大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

記事(2022年8月)から探す

Excel VBAを使って、絞り込み検索をする場合は、データベースから部分一致で値を抽出して、ForとIfを使って値を取得するとできます。ユーザーフォームの場合は、絞り込む条件を「テキストボックス」に入力して、抽出した値は「リストボックス」に入力するといいです。絞りこみ検索する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、条件を絞り込んで値を抽出するには、部分一致で値を抽出して、ForとIfを使って値を検索するとできます。大量データから一意の値で検索するとなると大変です。なので、条件を絞りこんで値を検索できるとかなり便利です。条件を絞りこんで値を検索する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、複数ブックから値を抽出するには、Dir関数を使ってブックをループして、「ForとIf」を使って値を抽出するとできます。複数ブックから値を抽出する作業を自動化して、効率化していきましょう。

Excel VBAでは、ForとIfを使えば、データの取得や転記、抽出、カウント、加算など、大体のVBAコードを作成することができます。ForとIfを使い倒して、自動化していきましょう。

カテゴリから探す

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。