大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

Excelで、日付を8桁や6桁の数値に変換する方法について、ご紹介します。日付を数値に変換する方法は、「TEXT関数」と「VALUE関数」を使います。TEXT関数の表示形式に「"yyyymmdd"」や「"yymmdd"」を使うと、8桁や6桁の数値に変換することができます。

はじめに

この記事では、日付を8桁や6桁の「数値」に変換する方法について、ご紹介します。

日付を数値に変換する方法は、「TEXT関数」と「VALUE関数」を使います。

「8桁」の場合はTEXT関数の表示形式に「"yyyymmdd"」を入力します。

「6桁」の場合はTEXT関数の表示形式に「"yymmdd"」を入力すれば、6桁になります。

TEXT関数だけでは「文字列」になってしまいますので、「VALUE関数」を使って「数値」に変換するという感じです。

日付を、固定された桁数の数値に変換できると、数値との比較ができるので、データの解析に役立ちます。

では、日付を8桁や6桁の「数値」に変換する方法について、解説していきます。

この記事で紹介すること

  • 日付を8桁の「数値」に変換する方法
  • 日付を6桁の「数値」に変換する方法

目次から見たい項目へ移動すると便利ですよ。

目次

Excelで日付を数値に変換

Excelで、日付を数値に変換する方法について、ご紹介します。

日付を数値に変換する、というのは、次のようなイメージです。

日付を数値に変換するイメージ

日付を数値に変換するイメージ

8桁の数値で「20210501」や、6桁の数値で「210501」といった感じです。

固定された桁数の数値に変換できれば、比較やフィルタしたりなどの、日付の解析が簡単になります。

では、解説していきます。

Excelで日付を8桁の数値に変換

Excelで、「日付」を「8桁の数値」に変換する方法について、ご紹介します。

使うのは、「TEXT関数」と「VALUE関数」です。

TEXT関数で「文字列」に変換

最初に、TEXT関数を使って、日付を「文字列」に変換します。

セルに入力する数式は、次のようになります。

=TEXT(A1,"yyyymmdd")

TEXT関数の表示形式に「"yyyymmdd"」を入力して、8桁の文字列に変換します。

セルに入力してみます。

「TEXT関数」で8桁の文字列に変換

TEXT関数で8桁の文字列に変換する

結果は、「"20210501"」となりました。

値が左に寄っています。

なので、このままでは、まだ「文字列」ですので、この値を「数値」に変換します。

VALUE関数で「数値」に変換

次は、VALUE関数を使って、文字列を「数値」に変換します。

セルに入力する数式は、次のようになります。

=VALUE(A3)

では、セルに入力してみます。

「VALUE関数」で8桁の数値に変換

VALUE関数を使って8桁の文字列日付を数値に変換

結果は、「20210501」となりました。

値が右に寄っていますね。

数値に変換された証拠です。

このままでは、セルを2つ分使ってしまって場所をとってしまうので、まとめてみます。

TEXT関数とVALUE関数をまとめる

先ほどの、TEXT関数とVALUE関数をまとめてみます。

セルに入力する数式は、次のようになります。

=VALUE(TEXT(A1,"yyyymmdd"))

では、セルに入力してみます。

「TEXT関数」と「VALUE関数」をまとめる

TEXT関数とVALUE関数をまとめた結果

結果は、「20210501」となりました。先ほどと同じ結果です。

値も右に寄っているので、「数値」となっています。

こっちの方がまとまっていてわかりやすいですね。

数値で比較してみる

正しく数値になっているか、数値で比較してみます。

8桁の数値に変換した値「20210501」が、「20210430」と「20210502」の間にあるかを判定しみます。

次のように数式を入力して、比較してみます。

=AND(20210430<A3,A3<20210502)

では、セルに入力してみます。

数値で比較した結果

8桁の数値に変換した値を数値で比較してみる

結果は、「TRUE」となりました。

正しく、数値で比較できていますね。

固定された桁数の数値に変換できれば、数値での比較ができるようになります。

ちなみに、「文字列」のままでは、数値での比較はできません。

「文字列」では数値と比較ができない

8桁の文字列日付を数値と比較した結果

結果は、「FALSE」となりました。

見た目は、8桁の数値っぽいですけど、「文字列」のままでは、数値との比較はできません。

数値に変換する場合は、「TEXT関数」だけではなく「VALUE関数」も使って、数値に変換しましょう。

Excelで日付を6桁の数値に変換

次は、Excelで、日付を6桁の数値に変換してみます。

TEXT関数の表示形式をうまく使うことで、8桁だけではなく、6桁の数値に変換することもできます。

TEXT関数とVALUE関数で「数値」に変換

手順は、8桁の場合とほとんど同じで、TEXT関数とVALUE関数を使います。

違う点は、TEXT関数の表示形式に「"yymmdd"」を入力する点です。

なので、セルに入力する数式は、次のようになります。

=VALUE(TEXT(A1,"yymmdd"))

では、日付を6桁の数値に変換してみます。

6桁の数値に変換

日付を6桁の数値に変換した結果

結果は、「210501」となりました。

数値で比較してみる

6桁の数値に変換した値も、数値と比較してみます。

変換した6桁の数値「210501」が、「210430」と「210502」の間にあるかを比較してみます。

セルに次のように数式を入力して、6桁の数値と比較します。

=AND(210430<A3,A3<210502)

では、セルに入力して比較してみます。

数値で比較してみる

変換した6桁の数値を、数値と比較してみる

結果は、「TRUE」となりました。

正しく、6桁の「数値」に変換されていることがわかります。

ちなみに、6桁の場合も「TEXT関数」だけ使って「文字列」のままだと、数値と比較ができません。

ちょっとやってみます。

「文字列」では数値と比較はできない

6桁の文字列日付と数値を比較した結果

結果は、「FALSE」となりました。

文字列のままだと数値と比較ができません。

なので、日付を6桁の数値に変換したい場合も、「TEXT関数」だけでなく「VALUE関数」も使って、変換しましょう。

おわりに 

この記事では、日付を8桁や6桁の「数値」に変換する方法について、ご紹介しました。

日付を、固定された桁数の数値に変換できると、数値との比較ができるので、データの解析に役立ちます。

日付を数値に変換する方法は、「TEXT関数」と「VALUE関数」を使います。

「8桁」の場合はTEXT関数の表示形式に「"yyyymmdd"」を入力します。

「6桁」の場合はTEXT関数の表示形式に「"yymmdd"」を入力すれば、6桁にすることができます。

TEXT関数だけでは「文字列」になってしまいますので、「VALUE関数」を使って「数値」に変換しましょう。

参考になればと思います。最後までご覧くださいまして、ありがとうございました。

関連する記事から探す

カテゴリから探す

カテゴリから見たい項目を探すと便利ですよ。

アーカイブから探す