大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excel VBAで、「デバッグ」する方法について、ご紹介します。「デバッグ」とはプログラムのミスを発見する、という意味です。デバッグする際に役立つのが、「ステップインでの実行」や、「ブレークポイント」、「変数の中身を確認する方法」です。うまくデバッグできるようにマスターしていきましょう。

はじめに

この記事では、「デバッグ」のやり方について、ご紹介します。

「デバッグ」とは、プログラムのミスを発見する、という意味です。

デバッグをする際に、次の方法が役に立ちます。

  • ステップインで実行する
  • ブレークポイントを使う

デバッグをする際には、変数の中身を確認したい、という場合が多いです。

変数の中身を実行するには、次の方法があります。

  • マウスオーバーで確認する
  • メッセージボックスを使う
  • イミディエイトウィンドウを使う
  • ローカルウィンドウを使う

という方法です。

ステップインでの実行や、ブレークポイントをうまく使って、変数の中身を確認することで、うまく「デバッグ」していきましょう。

では、「デバッグ」のやり方について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 「デバッグ」する方法

目次

ステップインで実行してデバッグする

「ステップイン」で実行すると、「1コード」ずつ実行することができるので、デバッグする際に使えます。

ステップインで実行する

「ステップイン」で実行してみます。

「デバッグ」→「ステップイン」で実行します。

「ステップイン」で実行

「デバッグ」→「ステップイン」で実行します

これで、1コードずつ実行することができます。

「1コード」ずつ実行できる

1コードずつ実行することができます
1コードずつ実行することができます
1コードずつ実行することができます
1コードずつ実行することができます
1コードずつ実行することができます

という感じで、1コードずつ実行することができました。

ショートカットキー(F8)を使う

ショートカットキー(F8)を使うと、簡単にステップインで実行ができます。

コード内で「F8」キーを押すことで「ステップイン」で実行できます。

「F8」キーで「ステップイン」で実行

コード内で「F8」キーを押すことで「ステップイン」で実行できます

これで、1コードずつ実行することができます。

「1コード」ずつ実行できる

1コードずつ実行することができます
1コードずつ実行することができます
1コードずつ実行することができます
1コードずつ実行することができます
1コードずつ実行することができます

1コードずつ実行することができました。

ブレークポイントを使ってデバッグする

「ブレークポイント」を使うと、確認したいコードや変数の前まで実行することができるので、デバッグする際に使えます。

ブレークポイントを使ってデバッグ

「ブレークポイント」を使って途中まで実行してみます。

ブレークポイントを設定

ブレークポイントをつけたいコードの左端でクリックをします。

ブレークポイントをつけたいコードの左端でクリックをします

「ブレークポイント」をつけることができます。

「ブレークポイント」をつけることができます

「ブレークポイント」をつけることができました。

「F5」キーで実行すると、ブレークポイントの前まで実行することができます。

「F5」キーでブレークポイントの前まで実行

「F5」キーで実行すると、ブレークポイントの前まで実行することができます

ブレークポイントの前まで実行することができました。

これで、確認したいところを重点的に確認することができます。

ブレークポイントの設定と解除

ブレークポイントの設定と解除する方法です。

「ブレークポイント」の設定

コードの左側をクリックするとブレークポイントをつけることができます。

コードの左側をクリックするとブレークポイントをつけることができます

「ブレークポイント」をつけることができます。

「ブレークポイント」をつけることができました

「ブレークポイント」をつけることができました。

「ブレークポイント」の解除

「ブレークポイント」をクリックすると解除できます。

「ブレークポイント」をクリックすると解除できます

「ブレークポイント」を解除できます。

「ブレークポイント」を解除できました

「ブレークポイント」を解除できました。

こんな感じで、左端をクリックすることで、簡単にブレークポイントの設定と解除ができます。

「複数」のブレークポイントをつけることもできます。

「複数」のブレークポイントの設定

「複数」のブレークポイントをつけることもできます

「複数」のブレークポイントをつけることができました。

すべてのブレークポイントの解除

複数のブレークポイントがついている場合、一つずつ解除していると大変です。

複数のブレークポイント

複数のブレークポイントがついている場合です

すべてのブレークポイントを、一度に解除してみます。

すべてのブレークポイントの解除

「デバッグ」→「すべてのブレークポイントの解除」を選択します。

「デバッグ」→「すべてのブレークポイントの解除」を選択します

すべてのブレークポイントを解除することができます。

すべてのブレークポイントを解除することができます

すべてのブレークポイントを解除することができました。

「Ctrl + Shift + F9」ですべてのブレークポイントの解除

「Ctrl + Shift + F9」でもすべてのブレークポイントを解除することができます。

ショートカットキーを使った方が、簡単に解除できるので便利です。

「Ctrl + Shift + F9」でもすべてのブレークポイントを解除することができます

ショートカットキーで「すべてのブレークポイント」を解除できます。

ショートカットキーで「すべてのブレークポイント」を解除できました

ショートカットキーで「すべてのブレークポイント」を解除できました。

ブレークポイントは、結構使いますので、設定と解除について、覚えておいて損はないです。

変数の中身を確認する

「変数の中身」を確認するする方法です。

デバッグする際には、変数の中身を確認したい場合が多いです。

変数の中身を確認する次の4つの方法をご紹介します。

  • マウスオーバーで確認する
  • メッセージボックスを使う
  • イミディエイトウィンドウを使う
  • ローカルウィンドウを使う

という感じです。

では、それぞれやってみます。

マウスオーバーで確認する

「マウスオーバー」で変数の中身を確認してみます。

確認したい変数の前まで実行

最初に、確認したい変数の前まで実行しておきます。

ブレークポイントをつけます。

ブレークポイントをつけます

ブレークポイントの前まで実行します。

ブレークポイントの前まで実行します

ブレークポイントの前まで実行しました。

カーソルを「変数」のところに持っていくと、変数の中身が確認できます。

マウスオーバーで変数の中身を確認

カーソルを「変数」のところに持っていくと、変数の中身が確認できます

変数の中身が確認できました。

メッセージボックスを使う

メッセージボックスを使って、変数の中身を確認してみます。

メッセージボックスをコードの中に記述しておいて、実行します。

「MsgBox」を記述しておく

メッセージボックスをコードの中に記述しておいて、実行します

メッセージボックスで「変数の中身」が確認できます。

「変数の中身」を確認できた

メッセージボックスで「変数の中身」が確認できます

メッセージボックスで「変数の中身」が確認できました。

イミディエイトウィンドウを使う

イミディエイトウィンドウを使って、変数の中身を確認してみます。

「Debug.Print」をコードの中に記述しておいて、実行します。

「Debug.Print」を記述しておく

「Debug.Print」をコードの中に記述しておいて、実行します

イミディエイトウィンドウで、「変数の中身」が確認できます。

「変数の中身」が確認できた

イミディエイトウィンドウで、「変数の中身」が確認できました

イミディエイトウィンドウで、「変数の中身」が確認できました。

ローカルウィンドウを使う

ローカルウィンドウを使って、「変数の中身」を確認してみます。

「変数の中身」を確認

ブレークポイントをつけます。

ブレークポイントをつけます

ブレークポイントの前まで実行します。

ブレークポイントの前まで実行します

これで、ローカルウィンドウで、「変数の中身」を確認することができます。

ローカルウィンドウで、「変数の中身」を確認することができます

「変数の中身」を確認することができました。

「配列の中身」も確認できる

ローカルウィンドウでは、「配列」の中身も確認することができるので、便利です。

配列を用意して、途中まで実行してみます。

「配列」の中身が確認できるかやってみます

ローカルウィンドウで、配列の中身を確認してみます。

ローカルウィンドウを使えば、「配列の中身」も確認することができます

「配列の中身」も確認することができました。

こんな感じで、ローカルウィンドウを使えば、配列の中身も確認できるので便利です。

おわりに

この記事では、「デバッグ」のやり方について、ご紹介しました。

「デバッグ」とは、プログラムのミスを発見する、という意味です。

デバッグをする際に、次の方法が役に立ちます。

  • ステップインで実行する
  • ブレークポイントを使う

デバッグをする際には、変数の中身を確認したい、という場合が多いです。

変数の中身を実行するには、次の方法があります。

  • マウスオーバーで確認する
  • メッセージボックスを使う
  • イミディエイトウィンドウを使う
  • ローカルウィンドウを使う

という方法です。

ステップインでの実行や、ブレークポイントをうまく使って、変数の中身を確認することで、うまく「デバッグ」していきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

アーカイブから探す