大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、ピボットテーブルの空白行を、非表示にする方法について、ご紹介します。空白行があるのは、元データの範囲に空白データが入っているためです。フィルターを使う、空白行を削除する、元データの範囲を変更する、という方法で解決できます。

はじめに

この記事では、ピボットテーブルの空白行を、非表示にする方法について、ご紹介します。

空白行を非表示にするには、次の3つの方法があります。

  • フィルターを使って空白を除外する
  • 元データの空白行を削除する
  • 元データの範囲を変更する

という感じです。

一時的に非表示にしたい場合は、「フィルター」を使う方法がいいです。

ピボットテーブルから削除したい場合は、「元データの範囲を変更」しましょう。

ピボットテーブルの元データに「テーブル」を使うと、次のメリットがあります。

  • 空白データの確認がしやすい
  • データの追加が簡単
  • 元データの範囲の変更が簡単

そもそも元データに空白行を作る必要がなくなりますし、空白行が入っていても簡単に削除できます。

では、ピボットテーブルの空白行を、非表示にする方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • ピボットテーブルの空白行を非表示にする方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelでピボットテーブルに空白行が表示される

ピボットテーブルに「空白行」が表示されることがあります。

どんなものかみてみます。

空白行が表示される

こんな感じで、空白行が表示されることがあります。

空白行が表示される

ピボットテーブルに空白行が表示される

これは、ピボットテーブルの元データに空白データがあるためです。

ピボットテーブルの範囲に空白データがあるため

ピボットテーブルの範囲に、「空白データ」を含んでいます。

元データに「空白データ」を含んでいるから

ピボットテーブルの範囲に空白データを含んでいるためです

おそらく、元データの範囲変更をしなくてもいいように、もともと大きめの範囲にしていた可能性があります。

もしくは、元データの行を削除せず、データのみを削除した場合です。

この空白行を、非表示にする方法について、3つご紹介します。

Excelでピボットテーブルの空白行を非表示にする

ピボットテーブルの空白行を非表示にする方法は、3つあります。

  • フィルターを使って空白を除外する
  • 元データの空白行を削除する
  • 元データの範囲を変更する

という感じです。

フィルターを使って空白を除外する

「フィルター」を使って空白を除外してみます。

ピボットテーブルの矢印ボタンを選択します。

矢印ボタンをクリック

ピボットテーブルのフィルターを選択します

ピボットテーブルのフィルターメニューから、「空白行を外して」OKをクリックです。

空白を除外する

ピボットテーブルのフィルターメニューから空白行を外してOKをクリックする

これで、ピボットテーブルの空白行がなくなります。

空白行が非表示になる

ピボットテーブルの空白行がなくなる

ピボットテーブルの空白行を非表示にできました。

元データの空白行を削除する

次は、「元データの空白行を削除する」という方法です。

元データの空白行を削除する

元データの空白行を選択して、行の見出しを「右クリック」します。

元データの空白行を選択して行の見出しを右クリックする

右クリックメニューの中から、「削除」をクリックです。

右クリックメニューの中から削除をクリックする

これで、元データの空白行を削除できます。

元データの空白行を削除できた

元データの空白行を削除できました。

ピボットテーブルを「選択」して、「分析」タブ→「更新ボタン」をクリックします。

ピボットテーブルを更新する

ピボットテーブルを選択して分析タブ→更新ボタンをクリックする

ピボットテーブルの空白行を、削除できます。

空白行を削除できた

ピボットテーブルの空白行を削除できる

ピボットテーブルの空白行を、削除できました。

元データの範囲を変更する

3つ目は、「元データの範囲を変更する」という方法です。

元データの範囲を変更する

ピボットテーブルを「選択」して、「分析」タブ→「データソースの変更」をクリックします。

ピボットテーブルを選択して分析タブ→データソースの変更をクリック

ピボットテーブルの「データソースの変更画面」が表示されます。

ピボットテーブルのデータソースの変更が画面が表示される

空白行以外を選択して、OKをクリックです。

空白行以外を選択してOKをクリックする

ピボットテーブルの空白行を、削除できます。

空白行を削除できた

ピボットテーブルの空白行を削除できる

ピボットテーブルの空白行を、削除できました。

こんな感じで、フィルターを使うか、元データの変更で、空白行を非表示にできます。

元データをテーブルにすると空白行はなくなります

元データをテーブルにすると、空白行が表示される場面を減らすことができます。

元データがテーブルだと、

  • 空白データの確認がしやすい
  • データの追加が簡単
  • 元データの範囲の変更が簡単

というメリットがあるからです。

では、元データをテーブルにしてテーブルを作成してみます。

テーブルからピボットテーブルを作成

テーブルからピボットテーブルを作成します。

最初に表をテーブルに変換します。

表をテーブルに変換

表全体を選択して、「挿入」タブ→「テーブル」をクリックです。

表全体を選択して挿入タブ→テーブルをクリックする

テーブルの作成画面が出るので、OKをクリックします。

テーブルの作成画面が出るのでOKをクリックする

これで、表をテーブルに変換できます。

表をテーブルに変換できた

表をテーブルに変換できました。

ピボットテーブルを作成

テーブルを選択して、「挿入」タブ→「ピボットテーブル」を選択します。

テーブルを選択して挿入タブ→ピボットテーブルを選択する

ピボットテーブルの作成画面が出るので、OKをクリックです。

ピボットテーブルの作成画面が出るのでOKをクリック

ピボットテーブルが作成されるので、行、列、値のフィールドを設定します。

ピボットテーブルが作成されるので行、列、値のフィールドを設定する

これで、テーブルからピボットテーブルが作成できます。

テーブルからピボットテーブルが作成できる

テーブルからピボットテーブルが作成できました。

元データにデータを追加してみる

元データがテーブルだと、データの追加が簡単です。

元データにデータを追加してみます。

元データにデータを追加

元データのテーブルにデータを追加する

ピボットテーブルを選択して、「分析」タブ→「更新ボタン」をクリックです。

ピボットテーブルを更新する

ピボットテーブルを選択して分析タブ→更新ボタンをクリックする

これで、ピボットテーブルにデータを追加できます。

データを追加できた

ピボットテーブルにデータを追加できた

ピボットテーブルに、データを追加できました。

空白行を削除する

空白行を削除するのも、簡単です。

「空白データ」を含んだテーブルから、ピボットテーブルを作成してみます。

空白データを含んだピボットテーブルを作成

テーブルに空白行を追加してピボットテーブルを作成する

この空白行を削除してみます。

テーブルの空白行を削除する

テーブルの右下の端をクリックします。

テーブルの右下の端をクリックする

データが入力されているところまで、ドラッグします。

データが入力されているところまでドラッグする

これで、テーブルから空白データを削除できます。

テーブルから空白行を削除できた

テーブルから空白データを削除できました。

ピボットテーブルを選択して、「分析」タブ→「更新ボタン」をクリックします。

ピボットテーブルを更新

ピボットテーブルを選択して分析タブ→更新ボタンをクリックする

これで、ピボットテーブルの空白行を、削除できます。

空白行を削除できた

ピボットテーブルの空白行を削除できた

ピボットテーブルの空白行を、削除できました。

こんな感じで、「テーブル」を使うと、「データの追加」や「空白行の削除」が簡単です。

おわりに

この記事では、ピボットテーブルの空白行を、非表示にする方法について、ご紹介しました。

空白行を非表示にするには、次の3つの方法があります。

  • フィルターを使って空白を除外する
  • 元データの空白行を削除する
  • 元データの範囲を変更する

という感じです。

一時的に非表示にしたい場合は、「フィルター」を使う方法がいいです。

ピボットテーブルから削除したい場合は、「元データの範囲を変更」しましょう。

ピボットテーブルの元データに「テーブル」を使うと、次のメリットがあります。

  • 空白データの確認がしやすい
  • データの追加が簡単
  • 元データの範囲の変更が簡単

そもそも元データに空白行を作る必要がなくなりますし、空白行が入っていても簡単に削除できます。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す