大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

記事(2022年6月)から探す

Excel VBAで、シートの見出し色を設定するには「.Tab.Color」で、解除するには「.Tab.ColorIndex」を使うとできます。シートをループして、条件分岐すると、特定シートの見出し色を設定することができます。シートの見出し色を設定する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート名の一覧を取得するには、シートをループして「.Name」を使うとできます。シート名の一覧を取得して、配列に格納したり、シートに入力したりできます。シート名の一覧を取得する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート名を検索するには、シートをループして、一致するシート名があるかを判定します。部分一致で検索したい場合は、「InStr」を使うとできます。シート名を検索する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートの存在をチェックするには、シートをループして、シート名の有無を確認するとできます。シートの存在を確認して、シート名を操作することで、エラーを回避してシート名を操作することができます。シートの存在を確認する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート数を取得するには「Sheets.Count」を使います。シート数を取得できれば、最終シートにコピーや、最終シートに移動、最終シートに追加、すべてのシートをループ、シートの存在をチェック、シートを検索といったことができるようになります。シート数を取得して、うまくシートを操作していきましょう。

Excel VBAで、同じシートを複数作成するには、「.Copy」を繰り返すとできます。コピーしたシートの名前を変更したい場合は、アクティブシートの名前を変更するとできます。自動で同じシートを複数作成できれば、業務を効率化することができます。同じシートを複数作成する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを昇順や降順で並び替えたい場合は、バブルソートを使って、Moveでシートを移動することで、並び替えることができます。シートが大量にある場合で、シートを並び替えしたい場合は、自動で並び替えができるようにしていきましょう。

Excel VBAで、シートをクリアするには、「.ClearContents」「.Delete」「.Clear」「.DrawingObjects.Delete」を使います。値のみのクリアや、シートの初期化、範囲を指定してクリアする方法がわかります。シートのクリア方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、結合セルの行の高さを自動調整するには、作業セルに値を転記して、作業セルで行の高さを自動調整することでできます。出力用のシートでは、セル結合する必要がある場合がありますので、結合セルの行の高さを自動調整する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを追加したい場合は「.Add」を使います。先頭や最後にシートを追加したい場合は、「before:=」や「after:=」を使ってシートを追加します。複数シートを追加したい場合は「count:=」か「.Add」をループするとできます。シートの追加方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを削除するには、「.Delete」を使います。メッセージを非表示にして強制的に削除したい場合は、「Application.DisplayAlerts = False」を使います。エラー回避のため、シートの存在を確認してから削除するといいです。シートの削除方法をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを移動したい場合は、「.Move」を使って「before:=」や「after:=」に移動先のシートを指定することでできます。別ブックへの移動は、「.Move」のみを入力します。複数シートの移動は、「配列」を使います。シートの操作方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを特定シートや、先頭、末尾にコピーしたい場合は、「before:=」や「after:=」を使って、シートを指定することでできます。新規ブックにコピーしたい場合は、「.Copy」で、複数シートをコピーの場合は、「配列」を使うという感じです。シートをコピーする方法をマスターしていきましょう。

Excel VBAで、シート名を取得したり変更するには、「.Name」を使います。シートの指定方法は、「アクティブシート」や「シートインデックス」、「シートオブジェクト」を使う方法がありますので、それぞれ解説していきます。シート名の取得や変更する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、シートを選択する方法は3つあって、「シート名」と「シートインデックスを」、「シートオブジェクト」を使う方法になります。複数シートを選択したい場合は「.Select」の引数に「False」を使うか、「配列」を使うとできます。シートの選択方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAを使って、シートを指定する際は、「Sheets(値)」というように値を入力する必要があります。なので、シート名をセルから取得する場合は、セル範囲に「.Value」を付けるか、変数に入力してシートを指定します。シートの操作をマスターして、実務でVBAを活用していきましょう。

Excel VBAで、シートを指定する方法として、アクティブシートを指定、シート名を使う、シートインデックスを使う、シートオブジェクトを使う方法があります。Excel VBAを使う上で、シートを指定する方法はかなり重要になってきます。シートを指定する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、条件に一致した行を削除するには、「シートをループ」して条件一致の行を削除する方法と、「オートフィルタ」を使って、フィルタ結果を削除する方法があります。条件一致の行を削除する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、複数シートを1つのシートにまとめるには、シートをループしてまとめ用シートに値を転記するとできます。転記する方法として、「.Copy」もしくは「配列」を使う方法があります。シート名もまとめたいという場合には「配列」が便利です。複数シートをまとめる方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAもしくは、パワークエリを使って、2つのシートを比較して、過不足データの確認や、不一致のデータを塗りつぶしする方法について、ご紹介します。2つのシートを比較したい場合は、「完全外部」で比較すると便利です。2つのシートを比較する方法について、マスターしていきましょう。

Excel VBAで、Dictionaryを使って複数条件で検索するには、検索値を区切り文字で結合して、登録することでできます。検索する際には、検索値を区切り文字で結合して、検索するという感じです。Dictionaryをうまく使って、VBAの処理を高速化していきましょう。

Excel VBAで、ユーザーフォームからデータベースの値を取得する方法と、データベースに値を入力する方法について、ご紹介します。ユーザーフォームをうまく使うと、入力作業を効率化することができます。ユーザーフォームを作成する方法をマスターしてきましょう。

カテゴリから探す

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。