大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excel VBAでユーザーフォームを作成、削除、コピーする方法についてご紹介します。ユーザーフォームを使う上で作成、削除、コピーする方法は必要なスキルとなってきますのでご参考になるかと思います。

はじめに

この記事ではユーザーフォームの作成、削除、コピーする方法についてご紹介します。

ユーザーフォームの作成はユーザーフォームを使う第一歩となりますので最初に必要な知識になります。

ユーザーフォームを作成してく中でいらなくなったユーザーフォームを削除するも出てくかと思いますのでこれからご紹介する削除手順が参考になるかと思います。

さらにユーザーフォームを作成してくと別ブックにユーザーフォームをコピーする必要がでてきたりします。

その際はご紹介するユーザーフォームをコピーする方法が使えますので参考になるかと思います。

この記事で紹介すること

  • ユーザーフォームの作成
  • ユーザーフォームの削除
  • ユーザーフォームのコピー

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excel VBAでユーザーフォームの作成

Excel VBAでユーザーフォームを作成する方法についてご紹介します。

VBE画面を開く

まずはVBE画面を開きます。

これはVBAコードを記載する画面です。

ワークシート上で『Alt + F11』を押します。

次のような画面が表示されます。これがVBE画面です。

VBE画面を開く

VBE画面を開く

VBE画面を開けました。

『開発』タブの『Visual Basic』からも同じようにVBE画面を開けます。

タブから開く方法

VBE画面をタブから開く

タブからもVBE画面が開けますが、ショートカットの『Alt + F11』の方が簡単で早いです。

ユーザーフォームを作成する

次にVBE画面でユーザーフォームを作成します。

VBE画面のタブから『挿入』の『ユーザーフォーム』を選択します。

ユーザーフォームの作成

ユーザーフォームを作成する

ユーザーフォーム画面が挿入されます。

ユーザーフォーム

ユーザーフォームが作成される

ユーザーフォームが作成されました。

ツールボックスを表示

ツールボックスからユーザーフォームへ他のフォームを挿入することができます。

ツールボックスを開いてみます。

VBE画面のタブから『表示』の『ツールボックス』を選択します。

ツールボックスの表示

ツールボックスを表示する

ツールボックスが表示されます。

ツールボックス

ツールボックスが表示される

この中から好きなフォームを挿入していくことができます。

フォームを作成

ツールボックスからユーザーフォームへフォームを作成することができます。

ラベルを作成してみます。

ツールボックスのラベルをクリックしてカーソルをユーザーフォームへ移動させます。

ラベルをクリックしてユーザーフォームへ移動

ツールボックスのラベルをクリックしてカーソルをユーザーフォームへ移動する

ドラッグして挿入する大きさを設定します。

大きさを設定

ユーザーフォームでカーソルをドラッグして大きさを指定

これでラベルが挿入できます。

ラベルが作成できる

ユーザーフォームにラベルが作成される

ラベルが作成できました。

他にもテキストボックスやコンボボックス、リストボックスなどさまざまなフォームがあります。

テキストボックス

テキストボックス

コンボボックス

コンボボックス

リストボックス

リストボックス

などツールボックスからいろいろなフォームが作成することができます。

これでユーザーフォームでVBAコードを作成する入口に立つことができました。

Excel VBAでユーザーフォームの削除

Excel VBAのユーザーフォームを削除する方法についてご紹介します。

ユーザーフォームの解放

ユーザーフォームは解放することで削除することができます。

ユーザーフォームの解放はVBE画面からできます。

VBA画面のプロジェクトウィンドから削除したいユーザーフォームを右クリックします。

削除したいユーザーフォームを右クリック

プロジェクトウィンドから削除したいユーザーフォームを右クリック

プロパティがでてきますのでその中から『UserForm1の解放』を選択します。

解放を選択

プロパティからUserForm1の解放を選択する

メッセージが表示されます。

エクスポート有無の選択

ユーザーフォームを解放するかのメッセージが表示される

このメッセージは解放する前にユーザーフォームをエクスポート、つまり別で保存するかを確認しています。

別で保存したい場合はエクスポートしたいので『はい』を、別で保存する必要がない場合は『いいえ』をクリックします。

どちらでもユーザーフォームを削除することができます。

削除するときにエクスポートする

ユーザーフォームを削除、つまり解放する際にエクスポートする場合についてご紹介します。

ユーザーフォームを解放する前にエクスポートしてみます。

ユーザーフォームを解放して出てきたメッセージで『はい』をクリックします。

エクスポートして解放を選択

ユーザーフォームを解放してエクスポートする

エクスポートする場所を設定するダイアログがでてきます。

ダイアログが表示される

ユーザーフォームをエクスポートする場所選択用のダイアログ

保存したいフォルダを選択してダイアログの『保存』をクリックするとユーザーフォームが削除されます。

ユーザーフォームが削除される

ユーザーフォームが削除される

ダイアログで設定したフォルダには『UserForm1.frm』と『UserForm1.frx』というファイルが作成されます。

ユーザーフォームがエクスポートされる

ユーザーフォームがエクスポートされる

ユーザーフォームがこれら2つのファイルに保存されたことになります。

削除するときにエクスポートしない

ユーザーフォームを削除、つまり解放する際にエクスポートしない場合についてご紹介します。

ユーザーフォームを解放して出てきたメッセージで『いいえ』をクリックします。

エクスポートせずに削除を選択

ユーザーフォームをエクスポートせずに解放する

ユーザーフォームは別で保存されずユーザーフォームが削除されます。

ユーザーフォームが削除される

ユーザーフォームが削除される

ユーザーフォームが削除されました。

別ファイルで保存はされません。

Excel VBAでユーザーフォームのコピー

Excel VBAでユーザーフォームをコピーする方法についてご紹介します。

ユーザーフォームのコピーはエクスポートしたファイルをインポートすることでできます。

ユーザーフォームをエクスポート

まずはユーザーフォームをエクスポートします。

VBE画面のプロジェクトウィンドウからエクスポートしたいユーザーフォームを右クリックします。

エクスポートするユーザーフォームを選択

ユーザーフォームを右クリックしてプロパティを表示

プロパティが表示されるので『ファイルのエクスポート』を選択します。

エクスポートを選択

右クリックからファイルのエクスポートを選択する

ファイルのエクスポート先を選択するダイアログが表示されます。

ダイアログでエクスポート先を決定

ファイルのエクスポート先を選択するダイアログが表示

エクスポート先を選択して『保存』をクリックしてみます。

ユーザーフォームがエクスポートされる

エクスポートファイルが作成される

ダイアログで設定したフォルダに『UserForm1.frm』と『UserForm1.frx』が作成されました。

これがユーザーフォームをエクスポートしたファイルになります。

ユーザーフォームをインポート

続いてエクスポートしたファイルをコピーしたいエクセルファイルにインポートします。

マクロファイル『Book2.xlsm』というファイルにユーザーフォームをコピーしてみます。

まずはマクロファイルBook2.xlsmを開いてVBE画面を表示します。

別ブックのVBE画面を開く

Book2.xlsmのVBE画面を開く

VBE画面のプロジェクトウィンドウの中で右クリックします。

右クリックでプロパティを表示

プロジェクトウィンドウのプロパティが表示

プロジェクトウィンドウのプロパティが表示されます。

この中から『ファイルのインポート』をクリックします。

インポートを選択

ファイルのインポートをクリックする

インポートするファイルを設定するダイアログが表示されます。

ダイアログが表示される

インポートするファイルを選択するダイアログが表示される

先ほどエクスポートした『UserForm1.frm』を選択して『開く』をクリックします。

ダイアログでインポートするファイルを選択

インポートするファイルを選択して開く

マクロファイルBook2.xlsmのフォームの中に『UserForm1』というファイルがインポートされます。

ユーザーフォームのコピー完了

ユーザーフォームがインポートされる

ユーザーフォーム『UserForm1』がインポートされました。

これでユーザーフォームをコピーすることができます。

おわりに

この記事ではユーザーフォームの作成、削除、コピーする方法についてご紹介しました。

ユーザーフォームの作成はユーザーフォームを使う第一歩となりますので最初に必要な知識になります。

ユーザーフォームを作成してく中でいらなくなったユーザーフォームを削除するも出てくかと思いますので今回ご紹介した削除する手順が参考になるかと思います。

さらにユーザーフォームを作成してくと別ブックにユーザーフォームをコピーする必要がでてきたりします。

その際はユーザーフォームをコピーする方法が使えます。

参考になればと思います。最後までご覧くださいましてありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す