大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、ピボットテーブルの並び替えをする方法について、ご紹介します。ピボットテーブルを並び替えするには、「手動」と「矢印ボタン」を使う方法があります。簡単に並び替えたい場合は「手動」で並び替えをします。昇順や降順、任意の並び替えをしたい場合は、「矢印ボタン」です。

はじめに

この記事では、ピボットテーブルを並び替えする方法について、ご紹介します。

ピボットテーブルを並び替える方法は、2つあります。

  • 手動で並び替える
  • 矢印ボタンを使って並び替える

という感じです。

一部の項目を並び替えするには、「手動」でやると簡単です。

矢印ボタンを使って並び替えると、簡単ですし楽です。

ラベルや値を、昇順や降順に、並び替えることができます。

ユーザー設定リストを使うと、任意の順番で並び替えをすることもできます。

では、ピボットテーブルを並び替えする方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • ピボットテーブルを並び替えする方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelのピボットテーブルを手動で並び替え

ピボットテーブルを「手動」で並び替えてみます。

手動で並び替える

次のピボットテーブルを作成しておきました。

ピボットテーブルを作成

ピボットテーブルを作成

ピボットテーブルの行を、手動で並び替えてみます。

行を手動で並び替える

「行」の端っこをクリックした状態にします。

並び替えたいピボットテーブルの行の端っこをクリック

移動したい場所まで、行をドラッグします。

並び替えたいピボットテーブルの行までドラッグする

これで、「行」を手動で並び替えることができます。

手動で行のピボットテーブルの並び替えができる

手動で「行」を並び替えることができました。

次は、列を手動で並び替えてみます

列を手動で並び替える

並び替えたい列の端っこをクリックした状態にします。

並び替えたいピボットテーブルの列の端っこをクリック

移動したい列まで、ドラッグします。

並び替えたいピボットテーブルの列までドラッグする

これで、ピボットテーブルの「列」を手動で並び替えることができます。

手動でピボットテーブルの列の並び替えができる

手動で列を並び替えることができました。

Excelのピボットテーブルを矢印ボタンで並び替え

ピボットテーブルを「矢印ボタン」で並び替えてみます。

矢印ボタンを使う場合は、昇順や降順に並び替えたい場合に便利です。

矢印ボタンで並び替え

「矢印ボタン」で「行」を「昇順」に並び替えてみます。

「行」を昇順に並び替えたい

やりたいのは、「行」を昇順に並び替えるということです。

ピボットテーブルの行を昇順にしたい

「行」の「矢印ボタン」をクリックします。

ピボットテーブルの行の矢印ボタンをクリック

メニューの中から「昇順」をクリックします。

ピボットテーブルのメニューから昇順をクリック

これで、「行」を昇順に並び替えることができます。

ピボットテーブルの行を昇順に並び替える

「行」を「昇順」に並び替えることができました。

「列」を昇順に並び替えたい

次は、「列」を昇順に並び替えてみます。

ピボットテーブルの列を昇順にしたい

「列」の「矢印ボタン」をクリックします。

ピボットテーブルの列の矢印ボタンをクリック

メニューの中から「昇順」をクリックします。

ピボットテーブルのメニューから昇順をクリック

これで、「列」を「昇順」に並び替えることができます。

ピボットテーブルの列を昇順に並び替える

「列」を「昇順」に並び替えることができました。

行ラベルが2項目ある場合の並び替え

行ラベルが「2項目」ある場合の並び替えをやってみます。

ポイントは、並び替えたいラベルを選択して、矢印ボタンをクリックです。

では、やってみます。

行ラベルの「1項目目」を降順に並び替える

行ラベルの「1項目目」を降順に並び替えてみます。

ピボットテーブルの行で1項目目を降順に並び替えたい

「1項目目のラベル」を選択して、「矢印ボタン」をクリックです。

ピボットテーブルの1項目目の行ラベルを選択して矢印ボタンをクリック

「降順」に並び替えます。

ピボットテーブルを降順に並び替える

これで、「1項目目のラベル」を「降順」で並び替えることができます。

ピボットテーブルの行で1項目目を降順にできる

「1項目目のラベル」を、降順で並び替えることができました。

行ラベルの「2項目目」を降順に並び替える

次は、行ラベルの「2項目目」を降順に並び替えます。

ピボットテーブルの行で2項目目を降順に並び替えたい

「2項目目」の行ラベルを「選択」して、「矢印ボタン」をクリックします。

ピボットテーブルの2項目目の行ラベルを選択して矢印ボタンをクリック

「降順」に並び替えます。

ピボットテーブルを降順に並び替える

これで、「2項目目」の行ラベルを降順に並び替えることができます。

ピボットテーブルの行で2項目目を降順にできる

「2項目目」の行ラベルを降順に並び替えることができました。

矢印ボタンがない項目を並び替え

「矢印ボタンがない」項目を並び替えしてみます。

行の「1項目目の値」を昇順に並び替える

1項目目の「行ラベルの値」を昇順に並び替えてみます。

ピボットテーブルの行で1項目目の値を昇順に並び替えたい

1項目目の「行ラベルの値」のところで、「右クリック」します。

ピボットテーブルの行で1項目目の値を右クリック

右クリックメニューから「並べ替え」→「昇順」をクリックします。

ピボットテーブルのメニューから昇順を選択

これで、1項目目の「行ラベルの値」で、昇順に並び替えることができます。

ピボットテーブルの行で1項目目の値を昇順にできた

1項目目の「行ラベルの値」で、昇順に並び替えることができました。

行の「2項目目の値」を昇順に並び替える

2項目目の「行ラベルの値」を昇順に並び替えてみます。

ピボットテーブルの行で2項目目の値を昇順に並び替えたい

2項目目の「行ラベルの値」のところで、「右クリック」します。

ピボットテーブルの行で2項目目の値を右クリック

右クリックメニューから「並べ替え」→「昇順」をクリックします。

ピボットテーブルのメニューから昇順を選択

これで、2項目目の「行ラベルの値」で、昇順に並び替えることができます。

ピボットテーブルの行で2項目目の値を昇順にできた

2項目目の「行ラベルの値」で、昇順に並び替えることができました。

ユーザー設定リストで並び替え

次は、「任意の順番」で並び替えをしてみます。

使うのは、「ユーザー設定リスト」です。

次のように「役職順」で並び替えがしたいです。

「役職順」で並び替えたい

ピボットテーブルを任意の順番で並び替えたい

「ユーザー設定リスト」を使って、任意の順番で並び替えをしていきます。

先に、並び替えをしたい順番のリストを作成しておきます。

並び替えたいリストを作成

別のシートに並び替えたい順番のリストを作成

「ユーザー設定リスト」を設定します。

ユーザー設定リスを入力する

Excelのオプションを開きます。

Excelのオプションを開く

「詳細設定」→「ユーザー設定リストの編集」をクリックします。

詳細設定からユーザー設定リストの編集を選択

ユーザー設定リストを参照するボタンをクリックです。

ユーザー設定リストの範囲を選択するボタンをクリック

先ほど作成しておいた任意の順番リストの範囲を参照します。

作成しておいた任意の順番リストを選択する

「インポート」をクリックです。

ユーザー設定リストのインポートをクリックする

「ユーザー設定リスト」が設定されますので、「OK」をクリックです。

ユーザー設定リストに任意で作成したリストが登録されるのでOKをクリック

次は、ピボットテーブルのオプションを設定していきます。

ピボットテーブルのオプションを設定する

ピボットテーブル内を右クリックします。

ピボットテーブル内を右クリックする

「ピボットテーブルのオプション」を選択します。

ピボットテーブルのオプションを選択する

「並べ替え時にユーザー設定リストを使用する」にチェックが入っているかを確認します。

ピボットテーブルオプションの集計とフィルターで並び替え時にユーザー設定リストを使用するにチェックを入れる

ピボットテーブルで「昇順」に並び替えてみます。

矢印ボタンで「昇順」に並び替える

「矢印ボタン」をクリックです。

ピボットテーブルの行で矢印ボタンをクリックする

「昇順」を選択します。

ピボットテーブルのメニューから昇順をクリックする

これで、「役職順」に並び替えができます。

「役職順」に並び替えができた

ピボットテーブルの行がユーザー設定リストで設定した順番に並ぶ

「役職順」に並び替えができました。

おわりに

この記事では、ピボットテーブルを並び替えする方法について、ご紹介しました。

ピボットテーブルを並び替える方法は、2つあります。

  • 手動で並び替える
  • 矢印ボタンを使って並び替える

という感じです。

一部の項目を並び替えするには、「手動」でやると簡単です。

矢印ボタンを使って並び替えると、簡単ですし楽です。

ラベルや値を、昇順や降順に並び替えることができます。

ユーザー設定リストを使うと、任意の順番で並び替えをすることができます。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す