秒」単位で、足し算をしてみます。

「3:00:00」に「1秒」を足してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=A1+A3/24/60/60

では、セルに入力してみます。

「1秒」を足す

「秒」単位で時間を足し算した結果

結果は、「3:00:01」となりました。

「秒」単位で、時間を足し算できました。

こんな感じで、時、分、秒を、シリアル値に変換すると、時間の足し算をすることができます。

Excelでシリアル値を使って「時、分、秒」の足し算

「時、分、秒」単位で、足し算をするする方法は、もう一つあります。

シリアル値を掛けて、シリアル値に変換する、という方法です。

次のように変換することができます。

  • 1時間:1×"1:0:0"
  • 1分 :1×"0:1:0"
  • 1秒 :1×"0:0:1"

という感じです。

こっちの方が、シリアル値に変換しているのが、直感的にわかります。

では、シリアル値を掛けてシリアル値に変換する方法で、時、分、秒単位で、足し算をしてみます。

シリアル値で「時」を足し算

シリアル値を使って変換する方法で、「時」単位で、足し算をしてみます。

「3:00:00」に「1時間」を足してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=A1+A3*"1:0:0"

では、セルに入力してみます。

「1時間」を足す

「時」単位で時間を足し算した結果

結果は、「4:00:00」となりました。

「時」単位で、時間を足し算できました。

シリアル値で「分」を足し算

次は、シリアル値を使って変換する方法で、「分」単位で、足し算をしてみます。

「3:00:00」に「1分」を足してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=A1+A3*"0:1:0"

では、セルに入力してみます。

「1分」を足す

「分」単位で時間を足し算した結果

結果は、「3:01:00」となりました。

「分」単位で、時間を足し算できました。

シリアル値で「秒」を足し算

次は、シリアル値を使って変換する方法で、「秒」単位で、足し算をしてみます。

「3:00:00」に「1秒」を足してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=A1+A3*"0:0:1"

では、セルに入力してみます。

「1秒」を足す

「秒」単位で時間を足し算した結果

結果は、「3:00:01」となりました。

「秒」単位で、時間を足し算できました。

こんな感じで、シリアル値を掛けて、シリアル値に変換する方法の方が、直感的にわかりやすいですね。

Excelで24時間以上の場合には表示形式を変更する

時間の足し算をした場合に、合計値が、24時間以上となる場合は、表示形式を変更する必要があります。

実際にセルに入力して、解説していきます。

24時間以上が表示されない

時間の足し算をして、合計値を24時間以上にしてみます。

「12:00:00」と「13:00:00」を足し算してみます。

数式は、次のようになります。

=A1+A2

では、数式をセルに入力してみます。

24時間以上は切り捨られる

時間の足し算をして合計値が24時間以上になる場合

結果は、「1:00:00」となりました。

んっ。って感じですね。

表示してほしいのは、「25:00:00」です。

24時間以上を表示するには、表示形式を「[h]:mm:ss」に変更します。

表示形式を「[h]:mm:ss」にする

表示形式を、「[h]:mm:ss」に変更してみます。

では、変更の仕方です。

表示形式を変更したいセルを選択しておいて、「ホーム」タブ→「数値」→「その他の表示形式」を選択します。

「その他の表示形式」を選択

その他の表示形式を選択する

セルの書式設定が、表示されます。

「ユーザー定義」で、種類のところに「[h]:mm:ss」を入力します。

表示形式を「[h]:mm:ss」に変更

セルの書式設定で表示形式を[h]:mm:ssに変更する

これで、24時間以上の時間が表示されます。

24時間以上の時間が表示される

表示形式を[h]:mm:ssに変更して24時間以上の時間が表示される

結果は、「25:00:00」となりました。

24時間以上の時間を表示することができました。

ショートカットキー「Ctrl + 1」を使おう

「セルの書式設定」を変更する場合は、ショートカットキーを使うと、表示形式の変更が楽になります。

ショートカットキーは、「Ctrl + 1」です。

セルの書式設定が、一発で表示されます。

便利です。

おわりに

この記事では、時、分、秒を足し算する時間の計算について、ご紹介しました。

時間の足し算は、数値と同じように、演算子「+」や「SUM関数」を使うとできます。

時、分、秒の単位で、時間の足し算をする場合のポイントは、シリアル値に変換することです。

・1時間:1×"1:0:0"

・1分 :1×"0:1:0"

・1秒 :1×"0:0:1"

というような感じです。

時間の足し算の合計で、24時間以上を表示したい場合は、表示形式を「[h]:mm:ss」にしましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す