大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、文字列を比較して違う箇所を探す方法について、ご紹介します。文字列を比較するには、2パターンあって、比較演算子「=」とEXACT関数です。EXACT関数は、大文字と小文字を区別して文字列を比較することができるので、確実です。

はじめに

この記事では、文字列を比較して違う箇所を探す方法について、ご紹介します。

文字列を比較する方法として、2パターンあります。

  • 比較演算子「=」
  • EXACT関数

という感じです。

比較演算子「=」は、大文字と小文字を「同じ文字列」として、比較します。

「EXACT関数」は、大文字と小文字を「区別」して、比較することができます。

違う文字列を探すには、「EXACT関数」が確実です。

では、文字列を比較して違う箇所を探す方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 文字列を比較して違う箇所を探す方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで「=」を使って文字列を比較して違う箇所を探す

Excelで、文字列を比較するには、比較演算子「=」を使います。

比較演算子「=」を使うことで、文字列が等しいか、等しくないかを比較できます。

比較演算子「=」の場合は、大文字と小文字を「同じ文字」として、比較します。

実際に、やってみましょう。

「=」を使って文字列を比較

比較演算子「=」を使って、文字列を比較してみます。

「ABC」と「ABC」で同じ文字列を比較します。

同じ文字列を比較

入力する数式は、こんな感じです。

=A2=A4

セルに入力してみます。

比較演算子「=」を使って文字列を比較する

結果は、「TRUE」となりました。

同じ文字列なので、等しいとなりました。

違う文字列を比較してみます。

「ABC」と「DEF」を比較します。

違う文字列を比較

入力する数式は、先ほどと同じです。

=A2=A4

セルに入力します。

違う文字列を比較演算子「=」で比較した結果

結果は、「FALSE」となりました。

違う文字列なので、等しくないとなります。

大文字と小文字は同じ文字列として比較する

比較演算子「=」では、大文字と小文字は、同じ文字列として比較します。

「ABC」と「abc」を比較演算子「=」で比較してみます。

=A2=A4

セルに入力します。

大文字と小文字を比較

比較演算子「=」で大文字と小文字を比較した結果

結果は、「TRUE」となりました。

こんな感じで、大文字と小文字は、同じ文字列として比較します。

「=」を使って2つの表を比較

比較演算子「=」を使って、2つの表を比較してみます。

ただし、大文字と小文字は同じ文字列として扱います。

一つだけ違う文字列を入力した表を用意しました。

一つだけ違う文字列を入力した表

2つの表を比較してみる

これを人力でやるときついですね。

大文字と小文字は同じ文字列とする、という条件がまた難易度を上げています。

比較演算子「=」で違う文字列を探す

こんなときも比較演算子「=」を使えば簡単です。

=A1=C1

数式を入力して下にコピーします。

2つの表を比較演算子「=」で比較した結果

違う文字列は、「12行目」でした。

比較演算子「=」を使えば簡単ですね。

Excelで「EXACT関数」を使って文字列を比較して違う箇所を探す

文字列を比較する関数で、「EXACT関数」があります。

EXACT関数を使って、文字列を比較してみます。

EXACT関数は、大文字と小文字を「区別」して比較します。

では、やってみます。

「EXACT関数」を使って文字列を比較

EXACT関数を使って、文字列を比較してみます。

「ABC」と「ABC」で同じ文字列を比較します。

同じ文字列を比較

入力する数式は、次のようになります。

=EXACT(A2,A4)

セルに入力します。

EXACT関数で同じ文字列を比較

結果は、もちろん「TRUE」です。

違う文字列を比較してみます。

「ABC」と「DEF」を比較します。

違う文字列を比較

入力する数式は、先ほどと同じです。

=EXACT(A2,A4)

セルに入力してみます。

EXACT関数で違う文字列を比較

結果は、「FALSE」となりました。

違う文字列なので、等しくないとなります。

大文字と小文字を区別して比較できる

大文字と小文字をEXACT関数を使って、比較してみます。

「ABC」と「abc」を比較します。

入力する数式は、次のようになります。

=EXACT(A2,A4)

セルに入力します。

大文字と小文字を比較

大文字と小文字をEXACT関数で比較した結果

結果は、「FALSE」となりました。

EXACT関数は、大文字と小文字を区別して比較するので、等しくないとなります。

大文字と小文字を区別して、比較したい場合に使えます。

「EXACT関数」を使って2つの表を比較

EXACT関数を使って、2つの表を比較してみます。

一つだけ違う文字列が入力されています。

ただし、大文字と小文字は区別します。

一つだけ違う文字列を入力した表

1つだけ違う文字列を入力した表

こんなときにEXACT関数が使えます。

EXACT関数を使って違う文字列を探す

EXACT関数を使って、違う文字列を探します。

=EXACT(A1,C1)

数式を下までコピーします。

EXACT関数を使って2つの表から違う文字列を探した結果

違う文字列は、「14行目」でした。

大文字と小文字を区別して比較したい場合は、「EXACT関数」を使うと簡単に比較ができます。

おわりに

この記事では、文字列を比較して違う箇所を探す方法について、ご紹介しました。

文字列を比較する方法として、2パターンあります。

  • 比較演算子「=」
  • EXACT関数

という感じです。

比較演算子「=」は、大文字と小文字を「同じ文字列」として、比較します。

「EXACT関数」は、大文字と小文字を「区別」して、比較することができます。

違う文字列を探すには、「EXACT関数」が確実です。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す