大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、文字列を折り返したり揃える方法について、ご紹介します。文字列を折り返すには、「折り返して全体を表示する」を選択することでできます。文字列を揃えるには、セルの書式設定から「横位置」を「両端揃え」にするとできます。具体的に解説していきます。

はじめに

この記事では、文字列を折り返したり揃える方法について、ご紹介します。

文字列を折り返すには、「折り返して全体を表示する」を選択します。

セルの幅を変えずに、文字列を折り返して全体を表示したい場合に、使えます。

「セルの書式設定」から文字列を折り返す方法を覚えておくと、他の設定もできて便利です。

文字列を両端揃えにするには、文字列を折り返して全体を表示した状態で、「横位置」を「両端揃え」にするとできます。

横位置の両端揃えも、「セルの書式設定」から設定することができます。

では、文字列を折り返したり揃える方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 文字列を折り返す方法
  • 文字列を揃える方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで文字列の折り返しをする

Excelで、文字列の折り返しをする方法です。

セルに入力する値が、長くなったときに使えます。

「文字列の折り返し」は、出力用のシートですると見栄えがよくなります。

では、文字列の折り返しをしてみましょう。

「文字列の折り返し」をする

「文字列の折り返し」をしてみます。

セルに、長めの文字列を入力しておきました。

セルに文字列を入力

セルに長めの文字列を入力

セルを選択しておきます。

「ホーム」タブ→「配置」→「折り返して全体を表示する」をクリックします。

「折り返して全体を表示する」を選択

折り返して全体を表示する

これで、文字列を折り返すことができます。

文字列を折り返し

文字列を折り返した結果

文字列を折り返せました。

セル幅をそのままにして、全体を表示したい場合に使えます。

セルの書式設定でもできる

「文字列の折り返し」は、「セルの書式設定」でも、できます。

先ほどと同じようにセルに、長めの文字列を入力しました。

セルに文字列を入力

セルに長めの文字列を入力

折り返したいセルを選択しておきます。

「Ctrl + 1」で、「セルの書式設定」を開きます。

「Ctrl + 1」は便利なので、覚えておくといいです。

「折り返して全体を表示する」にチェックを入れます。

「セルの書式設定」で折り返して全体を表示する

セルの書式設定を開いて折り返して全体を表示するにチェックを入れる

これで、文字列を折り返すことができます。

文字列を折り返し

文字列を折り返した結果

文字列を折り返せました。

「セルの書式設定」は、他にも設定をすることができるので、セルの書式設定から設定する方法も覚えておくと、便利です。

Excelで文字列を揃える

次は、Excelで、文字列を揃える、というのをやってみます。

文字列を折り返したセルでやります。

両側を揃えることができるので、見た目がきれいになります。

では、やってみます。

「横位置」を「両端揃え」にする

文字列を揃えるには、「セルの書式設定」を使ってやります。

あらかじめセルの文字列を折り返して、表示しておきました。

文字列を折り返しておく

セルの文字列を折り返して表示

「Ctrl + 1」で、「セルの書式設定」を開きます。

「横位置」に「両端揃え」を設定します。

セルの書式設定で「横位置」を「両端揃え」にする

セルの書式設定の横位置で両端揃えを設定する

これで、セルの文字列を両端揃えにすることができます。

文字列を揃える

セルの文字列を両端揃えにした結果

折り返した部分の文字列が「両端揃え」になりました。

これで、見た目が少しきれいになります。

おわりに

この記事では、文字列を折り返したり揃える方法について、ご紹介しました。

文字列を折り返すには、「折り返して全体を表示する」を選択します。

セルの幅を変えずに、文字列を折り返して全体を表示したい場合に、使えます。

「セルの書式設定」から文字列を折り返す方法を覚えておくと、他の設定もできて便利です。

文字列を両端揃えにするには、文字列を折り返して全体を表示した状態で、「横位置」を「両端揃え」にするとできます。

横位置の両端揃えも、「セルの書式設定」から設定することができます。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す