大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

記事一覧から探す

Excelで、指定した文字列を含むセルをカウントする方法について、ご紹介します。指定した文字列をカウントするには、「COUNTIF関数」と「ワイルドカード」を使います。複数条件で検索したい場合は、「COUNTIFS関数」です。具体的に解説していきます。

Excelで、文字列や数値を入力したセルの個数を、カウントする方法について、ご紹介します。値が入力されたセルの個数をカウントするには、「COUNTA関数」を使います。入力された値が、数値や文字列に関係なく、カウントしてくれるので便利です。COUNTA関数と、他のExcel関数を組み合わせると、さらに便利に使うことができます。

Excelで、文字列の有無を判定する方法について、ご紹介します。文字列の有無を判定する方法は、2つあって、「ISTEXT関数」と「ISNONTEXT関数」を使う方法です。ISTEXT関数は、「文字列」の場合に「TRUE」となります。反対に、ISNONTEXT関数は、「文字列以外」の場合に「TRUE」となります。文字列の有無の判定には、「ISTEXT関数」を使う方が簡単です。

Excelで、文字列エラーを消す方法について、ご紹介します。文字列エラーを消すには、2つ方法があって、「エラーを無視する」をクリックするか、「Excelオプション」を使う方法です。1つのエラーだけを消したい場合は、「エラーを無視する」をクリックすると簡単です。エラーが複数ある場合は、「Excelオプション」を使うと便利です。

Excelで、入力した値が文字列にならいないのを解消する方法について、ご紹介します。入力した値を文字列にするには、表示形式を変更したあと、セルをアクティブにして、Enterで確定すると、文字列に変更することができます。複数のセルを文字列に変更したい場合は、「区切り位置」を使うと便利です。

Excelで、入力した値が文字列になるのを解消する方法について、ご紹介します。入力した数値や数式が文字列になるのは、表示形式が「文字列」になっているからです。表示形式を「標準」にして、セルをアクティブにしたあと、Enterで確定すると、表示形式を「標準」に変更することができます。大量のセルで表示形式を変更したい場合は、「区切り位置」を使うと便利です。

Excelで、文字列を折り返したり揃える方法について、ご紹介します。文字列を折り返すには、「折り返して全体を表示する」を選択することでできます。文字列を揃えるには、セルの書式設定から「横位置」を「両端揃え」にするとできます。具体的に解説していきます。

Excelで、数値を文字列として扱う方法について、ご紹介します。方法は、3つあって、「'」、「区切り位置」、「TEXT関数」を使うという方法です。一番簡単なのは、「'」を使う方法になります。大量の変換が必要な場合には、「区切り位置」が便利です。

Excelで、一括で文字列を数値に変換する方法と、一括で数値を文字列に変換する方法について、ご紹介します。一括で数値や文字列に変換するには、「区切り位置」を使います。表示形式を含めて文字列に変換する際はTEXT関数を使いましょう。具体的に解説していきます。

Excelで、文字列としてコピーして貼り付ける方法について、ご紹介します。方法は2つあって、「メモ帳」もしくは「TEXT関数」を使う方法です。TEXT関数だと、表示形式を指定して文字列に変換したあと、文字列としてコピーして貼り付けすることができます。「メモ帳」を使うと表示形式を指定しなくても、表示形式を含めて文字列としてコピーして貼付けができます。

Excelで、数式を文字列に変換する方法について、ご紹介します。数式を文字列に変換する方法は、2つあって、「FORMULATEXT関数」と「区切り位置」を使う方法です。変換した数式文字列を別で参照する場合は、「FORMULATEXT関数」が便利です。変換するだけとか、一括で変換の場合は、「区切り位置」を使いましょう。

Excelで、数値を文字列に変換する方法について、ご紹介します。数値を文字列に変換するには、「TEXT関数」、「区切り位置」、「メモ帳」を使う方法があります。状況に応じて、使い分けていきましょう。

Excelで、文字列を数式として認識する方法について、ご紹介します。結論から言うと、文字列を数式として認識するExcel関数はありません。代替案としては、「数式文字列を数式に変換する」方法と、「Excel VBAを使ってしまう」という方法があります。まずは、数式に変換する方法を検討してみて、ダメならVBAを使うという方向でいきましょう。

Excelで、文字列を数値に変換する方法について、ご紹介します。文字列を数値に変換するには、「VALUE関数」と「区切り位置」を使う方法があります。自動で変換したい場合は、「VALUE関数」が便利です。一回だけ変換したいとか、数式ではなく値にしたい場合は、「区切り位置」を使うと簡単です。

Excelで、文字列を追加する方法について、ご紹介します。文字列を追加する方法は、2つあって、REPLACE関数とTEXT関数です。数値に文字列を追加する場合は、TEXT関数を使うと簡単になる場合があります。文字列に対して文字列を追加する場合は、REPLACE関数を使いましょう。

Excel VBAで、テキストボックスの値を検索する方法について、ご紹介します。テキストボックスの値を検索するには、まず「.TextFrame.Characters.Text」でテキストを取得します。テキストを取得できれば、「InStr」で値が検索できます。あとは、「For Each」を使って、シート内の全てのテキストボックスを検索する、という感じです。

Excel VBAで、オートシェイプを画像として保存する方法を、ご紹介します。オートシェイプは、直接、画像として保存できません。なので、オートシェイプをチャートにコピーして、チャートを画像として保存する、という方法を使います。ポイントとなるVBAコードは、「CopyPicture」と「ChartObjects」です。具体的に解説していきます。

Excel VBAで、図形にマクロを登録するマクロを、ご紹介します。図形にマクロを登録するマクロは、「OnAction」です。「図形.OnAction = "登録するマクロ名"」で登録することができます。削除する場合は、「図形.OnAction = ""」です。具体的に解説していきます。

4

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。