大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excel VBAで、シート数を取得するには「Sheets.Count」を使います。シート数を取得できれば、最終シートにコピーや、最終シートに移動、最終シートに追加、すべてのシートをループ、シートの存在をチェック、シートを検索といったことができるようになります。シート数を取得して、うまくシートを操作していきましょう。

はじめに

この記事では、シート数を取得する方法について、ご紹介します。

シート数を取得するには、「Sheets.Count」を使います。

シート数が取得できれば、次のような操作をすることができます。

  • 最終シートにコピー
  • 最終シートに移動
  • 最終シートに追加
  • シートをすべてループ
  • シートの存在をチェック
  • シートを検索

シート数を取得して、自由自在にシートを操作していきましょう。

では、シート数を取得すると方法と、その活用法について解説していきます。

この記事を読むメリット

  • シート数を取得して、自由自在にシートを操作する方法がわかります。

目次

シート数を取得する

シート数を取得してみます。

「Sheets.Count」でシート数を取得

シート数を取得するには、「Sheets.Count」を使います。

Sub TEST1()
  
  'シート数を取得
  Debug.Print Sheets.Count
    
End Sub

では、実行してみます。

シート数を取得

シート数を取得したいです。

シート数を取得したいです

実行してみます。

シート数を取得できました

シート数を取得できました。

シート数を取得する場面

シート数を取得する場面について、ご紹介します。

シート数を取得できれば、次のようなシート操作ができるようになります。

  • 最終シートにコピー
  • 最終シートに移動
  • 最終シートに追加
  • すべてのシートをループ
  • シートの存在チェック
  • シートの検索

では、それぞれやってみます。

最終シートにコピー

最終シートにコピーしてみます。

Sub TEST2()
  
  '最終シートにコピー
  Sheets("Sheet1").Copy after:=Sheets(Sheets.Count)
  
End Sub

では、実行してみます。

最終シートにコピー

最終シートにコピーしてみます。

最終シートにコピーしてみます

実行してみます。

最終シートにコピーできました

最終シートにコピーできました。

最終シートに移動

最終シートに移動してみます。

Sub TEST3()
  
  '最終シートに移動
  Sheets("Sheet1").Move after:=Sheets(Sheets.Count)
  
End Sub

では、実行してみます。

最終シートに移動

最終シートに移動してみます。

最終シートに移動してみます

実行してみます。

最終シートに移動できました

最終シートに移動できました。

最終シートに追加

最終シートに追加してみます。

Sub TEST4()
  
  '最終シートに追加
  Sheets.Add after:=Sheets(Sheets.Count)
  
End Sub

では、実行してみます。

最終シートに追加

最終シートにシートを追加してみます。

最終シートにシートを追加してみます

実行してみます。

最終シートにシートを追加できました

最終シートにシートを追加できました。

すべてのシートをループ

すべてのシートをループしてみます。

Sub TEST5()
  
  'すべてのシートをループ
  For i = 1 To Sheets.Count
    Debug.Print Sheets(i).Name
  Next
  
End Sub

では、実行してみます。

すべてのシートをループ

すべてのシートをループしてみます。

すべてのシートをループしてみます

実行してみます。

すべてのシートをループして、シート名を取得できました

すべてのシートをループして、シート名を取得できました。

シートの存在をチェック

シートの存在をチェックしてみます。

Sub TEST6()
  
  '「Sheet2」の存在をチェック
  For i = 1 To Sheets.Count
    If Sheets(i).Name = "Sheet2" Then
      Debug.Print "Sheet2は存在します"
    End If
  Next
  
End Sub

「Sheet2」の存在をチェック

Sheet2の存在をチェックしてみます。

Sheet2の存在をチェックしてみます

実行してみます。

Sheet2の存在をチェックできました

Sheet2の存在をチェックできました。

シートを検索

シートを検索してみます。

Sub TEST7()
  
  '「2」を含むシートを検索
  For i = 1 To Sheets.Count
    If InStr(Sheets(i).Name, "2") > 0 Then
      Debug.Print "「2」を含むシートは存在します"
    End If
  Next
  
End Sub

では、実行してみます。

「2」を含むシートを検索

「2」を含むシートを検索してみます。

「2」を含むシートを検索してみます

実行してみます。

「2」を含むシートを検索できました

「2」を含むシートを検索できました。

おわりに

この記事では、シート数を取得する方法について、ご紹介しました。

シート数を取得するには、「Sheets.Count」を使います。

シート数が取得できれば、次のような操作をすることができます。

  • 最終シートにコピー
  • 最終シートに移動
  • 最終シートに追加
  • シートをすべてループ
  • シートの存在をチェック
  • シートを検索

シート数を取得して、自由自在にシートを操作していきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

アーカイブから探す