大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、簡単に時間の入力をする方法について、ご紹介します。方法は2つあって、ショートカットキーを使う方法と、NOW関数で入力する方法です。時間を固定しておきたい場合は、ショートカットキーで、更新したい場合は、NOW関数です。簡単に時間を入力していきましょう。

はじめに

この記事では、簡単に時間を入力する方法について、ご紹介します。

時間を入力する方法は、ショートカットキー「Ctrl + :」と、NOW関数を使う方法があります。

時間を固定しておきたい場合は、ショートカットキー「Ctrl + :」を使いましょう。

時間を更新したい場合は、「NOW関数」です。

では、簡単に時間を入力する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 簡単に時間を入力する方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで時間を簡単に入力する

Excelで、時間を簡単に入力するには、ショートカットを使うと、便利です。

現在の時間と今日の日付のショートカットが、よく使われますので、覚えておくといいですね。

  • 現在の時間の入力:「Ctrl + :」
  • 今日の日付の入力:「Ctrl + ;」

という感じです。

では、時間と日付を、ショートカットキーで入力してみます。

ショートカットキーを使う(Ctrl + :)

「現在の時間」をショートカットキーを使って、入力してみます。

Ctrl + :

では、入力してみます。

ショートカットキー「Ctrl + :」で入力

ショートカットキーを使って現在の時間を入力

Enterで確定します。

Enterで確定

ショートカットキーを使って現在の時間を入力した結果

結果は、「15:40」のように、現在の時間が入力されました。

日付のショートカットキーは「Ctrl + ;」

ついでに、「今日の日付」についても、ショートカットキーを使って、入力してみます。

Ctrl + ;

では、入力してみます。

今日の日付のショートカットキーは「Ctrl + ;」

ショートカットキーを使って今日の日付を入力

Enterで確定します。

Enterで確定

ショートカットキーを使って今日の日付を入力した結果

結果は、「2021/3/31」のように、今日の日付が入力されました。

こんな感じで、ショートカットキーを使うと、簡単に現在の時間と、今日の日付を、入力することができます。

NOW関数を使って時間を簡単に入力する

もう一つ、時間を簡単に入力する方法として、「NOW関数」を使う方法があります。

NOW関数を使うと、今日の日付+現在の時間を、取得することができます。

では、やってみます。

NOW関数を使って時間を入力

「NOW関数」を使って、日付+時間を入力してみます。

=NOW()

では、入力してみます。

NOW関数で「日付+時間」を入力

NOW関数を使って、日付+時間を入力した結果

結果は、「2021/3/31 15:49」となりました。

今回は、時間のみが欲しいので、表示形式を「h:mm:ss」にして、時間だけを表示してみます。

表示形式を「h:mm:ss」にして時間だけ表示

NOW関数で取得した値の表示形式を、「h:mm:ss」に変更してみます。

「ホーム」タブ→「数値」の「時刻」を選択します。

表示形式を「h:mm:ss」に変更

表示形式をh:mm:ssに変更して時刻にする

これで、時間だけを表示することができます。

時間だけが表示される

表示形式をh:mm:ssに変更した結果

結果は、「15:42:37」と時間だけを、表示できました。

ただ、表示形式の変更だと、シリアル値のままなので、日付の値は入力されたままです。

日付の値を除いて、時間のみを抽出してみます。

時間のみを抽出(TEXT関数とVALUE関数)

NOW関数で取得した、日付+時間から、時間のみを抽出してみます。

使うExcel関数は、TEXT関数とVALUE関数です。

では、時間のみを抽出します。

次のように、セルに入力します。

=NOW()
=VALUE(TEXT(A2,"h:mm:ss"))

では、セルに入力してみます。

「時間のみ」を抽出

NOW関数から時間のみを取得した結果

結果は、「15:45:47」と、時間のみを抽出できました。

これで、TEXT関数とVALUE関数を使えば、時間のみの値にすることができます。

ExcelでショートカットキーとNOW関数はどちらを使うか

Excelで、ショートカットキーとNOW関数は、どちらを使うか、を考えてみます。

2つの違いは、自動で更新されるかどうかです。

自動で更新したい場合は、「NOW」関数を使います。

その反対に、時間を固定しておきたい場合は、ショートカットキーを使って、時間を入力するといいでしょう。

自動で更新したい場合はNOW関数

ショートカットキー「Ctrl + :」と「NOW関数」で、今日の日付と現在の時間を入力しました。

ショートカットキーとNOWで時間を入力

NOW関数とショートカットキーで現在の時間を入力

入力したタイミングでは、2つとも同じ時間です。

時間が経つと、NOW関数の方は、自動で更新されます。

NOW関数は自動で更新される

NOW関数は自動で時間が更新される

NOW関数の方は、時間がかわりましたね。

自動で時間を更新したい場合は、「NOW関数」を使いましょう。

時間を固定したい場合はショートカット

先ほどとは反対に、ショートカットキーで入力した場合は、時間が固定されます。

「NOW関数」とショートカットキーで、今日の日付と現在の時間を入力しました。

ショートカットキーとNOWで時間を入力

NOW関数とショートカットキーで現在の時間を入力

入力したタイミングでは、2つとも同じ時間です。

時間が経過しても、ショートカットキーで入力した値は、そのままです。

ショートカットキーは固定されたまま

NOW関数は自動で時間が更新される

ショートカットキーの方は、そのままです。

時間を固定して、入力しておきたい場合は、ショートカットキーで入力しましょう。

おわりに

この記事では、簡単に時間を入力する方法について、ご紹介しました。

時間を入力する方法は、ショートカットキー「Ctrl + :」と、NOW関数を使う方法があります。

時間を固定しておきたい場合は、ショートカットキー「Ctrl + :」を使いましょう。

時間を更新したい場合は、「NOW関数」です。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す