大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

記事(2020年10月)から探す

Excel VBAで時間から時、分、秒を取得する方法をご紹介します。時、分、秒を取得する方法は、それぞれHour、Minute、Secondを使う方法と、Formatを使う方法があります。場面に応じて使い分けていきましょう。

Excel VBAで現在の時間を取得してセルに入力する方法について、ご紹介します。現在の時間を取得する方法は2つあって、『Now』と『Time』です。現在の時間だけを取得したい場合は、Timeで取得することができます。

Excel VBAで日付を比較する方法と、差分を出す方法についてご紹介します。日付を比較するには、比較演算子を使うとできます。日付の差分は、DateDiffを使えば簡単です。DateDiffを応用すれば、月の何週目かを取得することができます。

Excel VBAで日付を1日加算したり、引き算したり計算する方法についてご紹介します。日付の計算は、DateAddを使えば簡単にできます。年、月、日、週を進ませたり、戻したりしたい場合は、DateAddを使いましょう。

Excel VBAで日付のフォーマットを変換する方法についてご紹介します。日付のフォーマットを変換するには、Formatを使えばできます。Formatを使えば、西暦、和暦、曜日を加える、などの書式変更ができます。Format、優秀です。

Excel VBAで文字列が日付かどうかをチェックして判定する方法についてご紹介します。日付かどうかの判定は、IsDateを使うとできます。IsDateを使う場面としては、文字列を日付型に変換するときです。日付と認識できない場合、エラーとなってしますので、エラー処理をするためIsDateが使えます。

Excel VBAで日付を文字列に変換する方法をご紹介します。簡単な方法は、CStrを使う方法です。和暦に変換したり、日付に曜日もつけて文字列に変換したい、といった場合は、Formatが使えます。

Excel VBAで文字列や数値を日付に変換する方法についてご紹介します。文字列や数値を日付に変換すれば、簡単に日付の比較や計算ができます。文字列や数値を日付に変換するポイントを『CDate』、『Format』、『IsDate』を使って説明していきます。

Excel VBAで年、月、日の数値を日付に変換する方法についてご紹介します。VBA関数のDateSerialを使えばできます。日付に変換すれば、日付の比較や計算が簡単にできるようになります。年月日の数値を合体させて日付にしたい場合は、DateSerialを使いましょう。

Excel VBAで日付から年月日と曜日を取得する方法についてご紹介します。日付から年だけを取得したいとか、曜日だけを取得したい、といった場合に参考になります。VBA関数のYear、Month、Day、WeekDay、Formatを使って年月日と曜日を取得します。

Excel VBAで今日の日付を取得してセルに入力する方法についてご紹介します。今日の日付を取得する方法は2つあって、NowとDateです。現在日付だけ取得したい場合は、Dateで取得することができます。

Excel VBAでセルの表示形式を日付や数値に変換する方法をご紹介します。日付や数値以外にも、よく使いそうな表示形式をまとめましたので、ド忘れしちゃったというような場合にご活用ください。

Excel VBAで文字列を数値に変換する方法と、数値を文字列に変換する方法についてご紹介します。文字列⇔数値の変換は、ValとCStrでできます。このValとCStrを覚えておけば数値と文字列の扱いが楽になります。

Excel VBAで文字列を比較する方法についてご紹介します。文字列を単純に比較するのは簡単です。ですが、大文字や小文字、全角、半角が文字列に混ざっていると比較が難しくなります。StrCompを使うと、文字の種類を区別せず、簡単に比較ができます。

Excel VBAで文字列を大文字に変換するUcaseと、小文字へ変換するLcaseについてご紹介します。UcaseとLcaseが使える場面は、大文字と小文字が混在した文字列で、比較したり、検索、判定するときです。UcaseもしくはLcaseを使えば簡単に、比較、検索、判定ができます。

Excel VBAで全角の文字列を半角に変換する方法と、半角の文字列を全角に変換する方法についてご紹介します。全角と半角の変換はStrConvを使うとできます。全角もしくは半角に変換する具体例と、StrConvを使った実践例について説明します。

Excel VBAで文字列をSplitを使って分割する方法についてご紹介します。Splitで分割すると返り値は配列に保存されるのがポイントです。改行、コンマ、半角スペース区切りで文字列を分割する具体的な例を挙げて解説します。

Excel VBAで文字列を結合する『&』と『Join』について説明します。文字列を結合する際に、文字列を変数に入れて繰り返し結合することができます。高速に文字列を結合したい場合は、『Join』がおすすめです。

Excel VBAで文字列をLikeを使って判定する方法についてご紹介します。Likeの中でワイルドカードやNotを使えば、複雑な文字列の判定をすることができます。

Excel VBAで複数条件と複数の文字列で検索して判定する方法についてご紹介します。複数条件で文字列を判定するには、InStrを組み合わせてVBAコードを組むことでできます。複数文字列の検索は、InStrとDo Whileを組み合わせるとできます。

Excel VBAで文字列を後ろから検索する方法をご紹介します。後ろから文字列の位置を検索するのは、VBA関数のInStrRevを使えばできます。InStrRevの基本的な使い方と使う場面について説明します。

Excel VBAで特定の文字列を含むかを検索して判定する方法についてご紹介します。VBA関数のInStrを使えば文字列を含むかの判定ができます。さらにInStrを応用すると、文字列の位置を取得して氏名の分割や、カッコ内の文字列を切り出したりすることができます。

Excel VBAで文字列を削除する方法についてご紹介します。文字列を削除する方法は2パターンあって、文字列を置換して削除する方法と、文字列の範囲を置換して削除する方法です。Replace、Substitute、Right、Leftを使った方法をご紹介します。

Excel VBAで文字列を置換する方法についてご紹介します。文字列を置換する方法は4つあります。VBA関数のReplaceとMid、ワークシート関数のSubstituteとReplaceです。使いたい場面に応じて使い分けるといいです。

Excel VBAで文字列の長さを取得する方法についてご紹介します。文字列の長さは、LenもしくはLenBを使えばできます。実用例としては文字数制限や、全角と半角を区別して文字列の長さを取得する。といったものがあります。

Excel VBAでUTF-8形式のテキストファイルからデータの読み込みと出力する方法をまとめました。UTF-8はテキストデータのスタンダードになっていますのでVBAでテキストファイルを操作したい場合に参考になるかと思います。

Excel VBAで全角と半角を区別して文字列を切り出す方法についてご紹介します。LeftB、RightB、MidBとStrConvを組み合わせることで全角は2バイト、半角は1バイトで切り出すことができます。

Excel VBAで文字列を切り出す方法とその実用例についてご紹介します。文字列を左から、右から、中間を切り出すには、Left、Right、Midでできます。

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。