大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excel VBAで、セル内の文字列の一部だけ書式を変更するには、「Characters」を使います。操作したい「始めの文字番号」と「文字数」を入力して一部の文字列を操作します。一部の文字列を強調する作業を自動化できるので便利です。

はじめに

この記事では、セルに入力された文字列の一部の書式を変更する方法について、ご紹介します。

文字列の一部の書式を変更するには、「Characters」を使います。

Charactersには、始めの文字番号と文字数を入力して、一部の文字列を操作することができます。

一部の文字だけを強調することができますので、便利です。

では、セルに入力された文字列の一部の書式を変更する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • セルに入力された文字列の一部の書式を変更する方法

目次

VBAコードまとめ

セルに入力された一部の文字列の書式を変更するVBAコードについて、まとめています。

VBAコードだけ確認したい場合にご活用ください。

'2文字目から3文字を操作
MsgBox Range("A1").Characters(2, 3).Text '値を取得
Range("A1").Characters(2, 3).Font.Color = RGB(255, 0, 0) '赤色にする
Range("A1").Characters(2, 3).Font.Bold = True '太字にする
Range("A1").Characters(2, 3).Text = "い" '置換
Range("A1").Characters(2, 3).Delete '削除

では、解説していきます。

セル内の文字列の一部だけ書式を変更

セル内の文字列の一部だけ書式を変更してみます。

文字列の一部を取得(Charactersを使う)

文字列の一部を取得するには、「Characters」を使います。

「始めの文字番号」と「文字数」を入力します。

「Characters」を使う

A = Range("A1").Characters(始めの文字番号, 文字数).Text

というように引数を入力します。

2文字目から3文字を取得してみます。

2文字目から3文字を取得

Sub TEST1()
    
    '2文字目から3文字を取得する
    MsgBox Range("A1").Characters(2, 3).Text
    
End Sub

セルに値を入力しておきます。

セルに値を入力しておきます

2文字目から3文字を取得できます。

2文字目から3文字を取得できました

2文字目から3文字を取得できました。

一部の色を変更

「Characters」を使って、一部の色を変更してみます。

色の変更なので「.Font.Color」を使います。

Sub TEST2()
    
    '2文字目から3文字を赤色にする
    Range("A1").Characters(2, 3).Font.Color = RGB(255, 0, 0)
    
End Sub

セルに値を入力しておきます。

セルに値を入力

セルに値を入力しておきます

一部の文字の色を変更できます。

一部の文字の色を変更

一部の文字の色を変更できました

一部の文字の色を変更できました。

一部の字体を変更

次は、一部の字体を変更してみます。

字体を太字に変更したいので、「.Font.Bold」を使います。

Sub TEST3()
    
    '2文字目から3文字を太字にする
    Range("A1").Characters(2, 3).Font.Bold = True
    
End Sub

セルに値を入力しておきます。

セルに値を入力

セルに値を入力しておきます

一部の文字の字体を変更できます。

一部の文字の字体を変更

一部の文字の字体を変更できました

一部の文字の字体を「太字」に変更できました。

一部の文字列を変更

「Characters」を使えば、一部の文字列を変更することもできます。

「Characters」で一部の文字を指定して、文字を「代入」すれば変更できます。

Sub TEST4()
    
    '2文字目から3文字を「"い"」に置換する
    Range("A1").Characters(2, 3).Text = "い"
    
End Sub

という感じです。

セルに値を入力しておきます。

セルに値を入力

セルに値を入力しておきます

一部の文字を置換できます。

一部の文字を置換

一部の文字を置換できました

一部の文字を置換できました。

一部を削除する

一部の文字列を削除するには、「.Delete」を使います。

Sub TEST5()
    
    '2文字目から3文字を削除する
    Range("A1").Characters(2, 3).Delete
    
End Sub

セルに値を入力しておきます。

セルに値を入力

セルに値を入力しておきます

一部の文字を削除できます。

一部の文字を削除

一部の文字を削除できました

2文字目から3文字を削除できました。

おわりに

この記事では、セルに入力された文字列の一部の書式を変更する方法について、ご紹介しました。

文字列の一部の書式を変更するには、「Characters」を使います。

Charactersには、始めの文字番号と文字数を入力して、一部の文字列を操作することができます。

一部の文字だけを強調することができますので、便利です。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

サイト内を検索する

↓キーワードを入力する

アーカイブから探す