大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、日付範囲から、合計値を計算する方法について、ご紹介します。1つの日付の条件だけであれば「SUMIF関数」でできます。日付範囲など条件が複数になると、「SUMIFS関数」が必要となります。「SUMIFS関数」は、日付を条件とした合計値の計算をする際に、かなり便利な関数です。

はじめに

この記事では、日付範囲から合計値を計算する方法について、ご紹介します。

1つの条件から合計値を計算するには、「SUMIF関数」で計算することができます。

日付範囲を指定して、合計値を計算するには「SUMIFS関数」が使えます。

「SUMIFS関数」を使えば、複数の条件を指定して、合計値を計算することでできますので、かなり便利なExcel関数です。

では、日付範囲から合計値を計算する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 日付範囲から合計値を計算する方法

目次

Excelで日付を指定して合計値を計算

Excelで、日付を指定して合計値を計算する方法です。

「1つの条件」を指定して、合計値を計算するには、「SUMIF関数」が使えます。

では、実際に入力していってみます。

SUMIF関数を使う

SUMIF関数への入力は、次のようにします。

=SUMIF(範囲,検索条件,[合計範囲])

という感じです。

では、SUMIF関数を使って、日付を指定して合計値を計算してみます。

日付を指定して合計値を計算

表の中で、「2021/5/13」以降の日付で、売り上げの合計を計算してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=SUMIF(A:A,">=2021/5/13",B:B)

では、実際にセルに入力してみます。

「1つの日付の条件」で合計値を計算

SUMIF関数を使って1つの日付の条件から合計値を計算した結果

結果は、「1700」円となりました。

「2021/5/13」以降の日付で、売り上げは、「500」、「1000」、「200」なので、合計は、「1700」円ですね。

正しく合計値を計算できています。

こんな感じで、日付を条件として合計値を算出する際に、「条件が1つ」であれば、「SUMIF関数」で合計値を計算することができます。

セルから日付を取得すると便利

セルから日付を取得して、数式を入力すると便利です。

やってみます。

先ほどと同じように、「2021/5/13」以降の日付で、売り上げの合計値を計算してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=SUMIF(A:A,">="&D2,B:B)

では、入力してみます。

セルから日付の条件を取得する

セルから日付の条件を取得して、売り上げの合計値を算出した結果

結果は、「1700」円となりました。

先ほどと同じ結果となります。

セルに日付の条件を入力しておくと、変更と確認がしやすいので、便利です。

Excelで日付範囲から合計値を計算

Excelで、日付範囲から合計値を計算する方法について、解説します。

先ほどは、「1つの日付の条件」から合計値を計算しました。

今度は、「2021/5/11」から「2021/5/13」までの日付、とういうように複数の日付の条件を指定して、合計値を計算してみます。

こんな感じで、複数の条件を指定して、合計値を計算する際は、「SUMIFS関数」が便利です。

では、解説していきます。

SUMIFS関数を使う

「SUMIFS関数」には、次のように入力します。

=SUMIFS(合計対象範囲,条件範囲1,条件1,条件範囲2,条件2,・・・)

というような感じです。

では、実際にSUMIFS関数を使ってみます。

日付範囲から合計値を計算

SUMIFS関数を使って、日付範囲から合計値を計算する、というのをやってみます。

「2021/5/11」から「2021/5/13」までの日付で、合計値を計算してみます。

セルへの数式の入力は、次のようになります。

=SUMIFS(B:B,A:A,">="&D2,A:A,"<="&D3)

では、セルに数式を入力してみます。

「日付範囲」から合計値を計算

SUMIFS関数を使って日付範囲から合計値を計算した結果

結果は、「1400」円となりました。

「2021/5/11」から「2021/5/13」までの日付で、売り上げは、「200」「700」「500」で、合計は、「1400」円ですね。

日付範囲から合計値を、正しく計算できています。

SUMIFS関数、便利です。

さらに、もう一つ条件を追加してみます。

複数条件の日付範囲から合計値を計算

日付の範囲を指定して、さらに「商品の条件」を追加してみます。

合計で、指定する条件は、3つになります。

日付が「2021/5/10」から「2021/5/13」までで、商品が「A」であるものの売り上げの合計を計算してみます。

入力する数式は、次のようになります。

=SUMIFS(C:C,A:A,">="&E2,A:A,"<="&E3,B:B,"A")

では、セルに数式を入力してみます。

「3つの条件」を指定して合計値を計算

SUMIFS関数を使って、3つの条件を指定して合計値を計算した結果

結果は、「1100」円となりました。

日付が「2021/5/10」から「2021/5/13」で、商品が「A」のものは、「600」と「500」で、合計「1100」円となります。

「SUMIFS関数」を使って、正しく合計値を計算できています。

SUMIFS関数を使えば、複数条件を指定して合計値を計算することができます。

おわりに

この記事では、日付範囲から合計値を計算する方法について、ご紹介しました。

1つの条件から合計値を計算するには、「SUMIF関数」で計算することができます。

日付範囲を指定して、合計値を計算するには「SUMIFS関数」が使えます。

「SUMIFS関数」を使えば、複数の条件を指定して、合計値を計算することでできますので、かなり便利なExcel関数です。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す