大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、土日と祝日を除く、営業日をカウントする方法について、ご紹介します。営業日をカウントするには、「NETWORKDAYS関数」が便利です。カウントしたい日付の、開始日と終了日を入力することで簡単に、営業日数をカウントすることができます。さらに、祝日の一覧を作成すれば、祝日を除いて営業日数をカウントすることもできます。

はじめに

この記事では、営業日数をカウントする方法について、ご紹介しました。

営業日数をカウントするには、NETWORKDAYS関数が使えます。

営業日数をカウントしたい日付の、開始日と終了日を入力することで、営業日がカウントできます。

祝日も除いて営業日をカウントしたい場合は、祝日の一覧表を作成して、NETWORKDAYS関数に入力するとできます。

カウントした営業日数を使って、給与の計算などに使えそうです。

この記事で紹介すること

  • 土日と祝日を除いた、営業日数をカウントする方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで土日を除く営業日をカウント

Excelで、土日を除いて営業日をカウントするには、「NETWORKDAYS関数」が便利です。

土日や祝日を除いた、営業日だけをカウントすることができます。

NETWORKDAYS関数を使う

NETWORKDAYS関数は、次のように入力します。

NETWORKDAYS関数の入力

=NETWORKDAYS(開始日,終了日,[祭日])

という感じです。

土日を除いて営業日をカウントするのは、簡単です。

では、やってみます。

土日を除いて営業日をカウント

NETWORKDAYS関数を使って、土日を除いて「栄養日」をカウントしてみます。

「2021/5/1」から「2021/5/31」までの「営業日」をカウントしてみます。

セルには、次のように入力します。

土日を除いて営業日をカウント

=NETWORKDAYS(A1,B1)

結果を見てみます。

土日を除いて営業日をカウントした結果

NETWORKDAYS関数を使って、営業日をカウントする

結果は、「21」日間となりました。

カレンダーをみて、確認してみます。

カレンダーで確認する

2021/5/1から2021/5/31の営業日をカウントする

結果は、「2021/5/1」から「2021/5/31」の営業日数は、「21」日間ですね。

NETWORKDAYS関数で、正しく「営業日」がカウントできています。

祝日を除く場合は、ちょっとややこしくなります、次でやってみます。

Excelで土日と祝日を除いて営業日をカウント

次は、土日と祝日を除いて、営業日数をカウントしてみます。

NETWORKDAYS関数で祝日を除く

NETWORKDAYS関数を使えば、祝日も除いて、営業日数をカウントすることができます。

NETWORKDAYS関数の、「祭日」のところに、祭日の配列を入力します。

NETWORKDAYS関数の「祭日」に入力

=NETWORKDAYS(開始日,終了日,[祭日])

この「祭日」のところですね。

では、解説していきます。

すべての祝日の一覧

2021年のすべての祝日を、一覧にしてみました。

こんな感じです。

2021年の祝日

  • 2021/1/1(金) 元日
  • 2021/1/11(月) 成人の日
  • 2021/2/11(木) 建国記念の日
  • 2021/2/23(火) 天皇誕生日
  • 2021/3/20(土) 春分の日
  • 2021/4/29(木) 昭和の日
  • 2021/5/3(月) 憲法記念日
  • 2021/5/4(火) みどりの日
  • 2021/5/5(水) こどもの日
  • 2021/7/22(木) 海の日
  • 2021/7/23(金) 体育の日
  • 2021/8/8(日) 山の日
  • 2021/8/9(月) 振替休日
  • 2021/9/20(月) 敬老の日
  • 2021/9/23(木) 秋分の日
  • 2021/11/3(水) 文化の日
  • 2021/11/23(火)勤労感謝の日

この祝日を、NETWORKDAYS関数の「祭日」のところに入力します。

土日と祝日を除いて営業日をカウント

では、NETWORKDAYS関数で、土日と祝日を除いて、営業日数をカウントしてみます。

日付「2021/5/1」から「2021/5/31」の「営業日数」をカウントします。

セルには、次のように入力します。

土日と祝日を除いて営業日数をカウント

=NETWORKDAYS(A1,B1,A7:A23)

結果をみてみます。

営業日数をカウントした結果

2021/5/1から2021/5/31の営業日数をカウント

結果は、「18」日間となりました。

カレンダーで、正しく計算できているかを確認してみます。

カレンダーで確認

カレンダーで2021/5/1から2021//5/31までの営業日数を確認する

土日と祝日を除いて、「2021/5/1」から「2021/5/31」の「営業日数」をカウントすると、「18」日間ですね。

NETWORKDAYS関数で、正しく営業日数のカウントができています。

NETWORKDAYS関数、便利です。

2021年4月でも営業日をカウントしてみる

「2021年4月」でも、営業日数を正しくカウントできるかを、確認してみます。

同じく、NETWORKDAYS関数を使って、土日と祝日を除いた営業日数をカウントします。

セルに入力する、数式は先ほどと同じです。

土日と祝日を除いて営業日数をカウント

=NETWORKDAYS(A1,B1,A7:A23)

結果をみてみます。

2021年4月の営業日数をカウントした結果

2021/4/1から2021/4/30の営業日数をカウント

結果は、「21」日間となりました。

カレンダーで、正しく計算できているかを確認してみます。

カレンダーで確認

カレンダーで2021/4/1から2021//4/30までの営業日数を確認する

土日と祝日を除いて、「2021/4/1」から「2021/4/30」の「営業日数」をカウントすると、「21」日間ですね。

NETWORKDAYS関数で、正しく営業日数のカウントができています。

他の月でも、正しく営業日数のカウントができます。

おわりに

この記事では、営業日数をカウントする方法について、ご紹介しました。

営業日数をカウントするには、NETWORKDAYS関数が使えます。

営業日数をカウントしたい日付の、開始日と終了日を入力することで、営業日がカウントできます。

祝日も除いて営業日をカウントしたい場合は、祝日の一覧表を作成して、NETWORKDAYS関数に入力するとできます。

カウントした営業日数を使って、給与の計算などに使えそうです。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す