大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelのパワークエリで、複数シートのデータやテーブルを、1つのテーブルにまとめるには、「ブックから」クエリを作成することでできます。元データが変更されたり、元データにシートが追加された場合でも、「更新」ボタンをクリックするだけで、更新できるので便利です。

はじめに

この記事では、Excelパワークエリで、複数シートのデータを1つのテーブルにまとめる方法について、ご紹介します。

パワークエリで、「ブックから」クエリを作成することで複数シートのデータをまとめることができます。

元データのデータを変更したり、元データにシートを追加した場合でも、「更新」ボタンをクリックするだけで、データを更新することができるのが、パワークエリを使うメリットです。

少し注意する点として、元データが「テーブル」の場合は、シートを追加した場合に「更新」ボタンだけでは、データを更新することができません。

シートを追加してデータを更新したい場合は、元データを「表」の形式にしましょう。

では、Excelパワークエリで、複数シートのデータを1つのテーブルにまとめる方法について、解説していきます。

この記事を読むメリット

  • Excelパワークエリで、複数シートのデータを、1つのテーブルにまとめることができます

本記事の内容を動画でまとめています

目次

パワークエリで複数シートのデータを結合する

パワークエリで複数シートのデータを結合する、というのをやってみます。

複数シートのデータを結合したい

やりたいことは、複数シートのデータを結合したい、ということです。

イメージは、次のような感じです。

複数シートのデータを結合したい

やりたいことは、複数シートのデータを結合したい、ということです。

ポイントは、「ブックから」クエリを作成する、というところです。

では、実際にやってみます。

ブックからクエリを作成する

「ブックから」クエリを作成していきます。

「ブックから」クエリを作成する

「ブックから」クエリを作成します。

「ブックから」クエリを作成します

データが保存されているファイルを選択して、インポートを選択します。

ファイルの選択

データが保存されているファイルを選択して、インポートを選択します

「データの変換」をします。

データの変換をする

「ナビゲーター」の画面が表示されます。

「ナビゲーター」の画面が表示されます

「フォルダ」を選択するところがポイントです。

「フォルダ」を選択します

「データの変換」を選択します。

「データの変換」を選択します

「データの変換」を選択しました。

これで、「ブックから」クエリを作成することができます。

「ブックから」クエリを作成できた

「Power Query」エディターが表示されます

「Power Query」エディターが表示されました。

ブックからクエリを作成できました。

パワークエリで、データを整えていきます。

不要な列を削除

まずは、不要な列を削除していきます。

「Shift」を押しながらクリックで、不要な列を、選択します。

不要な列を選択

「Shift」を押しながらクリックで、不要な列を、選択します

右クリックをして、「列の削除」を選択します。

「列の削除」をする

右クリックをして、「列の削除」を選択します

不要な列を削除できます。

不要な列を削除できた

不要な列を削除できました

不要な列を削除できました。

データを展開する

シート毎のデータを展開していきます。

データを展開する

「Data」を展開していきます。

「Data」を展開していきます

展開するデータが表示されるので、「さらに読み込み」をクリックします。

展開するデータが表示されるので、「さらに読み込み」をクリックします

OKをクリックして、展開するデータを確定します。

OKをクリックして、展開するデータを確定します

データを展開することができます。

データを展開できた

データを展開することができました

データを展開することができました。

1行目をヘッダーとして使う

1行目をヘッダーとして、使います。

「1行目をヘッダーとして使う」を選択します。

「1行目をヘッダーとして使う」を選択

「1行目をヘッダーとして使う」を選択します

「1行目をヘッダー」にすることができます。

「1行目」をヘッダーにできた

「1行目をヘッダー」にすることができました

「1行目をヘッダー」にすることができました。

フィルターする

不要なデータをフィルターしていきます。

フィルターする

フィルターボタンをクリックします。

フィルターボタンをクリックします

「名前」のチェックをはずして、OKをクリックします。

「名前」のチェックをはずして、OKをクリックします

「名前」のチェックをはずして、OKをクリックしました。

必要なデータだけフィルタすることができます。

必要なデータだけフィルターできた

必要なデータだけフィルタすることができました

必要なデータだけフィルタすることができました。

データを整えることができました。

閉じて次に読み込む

データを整えることができたので、シートに読み込んでいきます。

「ホーム」タブ→「閉じて次に読み込む」をクリックします。

「閉じて次に読み込む」をクリック

「ホーム」タブ→「閉じて次に読み込む」をクリックします

読み込み先を指定する画面が表示されるので、読み込み先を指定していきます。

読み込み先を指定

読み込み先を指定する画面が表示されます。

読み込み先を指定する画面が表示されます

データの読み込み先を、「既存のワークシート」として、「参照ボタン」をクリックします。

データの読み込み先を、「既存のワークシート」として、「参照ボタン」をクリックします

データを読み込むセルを選択して、OKをクリックします。

データを読み込むセルを選択して、OKをクリックします

「読み込み」をクリックして、データを読み込みます。

「読み込み」をクリックして、データを読み込みます

「読み込み」をクリックして、データを読み込みました。

これで、複数シートのデータを結合することができます。

複数シートのデータを結合できた

複数シートのデータを結合することができました

複数シートのデータを結合することができました。

データの変更とシートを追加してみる

パワークエリを使うメリットは、データの更新が簡単にできる、というところです。

「データの変更」と「シートを追加」してみます。

データを変更してみる

Sheet3のデータを変更してみます。

Sheet3のデータを変更してみます

クエリを作成したファイルで、「データ」タブ→「更新ボタン」をクリックします。

クエリを作成したファイルで、「データ」タブ→「更新ボタン」をクリックします

データを変更することができます。

データを変更することができました

データを変更することができました。

簡単にデータを更新することができました。

シートを追加してみる

次は、「Sheet4」のシートを追加してみます。

「Sheet4」のシートを追加してみます

更新ボタンをクリックします。

更新ボタンをクリックします

データを追加することができます。

データを追加することができました

データを追加することができました。

シートの追加にも対応しています。

パワークエリ、便利です。

パワークエリで複数シートのテーブルを結合する

パワークエリで、複数シートの「テーブル」を結合することもできます。

ただし、データの更新に、「シートの追加」は対応していないので、シートを追加して更新したい場合は、元データを先ほど説明した「表」の形式にしましょう。

では、複数シートのテーブルを結合してみます。

複数シートのテーブルを結合したい

やりたいことは、複数シートのテーブルを結合したい、ということです。

イメージは、こんな感じです。

複数シートのテーブルを結合したい

やりたいことは、複数シートのテーブルを結合したい、ということです。

では、実際に複数シートのテーブルを結合してみます。

ブックからクエリを作成する

複数シートを扱う場合は、「ブックから」クエリを作成します。

「ブックから」クエリを作成する

「ブックから」クエリを作成します

データが保存されているファイルを選択して、インポートをクリックします。

ファイルの選択

データが保存されているファイルを選択して、インポートをクリックします

「ナビゲーター」が表示されるので「データの変換」を選択します。

データの変換をする

「ナビゲーター」の画面が表示されます。

「ナビゲーター」の画面が表示されます

ポイントは、「フォルダ」を選択するところです。

「フォルダ」を選択します

「データの変換」をクリックします。

「データの変換」をクリックします

「データの変換」をクリックしました。

これで、ブックからクエリを作成できます。

「ブックから」クエリを作成できた

ブックからクエリを作成できました

ブックからクエリを作成できました。

パワークエリを使って、データを整えていきます。

フィルターする

「テーブル」のデータだけがほしいので、「フィルター」していきます。

フィルタボタンから、「テーブル」だけをフィルタして、OKをクリックします。

フィルターする

フィルタボタンから、「テーブル」だけをフィルタして、OKをクリックします

これで、「テーブル」だけでフィルタできます。

「テーブル」だけでフィルタできた

「テーブル」だけでフィルタできました

「テーブル」だけでフィルタできました。

不要な列を削除

不要な列があるので、削除していきます。

不要な列を削除する

この部分は、不要なので削除していきます。

不要な列を削除していきます

Shiftを押しながら、不要な列を選択します。

Shiftを押しながら、不要な列を選択します

右クリックをして、「列の削除」を選択します。

右クリックをして、「列の削除」を選択します

右クリックをして、「列の削除」を選択しました。

これで、不要な列を削除できます。

不要な列を削除できた

不要な列を削除できました

不要な列を削除できました。

データを展開する

各テーブルのデータを展開していきます。

データを展開する

データを展開するボタンをクリックします。

データを展開するボタンをクリックします

展開する項目があるのを確認して、OKをクリックします。

展開する項目があるのを確認して、OKをクリックします

これで、データを展開することができます。

データを展開できた

データを展開することができました

データを展開することができました。

これで、データを整えることができました。

閉じて次に読み込む

作成したクエリを、シートに読み込んでいきます。

「ホーム」タブ→「閉じて次に読み込む」を選択します。

「閉じて次に読み込む」をクリック

「ホーム」タブ→「閉じて次に読み込む」を選択します

読み込み先を指定していきます。

読み込み先を指定

「読み込み先」を選択する画面が表示されます。

「読み込み先」を選択する画面が表示されます

データの読み込み先を、「既存のワークシート」にして、「参照ボタン」をクリックします。

データの読み込み先を、「既存のワークシート」にして、「参照ボタン」をクリックします

データを読み込むセルを選択して、「OK」をクリックします。

データを読み込むセルを選択して、「OK」をクリックします

「読み込み」を選択して、クエリを読み込みます。

「読み込み」を選択して、クエリを読み込みます

「読み込み」を選択して、クエリを読み込みました。

これで、複数シートの「テーブル」を結合することができます。

複数シートのテーブルを結合できた

複数シートの「テーブル」を結合することができました

複数シートの「テーブル」を結合することができました。

データの変更とシートを追加してみる

「データの変更」と「シートを追加」してみます。

元データがテーブルの場合は、「データの変更」は更新ボタンでできますけど、「シートの追加」はできないですね。

シートの追加がある場合は、元データには、「表」の形式を使いましょう。

まずは、データを変更してみます。

データを変更してみる

「テーブル3」のテーブルの値を変更してみます。

「テーブル3」のテーブルの値を変更してみます

「データ」タブ→「更新」をクリックします。

「データ」タブ→「更新」をクリックします

値を更新することができます。

値を更新することができました

値を更新することができました。

シートを追加してみる

シートを追加して、テーブルを増やしてみます。

これには対応していないですね。

やってみます。

シートを追加して、テーブルを増やしてみます

データの更新をします。

データの更新をします

テーブルの場合は、シートのデータを追加することができないです。

テーブルの場合は、シートのデータを追加することができないです

元データにシートを追加したい場合は、元データを表形式にしましょう。

おわりに

この記事では、Excelパワークエリで、複数シートのデータを1つのテーブルにまとめる方法について、ご紹介しました。

パワークエリで、「ブックから」クエリを作成することで複数シートのデータをまとめることができます。

元データのデータを変更したり、元データにシートを追加した場合でも、「更新」ボタンをクリックするだけで、データを更新することができるのが、パワークエリを使うメリットです。

少し注意する点として、元データが「テーブル」の場合は、シートを追加した場合に「更新」ボタンだけでは、データを更新することができません。

シートを追加してデータを更新したい場合は、元データを「表」の形式にしましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

アーカイブから探す