大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、日付の並び替えをする方法について、ご紹介します。日付の並び替えは、「オートフィルタ」を使うと、かなり便利です。日付を並び替えする際のポイントは、「連番を入力しておく」ことと、「文字列は日付に変換する」です。具体的に解説していきます。

はじめに

この記事では、日付を並べ替える方法について、ご紹介します。

日付を並べ替える場合は、「オートフィルタ」が、かなり便利です。

「オートフィルタ」を使えば、簡単に、日付を昇順にソートしたり、降順にソートすることができます。

日付を並べ替える際のポイントは、次の2つです。

  • 連番を振っておく
  • 「文字列」は「日付」に変換する

という感じです。

あらかじめ、連番を振っておけば、日付で並び替えたあとでも、元の並びに戻すことができます。

「文字列」の日付では、うまく日付を並び替えできないので、「VALUE関数」を使って「日付」に変換してあげましょう。

では、日付を並び替える方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 日付を並べ替えする方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで日付の並び替えをする

Excelで、日付の並び替えをする方法について、ご紹介します。

日付の並び替えをする際には、「オートフィルタ」がかなり便利です。

では、解説していきます。

オートフィルタを使う

「オートフィルタ」を設定してみましょう。

「データ」タブ→「フィルタ」を選択します。

「オートフィルタ」を設定する

データタブからフィルタを選択してオートフィルタを設定する

一番上の見出しのところに、「▼」がつきます。

「オートフィルタ」が設定される

オートフィルタの設定が完了

これで、設定が完了です。

簡単ですね。

ちなみに、ショートカットは、「Ctrl + Shift + L」です。

「オートフィルタ」は使う頻度が高いExcel機能ですので、ショートカットを覚えておいて損はないです。

昇順に並べ替える

では、「オートフィルタ」の機能を使って、日付を「昇順」に並べ替えてみます。

日付の見出しの「▼」をクリックします。

「昇順」で並べ替える

日付の見出しで▼をクリックする

「昇順」という項目がありますので、クリックすると日付を「昇順」に並べ替えることができます。

「昇順」で並べ替えた結果

オートフィルタで日付を昇順に並べ替えた結果

日付を「昇順」に並べ替えることができました。

簡単ですね。

降順に並べ替える

「オートフィルタ」の機能を使って、日付を「降順」に並べ替えてみます。

手順は、先ほどの「昇順」とほぼ同じです。

日付の見出しの「▼」をクリックします。

「降順」で並べ替える

日付の見出しで▼をクリックする

「降順」という項目がありますので、クリックすると日付を「降順」に並べ替えることができます。

「降順」で並べ替えた結果

オートフィルタで日付を降順に並べ替えた結果

日付を「降順」に並べ替えることができました。

簡単ですね。

日付を並べ替えしたい場合は、「オートフィルタ」を使うと便利です。

Excelで並び替えのポイント

Excelで、日付を並び替えをするポイントが、2つあります。

  • 連番を振っておく
  • 文字列は日付に変更しておく

という感じです。

では、解説していきます。

連番を振っておく

日付を並べ替える前に、連番を振っておくと、元の並びに戻すことができるので、便利です。

やってみます。

日付が入った表を用意しました。

日付が入った表

日付が入った表を用意

表の一番左に、連番を入力します。

「連番」を追加

表に連番を追加する

連番を追加しました。

日付を昇順に並べ替えてみます。

日付を昇順に並べ替える

日付を昇順に並べ替えた結果

日付を、昇順に並べ替えることができました。

表の並びを、元に戻したい、といった場合は、連番を昇順で並べ替えます。

「連番」を使って元に戻す

連番を昇順で並べ替える

連番を昇順で並べ替えて、「表を元に戻す」ことができました。

並べ替えをする場合は、「連番」の入力は必須ですね。

文字列の日付だとうまく並び替えできない

日付を並べ替えする際に、日付が「文字列」になっていると、うまく並べ替えができません。

日付が入力された表を用意しました。

日付を「文字列」で入力した表

日付が入力された表を用意した

特に問題なさそうです。

実は、日付が「文字列」で入力されています。

文字列で入力された日付を、昇順で並び替えてみます。

「文字列」の日付を並び替える

文字列で入力された日付を昇順で並び替えてみる

おかしな並びになってしまいました。

昇順で並べ替えができていません。

「文字列」の日付だと、うまく並び替えができません。

文字列は日付に変換する

「文字列」の日付が入力されている場合は、「日付」に変換してあげましょう。

「VALUE関数」を使って、「文字列」を「日付」に変換してみます。

セルへの入力は、次のようにします。

=VALUE(A2)

では、セルに入力してみます。

「VALUE関数」で文字列を日付に変換

VALUE関数を使って文字列の日付を日付に変換した結果

シリアル値に変換できました。

これでは、日付として認識できないので、表示形式を「日付」に変更してあげます。

「ホーム」タブ→「数値」を選択して、「短い日付形式」を選択します。

表示形式を「日付型」に変更

表示形式を日付に変更する

これで、「日付型」に変更されます。

シリアル値が「日付型」に変更される

表示形式を日付型に変更する

日付型に変更されました。

元の日付の列に、「値の貼付け」をして貼り付けます。

「値の貼り付け」で値のみを貼り付ける

値の貼付けで、値のみを貼り付ける

これで、文字列を「日付」に変換することができます。

文字列を「日付」に変換できる

文字列を日付に変換した結果

「文字列」を「日付」に変換できました。

一番右の値は、いらないので、削除しておきます。

作業用の列を削除

作業用の列を削除する

これで、「文字列」を「日付」に変換する作業が、完了です。

では、日付を昇順に並べ替えてみます。

日付を「昇順」に並べ替え

日付を昇順に並べ替える

日付を昇順に並べ替えることができました。

次は、日付を降順に並べ替えてみます。

日付を「降順」で並べ替え

日付を降順に並べ替える

日付を、降順に並べ替えることができました。

こんな感じで、日付を並べ替えるときには、「文字列」ではなく「日付」に変換して、並べ替えをしましょう。

おわりに

この記事では、日付を並べ替える方法について、ご紹介しました。

日付を並べ替える場合は、「オートフィルタ」がかなり便利です。

「オートフィルタ」を使えば、簡単に、日付を昇順にソートしたり、降順にソートすることができます。

日付を並べ替える際のポイントは、次の2つでした。

  • 連番を振っておく
  • 「文字列」は「日付」に変換する

という感じです。

あらかじめ、連番を振っておけば、日付で並び替えたあとでも、元の並びに戻すことができます。

「文字列」の日付では、うまく日付を並び替えできないので、「VALUE関数」を使って「日付」に変換してあげましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す