大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excel VBAで、図形にマクロを登録するマクロを、ご紹介します。図形にマクロを登録するマクロは、「OnAction」です。「図形.OnAction = "登録するマクロ名"」で登録することができます。削除する場合は、「図形.OnAction = ""」です。具体的に解説していきます。

はじめに

この記事では、図形にマクロを登録するマクロについて、ご紹介しました。

図形にマクロを登録するマクロは、「OnAction」です。

「図形.OnAction = "登録するマクロ名"」という感じで、図形にマクロを登録することができます。

削除する場合は、「図形.OnAction = ""」を入力して、削除です。

大量の図形にマクロを登録したいとか、図形へのマクロの登録を自動化したい、といった場合に使えます。

では、図形にマクロを登録するマクロについて、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 図形にマクロを登録するマクロ

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

VBAコードまとめ

図形にマクロを登録するマクロを、まとめておきました。

VBAコードだけ確認したい場合に、ご活用ください。

'図形へのマクロの登録と削除
ActiveSheet.Shapes("正方形/長方形 1").OnAction = "登録するマクロ" '図形にマクロを登録
ActiveSheet.Shapes("正方形/長方形 1").OnAction = "" '図形に登録したマクロを削除

では、解説していきます。

VBAで図形にマクロを登録するマクロ

VBAで、図形にマクロを登録するマクロは、「OnAction」です。

OnActionを使う

図形にマクロを登録するには、「OnAction」を使って、こんな感じで入力します。

図形.OnAction = "登録するマクロ名"

という感じです。

では、実際に図形にマクロを登録してみます。

マクロで図形にマクロを登録してみる

マクロで図形にマクロを登録してみます。

VBAコードは、こんな感じになります。

Sub TEST1()
    
    '図形にマクロを登録
    ActiveSheet.Shapes("正方形/長方形 1").OnAction = "TEST2"
    
End Sub

登録するマクロは、適当に、メッセージボックスを表示するマクロを用意しました。

'登録するマクロ
Sub TEST2()
    
    MsgBox "マクロが登録されています"
    
End Sub

この図形にマクロを登録してみます。

図形を用意

図形を用意

では、実行してマクロを登録してみます。

VBAコードを実行する

実行しても、特に動きはありません。

図形をクリックしてみる

では、マクロが登録されているか、図形をクリックして確認してみます。

図形をクリックして確認

図形をクリックしてマクロが登録されているか確認

メッセージボックスが、表示されました。

マクロが登録されています。

マクロのオプションを確認

図形の「マクロの登録」を確認してみます。

「マクロの登録」を確認

図形のマクロの登録を確認

「TEST2」というマクロが登録されていますね。

こんな感じで、「OnAction」を使うと、マクロで図形にマクロを登録できます。

VBAで図形に登録したマクロを削除するマクロ

次は、図形に登録したマクロを削除するマクロです。

使うVBAコードは、先ほどと同じで、「OnAction」です。

OnActionに空白""を設定

図形に登録しているマクロを削除するには、「OnAction」に「空白""」を入力します。

こんな感じです。

図形.OnAction = ""

では、実際にやってみます。

マクロで図形に登録しているマクロを削除

マクロが登録されている図形から、マクロを削除してみます。

VBAコードは、こんな感じです。

Sub TEST3()
    
    '図形に登録したマクロを削除
    ActiveSheet.Shapes("正方形/長方形 1").OnAction = ""
    
End Sub

「TEST2」のマクロが登録されている図形で、実行してみます。

マクロが登録されている図形

マクロが登録されている図形

では、実行します。

マクロの登録を削除

マクロを実行しても、特に動きはありません。

図形をクリックしてみる

では、図形をクリックしてみます。

マクロの登録が削除されているか確認

マクロが削除されているか図形をクリックして確認する

普通に、図形が選択できました。

登録していたマクロは、実行されません。

図形に登録されていたマクロの登録が、削除されています。

マクロをのオプションを確認

図形の「マクロの登録」を確認してみます。

「マクロの記録」で登録が削除されているか確認

図形のマクロの登録を確認

マクロ名が「正方形長方形1_Click」となっていて、初期設定に戻っているのがわかります。

登録していた「TEST2」のマクロの登録が、削除できています。

こんな感じで、図形にマクロを使ってマクロを登録したり削除するには、「OnAction」を使います。

大量の図形にマクロを登録しないといけないとか、図形へのマクロの登録を自動化したい場合に、使えるテクニックです。

おわりに

この記事では、図形にマクロを登録するマクロについて、ご紹介しました。

図形にマクロを登録するマクロは、「OnAction」です。

「図形.OnAction = "登録するマクロ名"」という感じで、図形にマクロを登録することができます。

削除する場合は、「図形.OnAction = ""」を入力して、削除です。

大量の図形にマクロを登録したいとか、図形へのマクロの登録を自動化したい、といった場合に使えます。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す