大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelのパワークエリで、データを照合してテーブルを結合するには、「クエリのマージ」を使います。VLOOKUP関数のようにデータを検索して引っ張ってくることができます。3つ以上のクエリを結合したい場合は「ブックから」クエリを作成すると便利です。パワークエリでのデータの取得と変換を使いこなしていきましょう。

はじめに

この記事では、パワークエリでテーブルを照合して、結合する方法について、ご紹介します。

テーブルを照合して結合するには、「クエリのマージ」を使います。

イメージは、VLOOKUP関数と同じようにデータを引っ張ってくる感じです。

複数のテーブルに保存されたデータをまとめる際に使えます。

クエリを作成する際は、「テーブルから」と「ブックから」作成する方法があります。

3つ以上の複数テーブルからクエリを作成したい場合は、「ブックから」クエリを作成すると効率的です。

では、パワークエリでテーブルを照合して、結合する方法について、解説していきます。

この記事を読むメリット

  • パワークエリで、「複数のテーブル」を照合して結合する方法がわかります

本記事の内容を動画でまとめています

目次

2つのテーブルを結合してみる

2つのテーブルを結合してみます。

やりたいこと

やりたい内容は、2つのテーブルを照合して結合したい、ということです。

イメージは、こんな感じです。

2つのテーブルを照合して結合したい

やりたい内容は、2つのテーブルを照合して結合したい、ということです

手順は、次のようになります。

手順

  • 1つ目のテーブルで「テーブルから」クエリを作成
  • シートに読み込む
  • 2つ目のテーブルで「テーブルから」クエリを作成
  • 2つのクエリをマージする
  • 接続のみ作成する

では、実際にやってみます。

「テーブルから」クエリを作成

1つ目のテーブルからクエリを作成していきます。

1つ目のテーブルを選択して、「テーブルから」クエリを作成します。

1つ目のテーブルを「テーブルから」クエリを作成

1つ目のテーブルを選択して、「テーブルから」クエリを作成します

1つ目のテーブルからクエリを作成できます。

1つ目のテーブルからクエリを作成できた

1つ目のテーブルからクエリを作成できました

1つ目のテーブルからクエリを作成できました。

閉じて次に読み込む

シートに読み込んでいきます。

「ホーム」タブ→「閉じて読み込む」→「閉じて次に読み込む」を選択します。

「閉じて次に読み込む」を選択

「ホーム」タブ→「閉じて読み込む」→「閉じて次に読み込む」を選択します

読み込み先を指定していきます。

読み込み先を設定する

読み込み先を設定する画面が表示されます。

読み込み先を設定する画面が表示されます

「既存のワークシート」を選択して、「参照ボタン」をクリックします。

「既存のワークシート」を選択して、「参照ボタン」をクリックします

読み込み先を指定して、OKをクリックします。

読み込み先を指定して、OKをクリックします

準備が整ったので、「読み込み」を選択します。

準備が整ったので、「読み込み」を選択します

まずは、1つ目のテーブルのクエリをシートに読み込めます。

1つ目のテーブルのクエリをシートに読み込めた

まずは、1つ目のテーブルのクエリをシートに読み込めました

1つ目のテーブルのクエリをシートに読み込めました。

2つ目のテーブルからクエリを作成

2つ目のテーブルからクエリを作成していきます。

2つ目のテーブルを選択して、「テーブルから」クエリを作成します。

2つ目のテーブルで「テーブルから」クエリを作成

2つ目のテーブルを選択して、「テーブルから」クエリを作成します

2つ目のテーブルからクエリを作成できます。

2つ目のテーブルからクエリを作成できた

2つ目のテーブルからクエリを作成できました

2つ目のテーブルからクエリを作成できました。

「クエリのマージ」でテーブルを結合する

クエリのマージでテーブルを結合していきます。

2つのテーブルのクエリをマージしていく

1つ目のテーブルのクエリを選択して、「クエリのマージ」を選択します。

1つ目のテーブルのクエリを選択して、「クエリのマージ」を選択します

クエリをマージする画面が表示されます。

クエリをマージする画面が表示されます

結合するテーブルとして、2つ目のテーブルを選択します。

結合するテーブルとして、2つ目のテーブルを選択します

照合する列を選択して、OKをクリックします。

照合する列を選択して、OKをクリックします

これで、2つのテーブルを結合することができます。

2つのテーブルを結合することができました

次は、データを展開していきます。

データを展開する

データを展開するボタンをクリックします。

データを展開するボタンをクリックします

結合するデータのみを選択して、OKをクリックします。

結合するデータのみを選択して、OKをクリックします

これで、データを展開できます。

データを展開できました

データを展開できました。

閉じて次に読み込む(接続のみ作成する)

結合したクエリをシートに読み込んでいきます。

閉じて次に読み込むをして、接続のみ作成します。

接続のみ作成する

「ホーム」タブ→「閉じて次に読み込む」を選択します。

「ホーム」タブ→「閉じて次に読み込む」を選択します

読み込む方法を選択する画面が表示されます。

読み込む方法を選択する画面が表示されます

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」を選択します。

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」を選択します

これで、テーブルを結合することができます。

2つのテーブルを結合できた

テーブルを結合することができました

テーブルを結合することができました。

2つ目のテーブルのクエリは、「接続専用」となります。

2つめのテーブルのクエリは接続専用となる

2つ目のテーブルのクエリは、「接続専用」となって、シートには読み込まれていません

シートには読み込まれないで、接続のみとなります。

これで、テーブルを照合して結合することができました。

テーブルの値を変更してみる

では、テーブルの値を変更して、データの更新をしてみます。

テーブルの値を変更

テーブルの値を変更してみます。

テーブルの値を変更してみます

「データ」タブ→「データの更新」ボタンをクリックします。

「データ」タブ→「データの更新」ボタンをクリックします

これだけで、データを更新することができます。

データを更新することができました

データを更新することができました。

テーブルに値を追加

次は、テーブルのデータを追加してみます。

テーブルのデータを追加してみます

「データ」タブ→「データの更新」ボタンをクリックします。

「データ」タブ→「データの更新」ボタンをクリックします

これで、データを追加することができます。

データを追加することができました

データを追加することができました。

こんな感じで、一度クエリを作成しておけば、データの更新が簡単にできます。

3つのテーブルを結合してみる

次は、「3つ」のテーブルを結合してみます。

3つ以上の複数のテーブルを照合して結合する場合は、「ブックから」クエリを作成する方法を使うと、効率的です。

やりたいこと

やりたい内容は、3つのテーブルを照合して結合したい、ということになります。

イメージは、こんな感じです。

3つのテーブルを照合して結合したい

やりたい内容は、3つのテーブルを照合して結合したい、ということになります

手順は、次のようになります。

手順

  • 「ブックから」クエリを作成して
  • 3つのクエリをマージする
  • 接続のみ作成する
  • マージしたクエリをシートに読み込む

では、実際に3つのテーブルを結合してみます。

「ブックから」クエリを作成

3つのテーブルから一度に、クエリを作成していきます。

「ブックから」クエリを作成します。

「ブックから」クエリを作成

「ブックから」クエリを作成します

データを選択する画面で、作業しているブックを選択して、開くをクリックします。

作業しているブックを選択する

データを選択する画面で、作業しているブックを選択して、開くをクリックします

テーブル1~3を選択して、クエリを作成していきます。

テーブル1~3を選択する

ナビゲーターが表示されます。

ナビゲーターが表示されます

「複数のアイテムの選択」にチェックを入れます。

「複数のアイテムの選択」にチェックを入れます

「テーブル1~3」を選択します。

「テーブル1~3」を選択します

「データの変換」を選択します。

「データの変換」を選択します

これで、「テーブル1~3」のクエリを作成することができます。

テーブル1~3のクエリを作成できた

「テーブル1~3」のクエリを作成することができました

「テーブル1~3」のクエリを作成することができました。

こんな感じで、クエリを作成したいテーブルが多い場合は、「ブックから」クエリを作成すると便利です。

「クエリのマージ」をする

作成した3つのクエリを結合していきます。

まずは、1つ目と2つ目のクエリをマージしていきます。

1つ目と2つ目のクエリをマージ

テーブル1を選択して、「クエリのマージ」を選択します。

テーブル1を選択して、「クエリのマージ」を選択します

クエリをマージする画面が表示されます。

クエリをマージする画面が表示されます

「テーブル2」を選択します。

「テーブル2」を選択します

照合する列を選択して、OKをクリックします。

照合する列を選択して、OKをクリックします

これで、「テーブル2」のデータを結合することができます。

「テーブル2」のデータを結合することができました

「テーブル2」のデータを結合することができました。

次は、1つ目と3つ目のクエリをマージしていきます。

1つ目と3つ目のクエリをマージ

テーブル1を選択して、もう一度、「クエリのマージ」を選択します。

テーブル1を選択して、もう一度、「クエリのマージ」を選択します

テーブルをマージする画面が表示されます。

テーブルをマージする画面が表示されます

「テーブル3」を選択します。

「テーブル3」を選択します

照合する列を選択して、OKをクリックします。

照合する列を選択して、OKをクリックします

これで、テーブル3を結合することができます。

テーブル3を結合することができました

テーブル3を結合することができました。

次は、データを展開していきます。

テーブル2のデータを展開

テーブル2のデータで、データを展開するボタンをクリックします。

テーブル2のデータで、データを展開するボタンをクリックします

結合するデータのみを選択して、OKをクリックします。

結合するデータのみを選択して、OKをクリックします

これで、テーブル2のデータを展開できます。

テーブル2のデータを展開できました

テーブル2のデータを展開できました。

次は、テーブル3のデータを展開していきます。

テーブル3のデータを展開

テーブル3のデータで、データを展開するボタンをクリックします。

テーブル3のデータで、データを展開するボタンをクリックします

結合するデータのみを選択して、OKをクリックします。

結合するデータのみを選択して、OKをクリックします

これで、テーブル3のデータを展開できます。

テーブル3のデータを展開できました

テーブル3のデータを展開できました。

3つのテーブルのクエリの結合は、これで完成です。

閉じて次に読み込むで接続専用にする

結合したクエリをシートに読み込んでいきます。

「閉じて次に読み込む」で接続のみを作成します。

接続のみ作成する

「ホーム」タブ→「閉じて次に読み込む」を選択します。

「ホーム」タブ→「閉じて次に読み込む」を選択します

読み込む方法を選択する画面が表示されます。

読み込む方法を選択する画面が表示されます

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」を選択します。

「接続の作成のみ」を選択して、「読み込み」を選択します

これで、3つのクエリをシートに接続することができます。

3つのクエリを接続できた

3つのクエリを接続できました

3つのクエリを接続できました。

マージしたクエリのみをシートに読み込み

マージしたクエリのみをシートに読み込みんでいきます。

マージしたクエリをシートに読み込む

テーブル1のクエリで、「右クリック」して、「読み込み先」を選択します。

テーブル1のクエリで、「右クリック」して、「読み込み先」を選択します

読み込み先を選択する画面が表示されます。

読み込み先を選択する画面が表示されます

「テーブル」を選択します。

「テーブル」を選択します

「既存のワークシート」を選択して、「参照ボタン」をクリックします。

「既存のワークシート」を選択して、「参照ボタン」をクリックします

読み込み先を選択して、OKをクリックします。

読み込み先を選択して、OKをクリックします

準備が整ったので、「読み込み」を選択します。

準備が整ったので、「読み込み」を選択します

これで、3つのテーブルを照合して、結合することができます。

3つのテーブルを結合できた

3つのテーブルを照合して、結合することができました

3つのテーブルを照合して、結合することができました。

テーブルの値を変更してみる

では、テーブルの値を変更してみます。

「ブックから」クエリを作成した場合は、データを「保存」する必要があります。

データを変更したら、「保存」までしましょう。

データの変更

テーブルの値を変更して、「保存」してみます。

テーブルの値を変更して、「保存」してみます

「データ」タブ→データの更新をします。

「データ」タブ→データの更新をします

これで、データを更新することができます。

データを更新することができました

データを更新することができました。

簡単にデータの更新ができます。

次は、データを追加してみます。

データの追加

テーブルにデータを追加して、「保存」してみます。

テーブルにデータを追加して、「保存」してみます

「データ」タブ→データの更新をします。

「データ」タブ→データの更新をします

これで、データを追加することができます。

データを追加することができました

データを追加することができました。

こんな感じで、パワークエリを使えば、結合したデータの更新が簡単にできるので便利です。

おわりに

この記事では、パワークエリでテーブルを照合して、結合する方法について、ご紹介しました。

テーブルを照合して結合するには、「クエリのマージ」を使います。

イメージは、VLOOKUP関数と同じようにデータを引っ張ってくる感じです。

複数のテーブルに保存されたデータをまとめる際に使えます。

クエリを作成する際は、「テーブルから」と「ブックから」作成する方法があります。

3つ以上の複数テーブルからクエリを作成したい場合は、「ブックから」クエリを作成すると効率的です。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

アーカイブから探す