大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excel VBAで、同じシートを複数作成するには、「.Copy」を繰り返すとできます。コピーしたシートの名前を変更したい場合は、アクティブシートの名前を変更するとできます。自動で同じシートを複数作成できれば、業務を効率化することができます。同じシートを複数作成する方法について、マスターしていきましょう。

はじめに

この記事では、シートのコピーを繰り返して、同じシートを複数作成する方法について、ご紹介します。

同じシートを複数作成するには、「.Copy」をループするとできます。

コピーしたシート名を変更したい場合は、アクティブシート名を変更するとできます。

同じシートを自動で複数作成できれば、手動で作成していた面倒な作業を効率化することができます。

同じシートを複数作成する方法について、マスターしていきましょう。

では、シートのコピーを繰り返して、同じシートを複数作成する方法について、解説していきます。

この記事を読むメリット

  • 同じシートを自動で複数作成して、業務を効率化できます。

目次

シートコピーを繰り返して同じシートを作成

シートコピーを繰り返して、同じシートを作成してみます。

シートをコピーを繰り返す

シートをコピーを繰り返して、同じシートを作成するVBAコードです。

Sub TEST1()
  
  For i = 1 To 3
    '最終シートに、シートコピー
    Sheets("Sheet1").Copy after:=Sheets(Sheets.Count)
  Next
  
End Sub

では、実行してみます。

シートコピーを繰り返す

シートのコピーを繰り返して同じシートを作成してみます。

シートのコピーを繰り返して同じシートを作成してみます

実行してみます。

シートのコピーを繰り返して、同じシートを作成できました

シートのコピーを繰り返して、同じシートを作成できました。

シート名を連番にする

同じシートを複数作成して、コピーしたシートの名前を連番にしてみます。

Sub TEST2()
  
  For i = 1 To 3
    '最終シートに、シートをコピー
    Sheets("Sheet1").Copy after:=Sheets(Sheets.Count)
    ActiveSheet.Name = i 'シート名を変更
  Next
  
End Sub

では、実行してみます。

シートをコピーしてシート名を連番にする

シートをコピーして、シート名を連番にしてみます。

シートをコピーして、シート名を連番にしてみます

では、実行してみます。

シートをコピーして、シート名を連番にできました

シートをコピーして、シート名を連番にできました。

シート名をリストから取得して同じシートを複数作成

シート名をリストから取得して、同じシートを複数作成してみます。

元シートとリストを作成

まずは、元シートとリストを作成しておきます。

元シートとリストを作成しておく

元シートを作成しておきます。

元シートを作成しておきます

リストを作成しておきます。

リストを作成しておきます

元シートから同じシートを複数作成して、リストに入力された値からシート名を設定してみます。

シート名をリストから取得して同じシートを複数作成

シート名をリストから取得して、同じシートを複数作成してみます。

Sub TEST3()
  
  For i = 2 To 6
    '「元」シートを、最終シートにコピー
    Sheets("元").Copy after:=Sheets(Sheets.Count)
    'リストの名前を入力
    Range("B1") = Sheets("リスト").Cells(i, "A")
    'シート名を変更
    ActiveSheet.Name = Sheets("リスト").Cells(i, "A")
  Next
  
End Sub

では、実行してみます。

同じシートを複数作成できます。

同じシートを複数作成できた

同じシートを複数作成できました

同じシートを複数作成できました。

それぞれのシートには、リストから取得した値を入力しています。

シート名とセルにリストの値を入力できた

1つ目のシートです。

リストから値を取得して、シート名とセルに値を入力できました

2つ目のシートです。

リストから値を取得して、シート名とセルに値を入力できました

3つ目のシートです。

リストから値を取得して、シート名とセルに値を入力できました

4つ目のシートです。

リストから値を取得して、シート名とセルに値を入力できました

5つ目のシートです。

リストから値を取得して、シート名とセルに値を入力できました

という感じで、リストから値を取得してシート名を設定して、各シートに値を入力できました。

同じ作業を繰り返すような場合は、VBAを使って自動化していきましょう。

おわりに

この記事では、シートのコピーを繰り返して、同じシートを複数作成する方法について、ご紹介しました。

同じシートを複数作成するには、「.Copy」をループするとできます。

コピーしたシート名を変更したい場合は、アクティブシート名を変更するとできます。

同じシートを自動で複数作成できれば、手動で作成していた面倒な作業を効率化することができます。

同じシートを複数作成する方法について、マスターしていきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

アーカイブから探す