大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、日付から日本語の曜日と、英語の曜日を取得する方法について、ご紹介します。日本語の表記や、英語の表記で、曜日を取得するには、表示形式に「aaa」や「ddd」を使います。具体的な例を挙げて、解説していきます。

はじめに

この記事では、曜日を「日本語」で表示する方法と、「英語」で表示する方法について、ご紹介します。

日本語で表示するには、表示形式として、「aaaa」や「aaa」を使います。

英語で表示するには、表示形式は、「dddd」や「ddd」となります。

では、曜日を「日本語」と「英語」で表示する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 日付から曜日を「日本語」で表示する方法
  • 日付から曜日を「英語」で表示する方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで曜日を日本語で表示(aaaaとaaa)

Excelで、日付から日本語の曜日を、表示する方法について、ご紹介します。

日本語の曜日を表示するには、「"aaaa"」や「"aaa"」を使います。

日付から曜日を表示するには、「TEXT関数」と「書式設定の表示形式」がありますので、それぞれで表示してみます。

TEXT関数を使う

TEXT関数を使って、日付から「日本語」の曜日を表示してみます。

日本語の曜日には、長い曜日と短い曜日があります。

それぞれ、次のように表示形式を指定して表示します。

・長い日本語の曜日:"aaaa"

・短い日本語の曜日:"aaa"

という感じです。

長い日本語の曜日"aaaa"

長い日本語の曜日を、TEXT関数を使って表示してみます。

次のように、「TEXT関数」を入力して、セルに入力した日付を参照します。

TEXT関数でセルに入力した日付を参照する

長い日本語の曜日を表示するので、表示形式は「"aaaa"」と入力します。

TEXT関数の表示形式を

右カッコで閉じて、Enterで確定します。

TEXT関数を右カッコで閉じてEnterで確定する

長い日本語の曜日で表示した結果を見てみます。

TEXT関数で長い日本語の曜日を表示した結果

結果は、「木曜日」となりました。

長い日本語の曜日を、表示できています。

短い日本語の曜日"aaa"

次は、短い日本語の曜日を、TEXT関数を使って表示してみます。

短い日本語の曜日を表示するので、表示形式は「"aaa"」と入力します。

TEXT関数の表示形式を

短い日本語の曜日で、表示した結果を見てみます。

TEXT関数で短い日本語の曜日を表示した結果

結果は、「木」となりました。

短い日本語の曜日を、表示できています。

書式設定の表示形式を使う

次は、書式設定の表示形式を使って、日本語の曜日を表示してみます。

書式設定の表示形式についても、同じように表示形式に「"aaaa"」と「"aaa"」を使います。

  • 長い日本語の曜日:aaaa
  • 短い日本語の曜日:aaa

という感じで、先ほどのTEXT関数と同じです。

それぞれ表示してみます。

長い日本語の曜日(aaaa)

書式設定の表示形式で、長い日本語の曜日を、表示してみます。

セルに日付を入力しておきます。

セルに日付を入力

右クリックメニューを表示します。

右クリックメニューを表示します

「セルの書式設定」を選択します。

「セルの書式設定」が表示されます。

セルの書式設定が表示される

「ユーザー定義」を選択します。

ユーザー定義を選択します

「種類」に「aaaa」を入力します。

種類にaaaaを入力する

「OK」をクリックして、確定します。

では、結果を見てみます。

書式設定の表示形式で長い日本語の曜日を表示した結果

結果は、「木曜日」となりました。

長い日本語の曜日を表示できました。

書式設定の表示形式の場合は、入力されている値は、日付のままとなります。

短い日本語の曜日(aaa)

次は、書式設定の表示形式で、短い日本語の曜日を、表示してみます。

セルに日付を入力しておきます。

セルに日付を入力

先ほどと同じように、右クリックメニューの書式設定から、ユーザー定義を表示します。

「種類」に「aaa」を入力します。

種類にaaaを入力する

「OK」をクリックして、確定します。

では、結果を見てみます。

書式設定の表示形式で短い日本語の曜日を表示した結果

結果は、「木」となりました。

短い日本語の曜日を表示できました。

書式設定の表示形式の場合は、入力されている値は、日付のままとなります。

Excelで曜日を英語で表示(ddddとddd)

Excelで、日付から英語の曜日を、表示する方法について、ご紹介します。

英語の曜日を表示するには、「"dddd"」や「"ddd"」を使います。

日付から曜日を表示するには、「TEXT関数」と「書式設定の表示形式」がありますので、それぞれで表示してみます。

TEXT関数を使う

TEXT関数を使って、日付から「英語」の曜日を表示してみます。

英語の曜日には、長い曜日と短い曜日があります。

それぞれ、次のように表示形式を指定して表示します。

・長い英語の曜日:"dddd"

・短い英語の曜日:"ddd"

という感じです。

長い英語の曜日"dddd"

長い英語の曜日を、TEXT関数を使って表示してみます。

次のように、「TEXT関数」を入力して、セルに入力した日付を参照します。

TEXT関数でセルに入力した日付を参照する

長い英語の曜日を表示するので、表示形式は「"dddd"」と入力します。

TEXT関数の表示形式を

右カッコで閉じて、Enterで確定します。

TEXT関数を右カッコで閉じてEnterで確定する

長い英語の曜日で表示した結果を見てみます。

TEXT関数で長い英語の曜日を表示した結果

結果は、「Thursday」となりました。

長い英語の曜日を、表示できています。

短い英語の曜日"ddd"

次は、短い英語の曜日を、TEXT関数を使って表示してみます。

短い英語の曜日を表示するので、表示形式は「"ddd"」と入力します。

TEXT関数の表示形式を

短い英語の曜日で、表示した結果を見てみます。

TEXT関数で短い英語の曜日を表示した結果

結果は、「Thu」となりました。

短い英語の曜日を、表示できています。

書式設定の表示形式を使う

次は、書式設定の表示形式を使って、英語の曜日を表示してみます。

書式設定の表示形式についても、同じように表示形式に「"dddd"」と「"ddd"」を使います。

  • 長い英語の曜日:dddd
  • 短い英語の曜日:ddd

という感じで、先ほどのTEXT関数と同じです。

それぞれ表示してみます。

長い英語の曜日(dddd)

書式設定の表示形式で、長い英語の曜日を、表示してみます。

セルに日付を入力しておきます。

セルに日付を入力

右クリックメニューを表示します。

右クリックメニューを表示します

「セルの書式設定」を選択します。

「セルの書式設定」が表示されます。

セルの書式設定が表示される

「ユーザー定義」を選択します。

ユーザー定義を選択します

「種類」に「dddd」を入力します。

種類にddddを入力する

「OK」をクリックして、確定します。

では、結果を見てみます。

書式設定の表示形式で長い英語の曜日を表示した結果

結果は、「Thursday」となりました。

長い英語の曜日を表示できました。

書式設定の表示形式の場合は、入力されている値は、日付のままとなります。

短い英語の曜日(ddd)

次は、書式設定の表示形式で、短い英語の曜日を、表示してみます。

セルに日付を入力しておきます。

セルに日付を入力

先ほどと同じように、右クリックメニューの書式設定から、ユーザー定義を表示します。

「種類」に「ddd」を入力します。

種類にdddを入力する

「OK」をクリックして、確定します。

では、結果を見てみます。

書式設定の表示形式で短い英語の曜日を表示した結果

結果は、「Thu」となりました。

短い英語の曜日を表示できました。

書式設定の表示形式の場合は、入力されている値は、日付のままとなります。

おわりに

この記事では、曜日を「日本語」で表示する方法と、「英語」で表示する方法について、ご紹介しました。

日本語で表示するには、表示形式として、「aaaa」や「aaa」を使います。

英語で表示するには、表示形式は、「dddd」や「ddd」となります。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す