大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、入力した値が文字列になるのを解消する方法について、ご紹介します。入力した数値や数式が文字列になるのは、表示形式が「文字列」になっているからです。表示形式を「標準」にして、セルをアクティブにしたあと、Enterで確定すると、表示形式を「標準」に変更することができます。大量のセルで表示形式を変更したい場合は、「区切り位置」を使うと便利です。

はじめに

この記事では、入力した値が文字列になるを解消する方法について、ご紹介します。

入力した値が文字列になるのは、表示形式が「文字列」に設定されているためです。

数値や数式を入力したい場合は、表示形式を「標準」に変更して、セルをアクティブにしてEnterで確定すると、数値や数式を入力できるようになります。

表示形式を変更したいセルが大量にある場合は、「区切り位置」を使うと、一括で変更できるので、便利です。

では、入力した値が文字列になるを解消する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 入力した値が文字列になるを解消する方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで入力した値や数式が文字列にする

Excelで、入力した値や数式が、文字列になってしまうことがあります。

ちょっとやってみます。

数値を入力してみる

数値を入力してみます。

数値が文字列になる

数値を入力して文字列になる

数値が、「"0123"」と文字列になりました。

左に寄っているので、文字列ですね。

先頭の「0」も表示されたままです。

数式を入力してみる

次は、数式を入力してみます。

数式が文字列になる

数式を入力して文字列になる

結果は、「"=B2+C2"」となりました。

入力した数式が、文字列になってしまいました。

これらの原因は、表示形式が「文字列」になっているからです。

原因は表示形式が「文字列」になっていること

数値や数式を入力して、「文字列」となってしまうのは、表示形式が「文字列」になっているからです。

表示形式が「文字列」になっている

セルの表示形式をみてみます。

表示形式が「文字列」になっている

表示形式が文字列になっている

表示形式が、「文字列」になっています。

なので、この表示形式を「標準」などに変更すれば、数値や数式を入力することができます。

では、やってみます。

Excelで表示形式を「標準」にしてEnterする

表示形式を「文字列」から「標準」にして、数値や数式を入力できるようにしてみます。

表示形式を「標準」にする

セルを選択しておいて、表示形式を「標準」に変更します。

表示形式を「標準」にする

表示形式を標準に変更する

これだけでは、まだ文字列のままです。

セルをアクティブにしてEnterで、確定する必要があります。

セルをアクティブにしてEnter

表示形式を「標準」にしたセルを、アクティブにします。

セルをアクティブにする

セルをアクティブにする

これで、Enterで確定すると、表示形式を「標準」に変更することができます。

Enterで確定すると「標準」になる

Enterで確定して表示形式を「標準」に変更した結果

表示形式を「標準」にして、数値を入力することができました。

「標準」に変更するセルが少ない場合は、簡単ですけど、大量にあると大変です。

大量に変更したいセルがある場合は、「区切り位置」を使うと一括で変更できます。

では、やってみます。

Excelで表示形式を一括で「標準」に変更する

表示形式を一括で、「標準」に変更する、というのをやってみます。

大量の数式文字列

大量の数式文字列を用意しました。

大量の数式文字列がある場合

大量の数式文字列を用意

区切り位置を使って、一括で「標準」にしてみます。

「区切り位置」で一括で「標準」に変更

最初に変更するセル範囲を選択しておきます。

セル範囲を選択

変更するセル範囲を選択しておく

「データ」タブ→「データツール」→「区切り位置」を選択します。

「区切り位置」を選択

区切り位置を選択する

区切り位置指定ウィザードというものが表示されます。

3つの画面で設定しますけど、設定が必要なのは、3つ目の画面になります。

1つ目の画面は、そのまま「次へ」をクリックします。

1つ目はそのまま「次へ」

1つ目の画面は、そのまま「次へ」をクリック

2つ目の画面も、そのまま「次へ」をクリックします。

2つ目もそのまま「次へ」

2つ目の画面も、そのまま「次へ」をクリック

3つ目の画面で、「G/標準」を選択して、「完了」をクリックします。

3つ目の画面で「G/標準」を選択して「完了」

3つ目の画面で「G/標準」を選択して「完了」をクリック

これで、表示形式を「G/標準」に変更することができます。

表示形式を「標準」に変更できる

表示形式を一括で「標準」に変更した結果

表示形式が、一括で「標準」に変更されました。

こんな感じで、表示形式を変更したいセルが大量にある場合は、「区切り位置」を使うと簡単に変更できます。

おわりに

この記事では、入力した値が文字列になるを解消する方法について、ご紹介しました。

入力した値が文字列になるのは、表示形式が「文字列」に設定されているためです。

数値や数式を入力したい場合は、表示形式を「標準」に変更して、セルをアクティブにしてEnterで確定すると、数値や数式を入力できるようになります。

表示形式を変更したいセルが大量にある場合は、「区切り位置」を使うと、一括で変更できるので、便利です。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す