大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、日付の曜日を数値で表示するWEEKDAY関数について、ご紹介します。WEEKDAY関数は、曜日を「数値」で取得することができます。WEEKDAY関数と条件付き書式を使うと、土曜や日曜だけを塗りつぶすなど、応用が利きますので便利です。

はじめに

この記事では、曜日を数値で取得する、WEEKDAY関数について、ご紹介します。

WEEKDAY関数は、日付から曜日を数値で取得できます。

例えば、日曜日や土曜日を、条件付き書式で、背景色を設定するなどの応用ができます。

WEEKDAY関数を使って、うまく曜日を扱っていきましょう。

では、曜日を数値で取得するWEEKDAY関数について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 曜日を数値で取得するWEEKDAY関数の使い方

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで日付から曜日を数値で取得する

Excelで日付から曜日を「数値」で取得するWEEKDAY関数について、ご紹介します。

WEEKDAY関数は、曜日に対する条件を設定したい場合に、使われます。

例えば、日曜の場合に、条件付き書式で背景色を塗りつぶす、といった感じです。

WEEKDAY関数のイメージをみてみます。

WEEKDAY関数のイメージ

WEEKDAY関数へは、次のように入力します。

「=WEEKDAY(日付, 種類)」

種類は、3パターンあります。

  • 1:日~土(1~7)デフォルト
  • 2:月~日(1~7)
  • 3:月~日(0~6)

となります。

WEEKDAY関数で取得できる数値をイメージにすると、こんな感じです。

条件が「1」の場合です。

条件が「1」の場合(デフォルト)

WEEKDAY関数で取得できる数値のイメージ

「日~土」の順番で、「1~7」の値を取得できます。

次は、条件が「2」の場合です。

条件が「2」の場合

WEEKDAY関数で取得できる数値のイメージ

「月~日」の順番で、「1~7」の値を取得できます。

次は、条件が「3」の場合です。

条件が「3」の場合

WEEKDAY関数で取得できる数値のイメージ

「月~日」の順番で、「0~6」の値を取得できます。

WEEKDAY関数で曜日を数値で取得

WEEKDAY関数で、曜日を数値で取得してみます。

「2021/1/1」の日付をセルに入力しておきました。

2021/1/1の日付をセルに入力しておく

「2021/1/1」は「金曜日」です。

「WEEKDAY関数」で日付を参照します。

WEEKDAY関数で日付を参照する

カンマまで入力すると、「種類」が表示されます。

WEEKDAY関数にカンマを入力する

種類に「1」を選択してみます。

デフォルトが「1」なので、入力しなくても、表示できます。

WEEKDAY関数に種類で「1」を入力する

右カッコで閉じます。

WEEKDAY関数の右カッコを閉じる

では、Enterで確定してみます。

WEEKDAY関数で曜日を数字で取得した結果

結果は、「6」となりました。

日曜がスタートなので、「金曜日」は「6」となります。

WEEKDAY関数のイメージ

もちろん、種類は入力しなくても、曜日を数値で取得できます。

こんな感じです。

WEEKDAY関数の種類を省略した場合

先ほどと同じ結果で、「6」を表示できました。

種類を変更してみる

WEEKDAY関数に入力する、種類を変えてやってみます。

種類に「2」を入力

種類に「2」を入力した場合の結果をみてみます。

セルに先ほどと同じ日付を入力しました。

セルに2021/1/1を入力する

「WEEKDAY関数」で日付を参照して、種類に「2」を入力します。

WEEKDAY関数の種類に2を入力した結果

WEEKDAY関数の種類に、「2」を入力しました。

では、右カッコで閉じて、Enterで確定します。

WEEKDAY関数で種類に「2」を入力したときの結果

結果は、「5」となりました。

種類を「2」とした場合は、「月曜日」からスタートします。

こんな感じです。

種類を2とした場合のイメージ

なので、「金曜日」は、「5」となります。

種類に「3」を入力

次に、種類に「3」を入力した場合で、試してみます。

セルに先ほどと同じ日付を入力しました。

セルに2021/1/1を入力する

「WEEKDAY関数」で日付を参照して、種類に「3」を入力します。

WEEKDAY関数の種類に3を入力した結果

WEEKDAY関数の種類に、「3」を入力しました。

では、右カッコで閉じて、Enterで確定します。

WEEKDAY関数で種類に「3」を入力したときの結果

結果は、「4」となりました。

種類を「3」とした場合は、最初の数字が「0」からとなって、「月曜日」からスタートします。

こんな感じです。

種類を2とした場合のイメージ

なので、「金曜日」は、「4」となります。

ただ、基本的に、WEEKDAY関数で、種類はデフォルトで使用します。

種類に「2」や「3」はあまり入力しません。

条件付き書式を使って曜日を色分け

WEEKDAY関数と条件付き書式を使って、曜日ごとに背景色を変更してみます。

「日曜日」の場合に、背景色を「ピンク」にしてみます。

セルに日付「2021/1/3」を入力しました。

「日曜日」の日付を入力しておく

日付を入力しておく

条件付き書式の設定画面を開く

二つのセルを選択した状態で、「ホーム」タブ→「条件付き書式」→「ルールの管理」を選択します。

条件付き書式のルールの管理を表示

「条件付き書式ルールの管理」の画面が表示されますので、「新規ルール」を選択します。

条件付き書式ルールの管理の画面で、新規ルールをクリック

「新しい書式ルール」の画面が表示されますので、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

数式を使用して、書式設定するセルを決定を選択する

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」の画面が表示されます。

数式を使用して、書式設定するセルを決定の画面が表示される

条件付き書式では、「条件」と「条件が成立した際の書式」を設定します。

「条件」を設定

最初に、「条件」を入力します。

日曜日の場合を、条件とします。

なので、「=WEEKDAY(A1)=1」の数式を入力します。

条件付き書式の条件を入力

条件を入力しました。これで、「日曜日の場合に成立」となります。

「条件が成立した際の書式」を設定

次に、条件が成立した際の書式を設定します。

「書式」を選択します。

条件が成立した際の書式を設定する

セルの書式設定の画面が開くので、「塗りつぶし」タブから、今回は「ピンク」を選択します。

セルの書式設定の画面が開くので塗りつぶしタブからピンクを選択する

条件付き書式の設定が完了

これで、条件付き書式の「条件」と「書式」の設定が完了しました。

条件付き書式の条件と書式の設定が完了

OKをクリックします。

条件付き書式ルールの管理の画面にも、新しくルールが作成されています。

条件付き書式ルールの管理の画面に新しくルールが追加される

設定は、以上です。

では、結果をみてみます。

日曜日を色付けしてみる

条件付き書式設定とWEEKDAY関数を使って、日曜日の場合に、セルの背景色を「ピンク」にする設定をしました。

結果を見てみます。

日曜日の場合に背景色をピンクにした結果

「2021/1/3」は「日曜日」なので、背景色が「ピンク」となりました。

WEEKDAY関数と、条件付き書式を使って、曜日に応じて自動で背景色を変えることができました。

日曜日以外の日付を入力すると、自動で背景色が変更されます。

「2021/1/1」をセルに入力してみます。

2021/1/1をセルに入力して背景色を変更してみる

背景色が、なしになりました。

こんな感じで、WEEKDAY関数と条件付き書式を使うと、曜日に応じて自動で背景色を変更できます。

土日を色付けしてみる

次は、土曜日と日曜日を、自動で色付けしてみます。

土曜日は、「青色」にして、日曜日は、「ピンク」にしてみます。

セルに日付を複数個、入力しました。

セルに日付を複数個、入力しておく

入力したセルのうち、土曜日と日曜日を、自動的に塗りつぶしてみます。

「全てのセルを選択」して、条件付書式の設定画面を開きます。

日曜日の設定

日曜日の場合の条件を設定します。

日曜日の場合の条件付き書式の設定

日曜日の場合なので、数式は「=WEEKDAY($A1)=1」としています。

ポイントは、「$A1」という感じで、「$」を使って横方向を固定しているところです。

横方向を固定すれば、複数列に条件を設定したい場合でも、設定することができます。

条件成立した際の書式は、背景色を「ピンク」としています。

土曜日の設定

土曜日の場合の条件を設定します。

土曜日の場合の条件付き書式の設定

土曜日の場合なので、数式は「=WEEKDAY($A1)=7」としています。

ここでも、ポイントは、「$A1」という感じで、「$」を使って横方向を固定しているところです。

横方向を固定すれば、複数列に条件を設定したい場合でも、設定することができます。

条件成立した際の書式は、背景色を「青色」としています。

条件付き書式の設定が完了

条件付き書式の設定が完了しました。

条件付き書式の設定が完了

「日曜日」と「土曜日」の両方の条件が作成されています。

曜日ごとに自動で背景色を変更

WEEKDAY関数と条件付き書式を使って、曜日に応じて自動で、背景色を変更した結果です。

WEEKDAYと条件付き書式を使って曜日に応じて自動で背景色を変更

「日曜日」はピンクとなって、「土曜日」は青色となりました。

WEEKDAY関数と条件付き書式、便利です。

おわりに

この記事では、曜日を数値で取得する、WEEKDAY関数について、ご紹介しました。

WEEKDAY関数は、日付から曜日を数値で取得できます。

例えば、日曜日や土曜日を、条件付き書式で、背景色を設定するなどの応用ができます。

WEEKDAY関数を使って、うまく曜日を扱っていきましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す