大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、シリアル値を日付型や文字列に変換する方法について、ご紹介します。シリアル値が取得できれば、日付型や文字列の日付への変換、日付の計算や比較ができます。日付の変換に使うのは、表示形式やTEXT関数、VALUE関数です。日付の変換に慣れていきましょう。

はじめに

この記事では、シリアル値を、日付型に変換したり、文字列に変換する方法について、ご紹介します。

Excelで、日付は、「シリアル値」で管理されています。

シリアル値は、1900/1/1が「1」とした連番です。

シリアル値が取得できれば、日付型に変換したり、文字列に変換したり、日付の計算や比較ができるので、便利です。

シリアル値、日付型、文字列の日付など、日付の変換になれていきましょう。

では、シリアル値を、日付型に変換したり、文字列に変換する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • シリアル値を日付型に変換
  • シリアル値を文字列の日付に変換
  • 文字列の日付をシリアル値に変換
  • 8桁の数値をシリアル値に変換

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

シリアル値とは

シリアル値とは、1900年1月1日を「1」として、日付を連番で管理したものです。

あまり意味がわからないですよね。

日付を入力していて、変な数字が出てきたことないですか。

「シリアル値」を表示してみる

日付を入力してみます。

日付を入力

表示形式を「標準」に変更してみます。

表示形式を「標準」に変更

変な数字がでてきます。

「シリアル値」が表示される

シリアル値が表示される

この「44317」がシリアル値です。

Excelの中で、日付は、この「シリアル値」で管理されています。

シリアル値の一番小さい値が、「1」です。

日付でいうと「1900年1月1日」になります。

1900/1/1を「1」で管理している

日付「1900/1/1」をシリアル値に変換してみます。

1900/1/1を入力

この日付をシリアル値に変換してみます。

表示形式を「標準」に変更してみる

シリアル値に変更されます。

1900/1/1を「1」で管理

シリアル値に変換される

結果は、「1」となりました。

その次の日の「1900/1/2」は、シリアル値が「2」となります。

日付は、見た目が日付型に変更されているだけで、Excelではこの「シリアル値」で管理されているんですね。

Excelでシリアル値を日付型に変換

シリアル値を「日付型」に変換する方法です。

シリアル値で、「44317」と表示されても「何日なの?」と人間には理解できません。

なので、シリアル値を「日付型」に変換して、日付を扱います。

ちょっとやってみます。

表示形式を「日付」に変更する

表示形式を「日付」に変更して、シリアル値を「日付型」に変更してみます。

シリアル値を入力しました。

シリアル値を入力

シリアル値を入力

表示形式を変更します。

「ホーム」タブから「数値」を選択します。

「短い日付形式」を選択

ホームタブから数値を選択する

「短い日付形式」を選択してみます。

「日付型」に変換される

表示形式を短い日付形式に変更する

シリアル値が、「2021/5/1」の日付型に変換されました。

こんな感じで、日付は、シリアル値ではなく、「日付型」に変換して使います。

Excelでシリアル値と文字列の変換

シリアル値を文字列に変換したり、文字列をシリアル値に変換したりする方法を、ご紹介します。

実務では、日付が文字列で入力されていたりしますので、日付の変換に強くなりましょう。

シリアル値を文字列に変換(TEXT関数)

シリアル値を文字列にするには、「TEXT関数」を使います。

TEXT関数を使えば、西暦や和暦などの、文字列の日付に変換できます。

TEXT関数は、こんな感じで入力します。

=TEXT(A1,""yyyy/m/d"")

では、セルに入力してみます。

「文字列」の日付に変換

TEXT関数を使ってシリアル値を文字列に変換

結果は、「"2021/5/1"」となりました。

値が左に寄っているので、「文字列」ですね。

文字列をシリアル値に変換(VALUE関数)

次は、反対に、文字列をシリアル値に変換してみます。

文字列のままでは、日付の計算や比較ができません。

文字列からシリアル値に変換すると、日付の計算や比較ができるようになります。

使うExcel関数は、「VALUE関数」です。

次のようにセルに入力します。

=VALUE(A1)

では、セルに数式を入力してみます。

文字列の日付を「シリアル値」に変換

VALUE関数を使って文字列をシリアル値に変換した結果

結果は、「44317」とシリアル値になりました。

シリアル値に変換できれば、あとは、表示形式で日付型に変換するなど、日付を自由に扱えるようになります。

Excelで8桁の数値をシリアル値に変換

8桁の数値を、シリアル値に変換する、というのをやってみます。

実務では、たまにありますね。

日付が、8桁の数値で表示されている場合です。

8桁の数値で表示されていると、日付の計算や比較が難しいので、これもシリアル値に変換できると、日付の計算が楽になります。

VALUE関数とTEXT関数を使う

8桁の数値を、シリアル値に変換するには、「TEXT関数」と「VALUE関数」を使います。

まずは、TEXT関数で文字列の日付に変換します。

入力する数式は、次の通りです。

=TEXT(A1,""0000!/00!/00"")

では、セルに入力してみます。

「文字列」の日付に変換

TEXT関数を使って8桁の数値を文字列の日付に変換

結果は、「"2021/5/1"」となりました。

値が左に寄っているので、この時点では、まだ「文字列」です。

次にVALUE関数を使います。

次のようにVALUE関数を入力します。

=VALUE(A3)

では、セルに入力してみます。

文字列の日付を「シリアル値」に変換

VALUE関数で文字列の日付をシリアル値に変換する

結果は、「44317」と「シリアル値」に変換できました。

TEXT関数とVALUE関数をまとめると、次のようになります。

=VALUE(TEXT(A1,""0000!/00!/00""))

セルに入力してみます。

TEXT関数とVALUE関数をまとめる

TEXT関数とVALUE関数をまとめる

結果は、先ほどと同じで「44317」です。

シリアル値がわかれば、あとは、表示形式で日付型にするなり、計算や比較に使うなり、自由に日付を扱えます。

おわりに

この記事では、シリアル値を、日付型に変換したり、文字列に変換する方法について、ご紹介しました。

Excelで、日付は、「シリアル値」で管理されています。

シリアル値は、1900/1/1を「1」とした連番となっています。

シリアル値が取得できれば、日付型に変換したり、文字列に変換したり、日付の計算や比較ができるので、便利です。

シリアル値、日付型、文字列の日付など、日付の変換になれていきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す