大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

記事一覧から探す

Excelで、ピボットグラフに複数のグラフを表示する方法について、ご紹介します。ピボットグラフの種類で、「組み合わせ」を選択するとできます。さらに、「2軸」のグラフを選択すると、「スケールを2つ表示」できるので便利です。

Excelで、ピボットテーブルのフィールドリストを表示する方法について、ご紹介します。ピボットテーブルを選択すると、フィールドリストが表示されます。一旦、閉じてしまうと、フィールドリストを自動で表示できません。「タブ」もしくは「右クリック」から表示しましょう。

Excelで、ピボットテーブルの空白行を、非表示にする方法について、ご紹介します。空白行があるのは、元データの範囲に空白データが入っているためです。フィルターを使う、空白行を削除する、元データの範囲を変更する、という方法で解決できます。

Excelで、ピボットテーブルをグループ化する方法について、ご紹介します。グループ化する対象は、「日付」や「数値」になります。日付だと、「年と月」や「年」でグループ化できます。数値の場合だと「20点刻み」でグループ化などです。「グループ化」する方法をマスターしていきましょう。

Excelで、ピボットテーブルを削除する方法について、ご紹介します。ピボットテーブルの「全て」、「フィールド」、「値」を削除する方法があります。ピボットテーブルを操作する際には、ピボットテーブルの削除は、よく使いますので慣れていきましょう。

Excelで、ピボットテーブルの元データの範囲を、変更する方法についてご紹介します。範囲の変更は、「ソースデータの変更」でできます。元データにデータを追加した場合は、範囲の変更をする必要があります。「テーブル」を使うと、範囲を変更する必要がないので便利です。

Excelで、ピボットテーブルが更新できない場合の対処法について、ご紹介します。原因としては、「更新ボタンを押していない」や「元データの範囲外に入力されている」があります。更新ボタンを押すか、元データの範囲を確認してみましょう。

Excelで、ピボットテーブルの値や範囲を更新する方法について、ご紹介します。ピボットテーブルでは、元データを変更しても、自動的に反映してくれません。値を変更した場合は、「更新ボタン」です。データを追加した場合は、「データソースの変更」でピボットテーブルを更新します。

Excelで、ピボットテーブルの並び替えをする方法について、ご紹介します。ピボットテーブルを並び替えするには、「手動」と「矢印ボタン」を使う方法があります。簡単に並び替えたい場合は「手動」で並び替えをします。昇順や降順、任意の並び替えをしたい場合は、「矢印ボタン」です。

Excelで、ピボットテーブルをフィルターする方法について、ご紹介します。ピボットテーブルをフィルターする方法は、「矢印ボタン」、フィールドの「フィルター」、「スライサー」があります。ピボットテーブルのフィルター方法を、マスターしていきましょう。

Excelで、ピボットテーブルの使い方について、ご紹介します。ピボットテーブルを使えば、テーブル形式のデータから、簡単に一覧表を作成することができます。ピボットテーブルを使う際の注意点は、元データを、「テーブル形式」にすることと、値を変更したら「更新ボタン」をクリックすることです。

Windowsで、パーティションのコピー、削除、フォーマットする方法について、ご紹介します。Windowsに標準搭載の「ディスク管理」では、一部の操作ができません。無料版のMiniTool Parition Wizardでは、パーティションのコピー、削除、フォーマットができます。パーティションの管理をするなら使ってみる価値ありです。

Windowsのパーティションを移動させる方法について、ご紹介します。パーティションの移動は、Widows標準搭載の「ディスクの管理」では、できません。無料版のMiniTool Partition Wizardを使うと、パーティションの移動ができます。パーティションの管理をするなら、使ってみる価値ありです。

Windowsでパーティションの拡張と縮小をする方法について、ご紹介します。「ディスクの管理」と「無料版のMiniTool Partition Wizard」を使ってやってみます。無料版のMiniTool Partition Wizardだと、パーティションの「拡張」と「縮小」が柔軟にできます。パーティションの管理をするなら、使ってみる価値ありです。

Windowsで、パーティションの分割と結合をする方法について、ご紹介します。無料版のMiniTool Partition Wizardを使うと、パーティションの分割や結合ができます。パーティションに保存されたデータを残しながら、分割や結合ができるので、便利です。パーティション管理をするなら、使ってみる価値があります。

Windowsでパーティションを作成する方法について、ご紹介します。Windowsに標準搭載の「ディスクの管理」と「無料版のMiniTool Partitino Wizard」を使って、パーティションを作成します。「ディスクの管理」だと一部使えない機能があります。無料版のMiniTool Partition Wizardを使うと、1つの画面でパーティションの作成、ラベルの変更、ドライブ文字の変更ができます。

Excelで、最終行までの「セル範囲」を取得する方法について、ご紹介します。使う関数は、「OFFSET関数」と「COUNTA関数」です。最終行までのセル範囲を取得できれば、最終行が変わったとしても「セル範囲を変更する必要がない」ので、便利です。

Excelで、最終行の値を取得する方法について、ご紹介します。最終行を取得する方法は、「INDEX+COUNTA」か「INDIRECT+COUNTA」を使う方法です。どちらを使うかは、好みになります。わかりやすい方を使うといいです。具体的に解説していきます。

2

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。