大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excel VBAで文字列を大文字に変換するUcaseと、小文字へ変換するLcaseについてご紹介します。UcaseとLcaseが使える場面は、大文字と小文字が混在した文字列で、比較したり、検索、判定するときです。UcaseもしくはLcaseを使えば簡単に、比較、検索、判定ができます。

はじめに

この記事では、文字列を大文字、小文字に変換する方法と実践例についてご紹介します。

大文字に変換したい場合は、Ucase、小文字に変換したい場合は、Lcaseでできます。

大文字や小文字が混ざった文字列を、比較したり、検索、判定したい場合には、Ucaseを使って文字列を大文字に統一する方法が使えます。

では解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 文字列を大文字に変換する方法
  • 文字列を小文字に変換する方法

目次

ポイントとなるVBAコード

初めに、ポイントとなるVBAコードについて記載しておきます。

サッと思い出したい場合にどうぞ。

b = UCase(a) '大文字に変換
b = LCase(a) '小文字に変換

では使い方、実践例について解説していきます。

VBAで文字列を大文字へ変換(Ucase)

Excel VBAで小文字を大文字に変換する方法についてご紹介します。

使い方

アルファベットの文字列を、小文字から大文字に変換するには、『Ucase』を使うとできます。

使い方は、

『変換後の文字列 = Ucase(文字列)』

というように入力します。

では、小文字を大文字に変換する例をいくつか挙げていきます。

1文字を変換

1文字の小文字を大文字に変換してみます。

『a』を大文字に変換するVBAコードです。

Sub TEST1()
    
    a = "a"
    
    b = UCase(a) '大文字に変換
    
    MsgBox b
    
End Sub

では、結果をみてみます。

1文字を大文字に変換

Ucaseで1文字を大文字に変換した結果

『A』となりました。

大文字に変換できています。

複数文字を変換 

複数の文字も一括で大文字に変換できます。

文字列『abc』を大文字に変換するVBAコードです。

Sub TEST2()
    
    a = "abc"
    
    b = UCase(a) '大文字に変換
    
    MsgBox b
    
End Sub

大文字に変換した結果です。

複数の文字を大文字に変換

Ucaseで複数の文字を大文字に変換した結果

結果は、『ABC』となりました。

複数文字でも、一括で大文字に変換できます。

大文字と小文字を混ぜて変換

大文字と小文字が混ざった文字列でも、すべて大文字に変換することができます。

文字列『abcDEF』を大文字に変換してみます。

Sub TEST3()
    
    a = "abcDEF"
    
    b = UCase(a) '大文字に変換
    
    MsgBox b
    
End Sub

結果です。

大文字と小文字が混在している場合

大文字と小文字が混ざった文字列を大文字に変換した結果

結果は、『ABCDEF』となって、大文字に変換できました。

セルの値を変換

セルに入力された文字列も、大文字に変換できます。

文字列『結果は、abcです』の、小文字の部分を大文字に変換するVBAコードです。

Sub TEST4()
    
    With ActiveSheet
        '大文字に変換
        .Cells(1, 1) = UCase(.Cells(1, 1))
    End With
    
End Sub

結果は、こちらのようになります。

セルの値を大文字に変換

Ucaseでセルに入力された文字列を大文字に変換した結果

小文字の部分が、大文字に変換されました。

VBAで文字列を小文字へ変換(Lcase)

Exce VBAで、文字列を小文字へ変換する方法についてご紹介します。

使い方

アルファベットの文字列を、大文字から小文字に変換するには、『Lcase』を使うとできます。

使い方は、

『変換後の文字列 = Lcase(文字列)』

というように入力します。

では、大文字を小文字に変換する例をいくつか挙げていきます。

1文字を変換

1文字の大文字を小文字に変換してみます。

『A』を小文字に変換するVBAコードです。

Sub TEST5()
    
    a = "A"
    
    b = LCase(a) '小文字に変換
    
    MsgBox b
    
End Sub

では、結果をみてみます。

1文字を小文字に変換

Lcaseで1文字を小文字に変換した結果

『a』となりました。

小文字に変換できています。

複数文字を変換 

複数の文字も一括で小文字に変換できます。

文字列『ABC』を小文字に変換するVBAコードです。

Sub TEST6()
    
    a = "ABC"
    
    b = LCase(a) '小文字に変換
    
    MsgBox b
    
End Sub

小文字に変換した結果です。

複数の文字を小文字に変換

Lcaseで複数の文字を小文字に変換した結果

結果は、『abc』となりました。

複数文字でも、一括で小文字に変換できます。

大文字と小文字を混ぜて変換

大文字と小文字が混ざった文字列でも、すべて小文字に変換することができます。

文字列『abcDEF』を小文字に変換してみます。

Sub TEST7()
    
    a = "abcDEF"
    
    b = LCase(a) '小文字に変換
    
    MsgBox b
    
End Sub

結果です。

大文字と小文字が混在している場合

大文字と小文字が混ざった文字列を小文字に変換した結果

結果は、『abcdef』となって、すべて小文字に変換できました。

セルの値を変換

セルに入力された文字列も、小文字に変換できます。

文字列『結果は、XYZです』の、大文字の部分を小文字に変換するVBAコードです。

Sub TEST8()
    
    With ActiveSheet
        '小文字に変換
        .Cells(1, 1) = LCase(.Cells(1, 1))
    End With
    
End Sub

結果は、こちらのようになります。

セルの値を小文字に変換

Lcaseでセルに入力された文字列を小文字に変換した結果

大文字の部分が、小文字に変換されました。

実践例

大文字もしくは小文字に変換するUcase、Lcaseを活用した実践例をみてみます。

大文字と小文字が統一されていない場合、2つの文字列を比較したり、検索、判定することができません。

その解決策は、比較や検索、判定する文字列をUcaseを使って大文字に統一することです。

もちろん、Lcaseを使って小文字に統一でもできます。

文字列を大文字に統一して、比較したり、検索、判定する例を挙げていきます。

興味がある項目だけをみるといいかと思います。

すべて大文字へ変換して比較

文字列『ABC』と『abc』を比較した場合、もちろん不一致となります。

大文字と小文字を区別せず、比較したい場合には、Ucaseを使って文字列を統一して比較します。

次のようなVBAコードです。

Sub TEST9()
    
    a = UCase("ABC") '大文字に変換
    b = UCase("abc") '大文字に変換
    
    '比較
    If a = b Then
        MsgBox "一致します"
    End If
    
End Sub

VBAコードを実行してみます。

大文字と小文字を区別せず、文字列を比較

大文字と小文字を区別せず、文字列を比較した結果

結果は、『一致します』となりました。

すべて大文字へ変換してInStrで検索

文字列『ABC』から『a』を検索した場合、検索結果は、0となります。

大文字と小文字を区別せず、検索したい場合には、Ucaseを使って文字列を統一して検索します。

次のようなVBAコードです。

Sub TEST10()
    
    a = UCase("ABC") '大文字に変換
    b = UCase("a") '大文字に変換
    
    '文字列を検索
    If InStr(a, b) > 0 Then
        MsgBox "含まれます"
    End If
    
End Sub

VBAコードを実行してみます。

大文字と小文字を区別せず、文字列を検索

大文字と小文字を区別せず、文字列を検索した結果

結果は、『含まれます』となりました。

すべて大文字へ変換してLikeで判定

文字列『ABC』と『a*』が一致するか判定した場合、結果は一致しないとなります。

大文字と小文字を区別せず、判定させたい場合には、Ucaseを使って文字列を統一して判定させます。

次のようなVBAコードです。

Sub TEST11()
    
    a = UCase("ABC") '大文字に変換
    b = UCase("a*") '大文字に変換
    
    '文字列を判定
    If a Like b Then
        MsgBox "一致します"
    End If
    
End Sub

VBAコードを実行してみます。

大文字と小文字を区別せず、文字列を判定

大文字と小文字を区別せず、文字列を判定した結果

結果は、『一致します』となりました。

大文字と小文字が混ざった文字列で、文字列を比較したり、検索、判定したい場合は、大文字に統一しましょう。

おわりに

この記事では、文字列を大文字、小文字に変換する方法と実践例についてご紹介しました。

大文字に変換したい場合は、Ucase、小文字に変換したい場合は、Lcaseでできます。

大文字や小文字が混ざった文字列を、比較したり、検索、判定したい場合には、Ucaseを使って文字列を大文字に統一する方法が使えます。

参考になればと思います。最後までご覧くださいましてありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す