大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、日付を年、月、日でフィルターする方法について、ご紹介します。「オートフィルタ」を使うと、日付を年、月、日や日付の範囲などで、フィルターできるので、便利です。具体的に解説していきます。

はじめに

この記事では、日付をフィルターする方法について、ご紹介します。

日付をフィルターするには、「オートフィルター」が便利です。

「年」や「月」、「日」でフィルターすることができます。

オートフィルターオプションを使えば、日付の範囲を指定して、日付をフィルターすることもできます。

日付をフィルターする際のポイントは、「文字列」の日付は、「日付」に変換することです。

「文字列」の日付では、うまく日付をフィルターすることができませんので、「日付」に変換しましょう。

では、日付をフィルターする方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 日付を年、月、日でフィルターする方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで日付をフィルターする

次は、日付をフィルターする方法です。

日付をフィルターする場合は、「オートフィルタ」が便利です。

オートフィルタを使う

「オートフィルタ」を設定する方法です。

「データ」タブ→「フィルター」をクリックします。

「オートフィルタ」を設定

データタブからフィルターをクリックする

これで、「オートフィルタ」の設定ができます。

オートフィルタが設定される

日付の見出しのところで「▼」をクリックすると、日付のフィルターができます。

日付のフィルターができる

日付のフィルターができるようになる

Excelが、自動で日付を認識して、日付毎にフィルターできるようになっています。

便利ですね。

年でフィルターする

「オートフィルタ」を使って、「年」でフィルターしてみます。

「2021年」だけをフィルターしてみます。

日付の見出しのところで、「▼」をクリックして、「2021年」だけにチェックを付けます。

「2021年」だけをチェックする

日付の見出しで2021年だけにチェックをつける

これで、「2021年」だけをフィルターすることができます。

「2021年」だけをフィルター

オートフィルタで2021年だけをフィルタした結果

「2021年」だけをフィルターすることができました。

月でフィルターする

次は、オートフィルタを使って「月」をフィルターしてみます。

日付の見出しのところの「▼」をクリックします。

「オートフィルタメニュー」を表示

日付の見出しでオートフィルタメニューを表示する

日付のオートフィルタメニューが表示されます。

2020年の「+」の部分をクリックすると、「月」が表示されます。

「月」を表示する

オートフィルタのメニューで月のデータを表示する

2020年の「月」が表示されました。

2020年の4月を、フィルターしてみます。

「4月」にチェックを入れる

2020年の4月にチェックを入れる

では、「OK」で確定してみます。

「2020年4月」がフィルターされる

2020年の4月だけがフィルタされる

「2020/4/29」だけが表示されました。

2020年の4月で、フィルターされています。

「月」のフィルタをする場合には、もっと便利なフィルター方法があります。

オートフィルタメニューの「検索」の右側にある「リスト」を選択します。

「検索のリスト」を表示

オートフィルタメニューの検索のリストを表示

「年」、「月」、「日」が表示されました。

この中から、「月」を選択すると、「月」でフィルターすることができます。

「月」を選択して、「11」月を検索してみます。

「11」月を検索

オートフィルタメニューで月を選択して11月を検索する

では、「11」月を検索した結果をみてみます。

「11」月を検索した結果

オートフィルタメニューで月を選択して11月を検索した結果

「11」月の日付をフィルターできました。

この方が、「月」のフィルターがしやすいですね。

指定した日付でフィルターする

次は、指定した日付でフィルターしてみます。

日付でフィルターする場合も、やり方は同じです。

「2020/4/29」をフィルタしてみます。

日付のところの「▼」をクリックして、オートフィルタメニューを出します。

「オートフィルタメニュー」を表示

日付のところでオートフィルタメニューを出す

「日」まで「+」で開いていきます。

「日」まで開いていく

2020年の「+」をクリックします。

2020年のメニューを開く

4月の「+」をクリックします。

2020年の4月のメニューを開く

「29日」が表示されました。

「29日」だけにチェックを入れます。

「29日」だけチェック

2020年4月29日だけにチェックを入れる

「OK」で確定します。

「29日」だけフィルターされる

2020年4月29日だけをフィルターした結果

「22020/4/29」だけをフィルターすることができました。

「日」をフィルターしたい場合も、もっと便利な方法があります。

検索のところの右側の「リスト」をクリックして、「日」を選択します。

検索のリストで「日」を選択する

検索で「日」を選択する

「29日」で検索してみます。

「29」日を検索

オートフィルタで29日だけを検索してみる

「OK」で確定します。

「29」日がフィルターされる

オートフィルタで29日だけがフィルターされる

「29日」を検索して、「2020/4/29」がフィルターされました。

29日は、「2020/4/29」だけが入力されていたので、「2020/4/29」だけがフィルターされた、という結果です。

「日」を検索する際には、検索の「日」のリストを使いましょう。

日付の範囲を指定してフィルター

次は、日付の範囲を指定して、フィルターする方法です。

日付の「▼」をクリックして、オートフィルタメニューを出します。

「オートフィルタメニュー」を開く

日付のオートフィルタメニューを出す

オートフィルタメニューの中から、「日付フィルター」→「指定の範囲内」を選択します。

オートフィルターオプションが表示されます。

日付の範囲を指定する

日付のオートフィルターオプションが表示される

「2020/4/1~2021/3/31」の範囲で、日付をフィルターしてみます。

「2020/4/1~2021/3/31」でフィルターされる

2020/4/1~2021/3/31の範囲で日付がフィルターされる

「2020/4/1~2021/3/31」の範囲で日付がフィルターされました。

日付の範囲で、フィルターする場合は、オートフィルターオプションを使いましょう。

Excelでフィルターするポイント

Excelでフィルターするポイントは、「文字列の日付」は「日付」に変換することです。

というのも、「文字列の日付」では、簡単に日付のフィルターをすることができません。

ちょっとやってみます。

文字列の日付だと簡単にフィルターできない

文字列の日付を入力して、オートフィルタでフィルターしてみます。

文字列の日付を入力しました。

「文字列」の日付を入力

文字列の日付を入力

一見してみると、問題なさそうです。

日付のところで「▼」をクリックして、オートフィルタメニューを表示してみます。

「日付」のフィルターができない

文字列の日付でオートフィルタメニューを表示

んっ。先ほどの日付の場合と違いますね。

Excelが、日付毎に、認識していません。

日付を文字列で入力したので、「文字列」として認識しています。

文字列で、日付が入力されていると、「年」でフィルターしたり、「月」でフィルターしたりができません。

なので、文字列の日付は、「日付」に変換した方がフィルターしやすいです。

では、文字列の日付を「日付」に変換する方法について、解説していきます。

文字列は日付に変換しておく

「文字列」の日付を、「日付」に変換するには、「VALUE関数」を使います。

VALUE関数の入力は、次のようにします。

=VALUE(A2)

では、セルに数式を入力してみます。

「VALUE関数」でシリアル値に変換

文字列の日付をVALUE関数で「日付」に変換した結果

文字列の日付を「シリアル値」に変換できました。

これだけだと、人間の目で日付を認識できないので、表示形式を「日付型」に変換します。

「ホーム」タブ→「短い日付形式」を選択します。

表示形式を「日付」に変更する

表示形式を「日付型」に変換する

これで、表示形式を、シリアル値から「日付型」に変更できます。

表示形式が「日付型」になる

表示形式を「日付型」に変更した結果

日付型に変更できました。

日付に変更した値を、「値の貼り付け」で、値のみを日付に貼り付けます。

値のみを貼り付ける

値の貼り付けで値のみを日付に貼り付ける

これで、「文字列」の日付を「日付」に変更できます。

値のみを日付に貼り付けて文字列の日付を日付に変換した結果

文字列の日付を「日付」に変換できました。

作業用で使った列は、要らないので、削除しておきます。

作業用の列は削除

作業用の列を削除する

これで、完了です。

では、日付のところで、オートフィルタメニューをだしてみます。

「日付」でフィルターできる

オートフィルタメニューを出してみる

「日付」が認識されました。

これで、「年」でのフィルターや「月」でのフィルターが、できます。

「文字列」の日付では、フィルターができないので、「日付」に変換しましょう。

おわりに

この記事では、日付をフィルターする方法について、ご紹介しました。

日付をフィルターするには、「オートフィルタ」が便利です。

「年」や「月」、「日」でフィルターすることができます。

オートフィルターオプションを使えば、日付の範囲を指定して、日付をフィルターすることもできます。

日付をフィルターする際のポイントは、「文字列」の日付は、「日付」に変換することです。

「文字列」の日付では、うまく日付をフィルターすることができませんので、「日付」に変換しましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す