大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、複数の条件に一致した値の合計を、計算する方法について、ご紹介します。使うExcel関数は、SUMIFS関数です。SUMIFS関数を応用すると、縦横一覧表に合計値を算出する、というような使い方もできます。SUMIFS関数、便利です。

はじめに

この記事では、複数の条件に一致した値の合計を、計算する方法について、ご紹介します。

複数の条件に一致した値の合計を計算するには、「SUMIFS関数」を使います。

表のデータから、複数の条件を指定して、値の合計を算出できるので、便利です。

SUMIFS関数を応用すると、縦横一覧表に合計値を算出する、ということも簡単にできます。

ピボットテーブルの簡単版みたいな感じです。

では、複数の条件に一致した値の合計を、計算する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 複数の条件に一致した値の合計を計算

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで1つの条件に一致した値の合計を計算

Excelで、1つの条件に一致した値の合計を計算するには、「SUMIF関数」を使います。

SUMIF関数を使う

「SUMIF関数」には、次のように入力します。

=SUMIF(範囲,検索条件,合計範囲)

という感じです。

では、SUMIF関数を使って、実際に合計値を計算してみましょう。

支店が「東京」であるセルの価格の合計

次の表を用意しました。

表を用意

表を用意

支店が「東京」であるセルで、価格の合計値を算出してみます。

「東京」で価格の合計を計算

入力する数式は、次のようになります。

=SUMIF(A2:A9,"東京",C2:C9)

セルに入力してみます。

支店が東京であるセルで価格の合計値を算出

結果は、「1900」円となりました。

合計値を計算できています。

「範囲」と「検索条件」の入力

SUMIF関数への「範囲」と「検索条件」は、次のように入力しています。

SUMIF関数への「範囲」と「検索条件」の入力

という感じです。

「合計範囲」の入力

SUMIF関数への「合計範囲」は、次のように入力しています。

SUMIF関数への「合計範囲」の入力

という感じで入力しています。

商品が「A」であるセルの価格の合計

先ほどと同じ表を使います。

表を用意

表を用意

次は、商品が「A」であるセルで、価格の合計値を算出してみます。

商品「A」で価格の合計を計算

入力する数式は、次のようになります。

=SUMIF(B2:B9,"A",C2:C9)

セルに入力してみます。

商品がAであるセルで価格の合計値を算出

結果は、「3400」円となりました。

合計値を計算できています。

「範囲」と「検索条件」の入力

SUMIF関数への「範囲」と「検索条件」は、次のように入力しています。

SUMIF関数への「範囲」と「検索条件」の入力

という感じです。

「合計範囲」の入力

SUMIF関数への「合計範囲」は、次のように入力しています。

SUMIF関数への「合計範囲」の入力

という感じで入力しています。

Excelで2つの条件に一致した値の合計を計算

Excelで、2つの条件に一致した値の合計を計算するには、「SUMIFS関数」を使います。

SUMIFS関数を使う

「SUMIFS関数」への入力は次のようにします。

=SUMIFS(合計範囲,検索範囲1,条件1,検索範囲2,条件2,・・・)

という感じです。

では、SUMIFS関数を使って、合計値を計算してみます。

複数条件に一致した値を合計してみる

複数条件に一致した値を合計してみます。

使う表は、先ほどと同じ表を使います。

表を用意

表を用意

「東京」で商品が「A」であるセルの価格の合計を、計算してみます。

「東京」で商品が「A」である価格の合計

入力する数式は、次のようになります。

=SUMIFS(C2:C9,A2:A9,"東京",B2:B9,"A")

セルに入力してみます。

SUMIFS関数を使って複数条件に一致するセルの合計値を計算した結果

結果は、「1400」円となりました。

「東京」で商品が「A」であるセルの価格の合計は、1000円+400円=1400円なので、正しく計算できています。

SUMIFS関数への入力は、次のようにしています。

「合計範囲」の入力

SUMIFS関数への「合計範囲」の入力は、次のようにしています。

SUMIFS関数への合計範囲の入力

という感じです。

「検索範囲1」と「条件1」の入力

SUMIFS関数への「検索範囲1」と「条件1」の入力は、次のようにしています。

SUMIFS関数への検索範囲1と条件1の入力

という感じです。

「検索範囲2」と「条件2」の入力

SUMIFS関数への「検索範囲2」と「条件2」の入力は、次のようにしています。

SUMIFS関数への検索範囲2と条件2の入力

という感じです。

SUMIFS関数を使えば、複数条件に一致したセルの合計が、簡単です。

Excelで縦横の一覧表をSUMIFSで作ってみる

SUMIFS関数を使うと、縦横の一覧表が簡単に作れます。

縦横一覧表を作りたい

先ほど使った表を、使います。

表を用意

表を用意

左の表をデータベースとして、右の縦横一覧表に、合計値を計算します。

縦横一覧表に合計値を計算したい

縦横一覧表に合計値を計算する

ピボットテーブルで作成する一覧表を、SUMIFS関数で作成するイメージです。

では、SUMIFS関数を使って、縦横一覧表に合計値を計算してみます。

SUMIFS関数で合計値を計算してみる

SUMIFS関数で、縦横一覧表に合計値を計算してみます。

縦横一覧表に合計を計算する

入力数式は、こんな感じになります。

=SUMIFS($C$2:$C$9,$A$2:$A$9,$E2,$B$2:$B$9,F$1)

セルに入力します。

縦横一覧表にSUMIFS関数で合計値を計算した結果

縦横一覧表に、合計値を計算できました。

SUMIFS関数、便利ですね。

SUMIFS関数への入力は、次のようにしています。

「合計範囲」の入力

SUMIFS関数への「合計範囲」の入力は、次のようにします。

SUMIFS関数への「合計範囲」の入力

「価格」の列が合計範囲になります。

「条件範囲1」と「条件1」の入力

SUMIFS関数への「条件範囲1」と「条件1」の入力は、次のようにします。

SUMIFS関数への「条件範囲1」と「条件1」の入力

「支店」の列が条件範囲になります。

「条件範囲2」と「条件2」の入力

SUMIFS関数への「条件範囲2」と「条件2」の入力は、次のようにします。

SUMIFS関数への「条件範囲2」と「条件2」の入力

「商品」の列が条件範囲になります。

縦横一覧表の範囲にコピー

最後に、縦横一覧表の範囲に数式をコピーします。

縦横一覧表の範囲に数式をコピーする

これで、縦横一覧表に合計値を計算できます。

SUMIFS関数、便利です。

おわりに

この記事では、複数の条件に一致した値の合計を、計算する方法について、ご紹介しました。

複数の条件に一致した値の合計を計算するには、「SUMIFS関数」を使います。

表のデータから、複数の条件を指定して、値の合計を算出できるので、便利です。

SUMIFS関数を応用すると、縦横一覧表に合計値を算出する、ということも簡単にできます。

ピボットテーブルの簡単版みたいな感じです。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す