大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、文字列を含むか複数のキーワードで検索する方法について、ご紹介します。複数のキーワードで検索するには、「COUNTIF関数」、「SUM関数」、「配列数式」を使います。配列数式がとっつきづらいですけど、分解して考えれば、使えるようになります。具体的に解説していきます。

はじめに

この記事では、文字列を含むか、複数のキーワードで検索する方法について、ご紹介します。

複数のキーワードで検索するには、「COUNTIF関数」と「SUM関数」、「配列数式」を使います。

「配列数式」の考え方が難しいですけど、数式を分解して考えると「配列数式」の使い方がわかってきます。

配列数式は、使いこなせるとかなり便利になります。

ポイントを押さえて配列数式を使っていきましょう。

では、文字列を含むかを複数のキーワードで検索する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 文字列を含むかを複数のキーワードで検索する方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで文字列を含むか複数で検索したい

Excelで、特定の文字列を含むかを、複数で検索する方法を、解説します。

やりたいことは、こんな感じです。

特定の複数の文字が含まれているか

例えば、「あさがお」という文字列に、「あ」、「か」、「さ」が含まれているかを検索したい、という感じです。

「あさがお」を複数の文字列で検索

特定の複数の文字列が含まれているか

この場合だと、「あ」と「さ」が含まれているので、「含まれている」としたいです。

反対に、「たぬき」という文字列には、「あ」、「か」、「さ」のいずれも含まれていません。

「たぬき」を複数の文字列で検索

特定の複数の文字列が含まれているか

この場合だと、「含まれていない」という結果がほしいです。

このように、文字列を、特定の複数の文字列で検索する方法を、解説していきます。

ExcelでCOUNTIFとSUMと配列数式を使って複数条件で検索

文字列に、特定の複数の文字列が含まれているか、を検索するには、「COUNTIF」と「SUM」、「配列数式」を使います。

まずは、完成版からみてみましょう。

複数で検索した結果【完成版】

完成版は、こんな感じになります。

{=SUM(COUNTIF(A3,E3:E5))>0}

セルに入力してみます。

「あさがお」を複数の文字列で検索

COUNTIF関数と配列数式で特定の複数の文字で検索した結果

結果は、「TRUE」となります。

「あさがお」の中に、「あ」と「さ」が含まれているので、「TRUE」となります。

「あさがお」の中に「あ」と「さ」が含まれているので「TRUE」となる

複数の文字列で検索できていますね。

「たぬき」を複数の文字列で検索

次は、「たぬき」を複数の文字で検索してみます。

「たぬき」を「あ」と「か」、「さ」で検索してみる

結果は、「FALSE」となりました。

複数の文字列のいずれも含まない場合は、「FALSE」となります。

では、分解して、順を追って解説していきます。

ワイルドカード「*」をつけておく

検索したいワードに対して、ワイルドカード「*」を付けておきます。

=""*""&F3&""*""

セルに入力します。

ワイルドカード「*」を付ける

キーワードにワイルドカード「*」を付ける

これで、「あ」を含む検索ができるようになります。

1つのキーワードで検索する場合

複数の文字列で検索ではなく、1つのキーワードで検索する場合で、やってみます。

「COUNTIF関数」を使って、次のように検索できます。

=COUNTIF(A3,G3)>0

セルに入力します。

1つのキーワードで検索

COUNTIF関数を使って1つのキーワードで検索した結果

結果は、「TRUE」となりました。

1つのキーワードの場合は、簡単ですね。

次は、複数のキーワードで検索してみます。

複数で検索するイメージ

文字列を、複数のキーワードで検索します。

使う関数は、COUNTIF関数とSUM関数です。

次のように入力します。

=COUNTIF(A3,G3)
=COUNTIF(A3,G4)
=COUNTIF(A3,G5)
=SUM(B3:B5)>0

セルに入力してみます。

複数のキーワードで検索

COUNTIF関数とSUM関数を使って複数のキーワードで文字列を検索

結果は、「TRUE」となります。

手順としては、

  • キーワード毎に、キーワードを含むかを検索
  • 検索した結果の合計値を算出
  • 1つでも検索している場合は「TRUE」にする

という感じで、複数のキーワードを検索しています。

このままでは、場所をとってしまうので、「配列数式」で一つにまとめます。

COUNTIFとSUMを配列数列にする

COUNTIF関数とSUM関数を、配列数式にします。

COUNTIF関数を入力します。

COUNTIF関数を入力

COUNTIF関数を入力する

「範囲」は「検索したい文字列」を参照して、「条件」で「キーワード」を参照しています。

「SUM関数」を追加します。

SUM関数を追加

SUM関数を追加

1つでも検索した場合は、「TRUE」としたいので、「>0」を追加します。

「>0」の条件を追加

「>0」を追加する

次がポイントです。

「Ctrl + Shift + Enter」で、配列数式にします。

「配列数式」にする

Ctrl + Shift + Enterで配列数式にする

これで、複数の文字列で検索することができます。

配列数式になる

配列数式にした結果

配列数式になりました。

数式は、こんな感じで「{}」が両サイドにつきます。

{=SUM(COUNTIF(A3,E3:E5))>0}

配列数式で検索した結果は、「TRUE」となりました。

複数の文字列で検索できています。

他の文字列を複数の文字列で検索

「たぬき」を検索してみます。

「たぬき」を検索した結果

結果は、「FALSE」となりました。

「たぬき」に、「あ」と「か」、「さ」のいずれも含まないので、「FALSE」ですね。

こんな感じで、COUNTIF関数、SUM関数、配列数式を使うと、複数の文字列で検索することができます。

表の値を複数で検索する

表の値を、複数の文字列で検索してみます。

作成した配列数式をコピーするだけなので、簡単です。

適当に小さい表を用意しました。

検索するキーワードは、同じで「あ」と「か」、「さ」です。

検索する表

検索する表を用意

先ほどと作成した配列数式を入力します。

検索条件は、「絶対参照」にしておきます。

検索条件を「絶対参照」にする

{=SUM(COUNTIF(A3,$E$3:$E$5))>0}

セルに入力します。

配列数式を入力して検索条件は絶対参照にする

配列数式を、下にコピーします。

配列数式をコピー

配列数式を下にコピー

これで、表の文字列を、複数のキーワードで検索することができます。

表を複数の文字列で検索

表の文字列を複数のキーワードで検索した結果

表の文字列を、複数のキーワードで検索できました。

配列数式は、ややこしいですけど、使いこなせるとかなり便利な数式です。

おわりに

この記事では、文字列を含むか、複数のキーワードで検索する方法について、ご紹介しました。

複数のキーワードで検索するには、「COUNTIF関数」と「SUM関数」、「配列数式」を使います。

「配列数式」の考え方が難しいですけど、数式を分解して考えると「配列数式」の使い方がわかってきます。

配列数式は、使いこなせるとかなり便利になります。

ポイントを押さえて配列数式を使っていきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す