大体でIT

-ちょっと使えるネタを紹介-

大体でIT

記事(2020年12月)から探す

Excel VBAで、罫線色を設定する方法についてご紹介します。罫線色を設定する方法は、2つあって、「ColorIndex」を使う方法と、「Color」と「RGB」を組み合わせる方法です。「Color」と「RGB」で設定する値は、エクセルの「色の設定」で確認できるので、扱いやすいです。

Excel VBAで、罫線の種類や太さを設定する方法について、ご紹介します。罫線の種類や太さは、「LineStyle」と「Weight」を組み合わせて設定します。わかりやすく一覧でまとめたので参考になるかと思います。具体的なVBAコードを使って、解説していきます。

Excel VBAで、格子や外枠の罫線を引く方法と、罫線をクリアする方法について、ご紹介します。罫線を引くには、「Borders」と「LineStyle」を使います。罫線を引く作業は、時間がかかったり、面倒だったりするので、VBAを使って自動化すると、作業時間を短縮することができます。

Excel VBAで、重複しないリストを抽出する方法について、ご紹介します。重複しないリストの抽出は、エクセル機能だと「フィルターオプション」で、VBAコードだと「AdvancedFilter」でできます。具体的なVBAコードを使って、重複しないリストの抽出について解説していきます。

Excel VBAで、重複するデータをチェックする方法と、カウントする方法について、ご紹介します。重複のチェックやカウントを、高速にしたい場合は、ForとIfを使った方法が、速いです。VBAコードをシンプルにしたい場合は、CountIf関数を使うと簡単になります。

Excel VBAで、重複するリストを抽出する方法について、ご紹介します。重複するリストの抽出は、「For」と「If」で重複を抽出して「オートフィルタ」を使ってデータを取得する方法が、速いです。具体的なVBAコードを使って、重複するリストの抽出について、解説していきます。

Excel VBAで、重複したデータを削除する方法について、ご紹介します。重複の削除ができると、重複しないリストを選択用のプルダウンとして使ったり、データ解析として使用したりできます。具体的なVBAコードを使って、解説していきます。

Excel VBAで、読み取り専用で開く方法と、パスワード付きファイルを開く方法について、ご紹介します。読み取り専用で開いたり、パスワード付きファイルを開く方法は、VBAで自動化すると、作業が楽になります。具体的なVBAコードを使って、読み取り専用で開く方法と、パスワードの解除について、解説していきます。

Excel VBAで、複数のファイルを開く方法について、ご紹介します。複数のファイルを開くには、Dirをループさせるとできます。大量のファイルから、データを取得したい場合に使えます。具体的なVBAコードを使って、解説していきます。

Excel VBAで、フォルダを指定してワイルドカードを使って、ファイルを開く方法について、ご紹介します。Dirとワイルドカードを使えば、フォルダ内のファイル名を取得できます。ワイルドカードのメリットは、ファイル名が変更になっても、フォルダ内のファイル名を取得できることです。ファイルを開く方法がわかれば、複数ファイルのデータ取得ができたりするので、実務に活かせます。

Excel VBAで、ファイルを開く方法についてご紹介します。ファイルを開く方法として、ファイルパスを指定する方法と、ファイル選択用ダイアログを使う方法があります。ファイルパスの取得は、使う場面に応じて、パス指定なのか、ダイアログを使うのかを、選べるようになると効率的にVBAコードを作成できます。

Excel VBAで、印刷枚数やページ指定などの印刷設定をする方法について、ご紹介します。使うVBA関数は、『From』、『To』、『Copies』、『Collate』です。これらの関数を使えば、印刷枚数の設定やページ指定をすることができます。

Excel VBAで、印刷範囲の拡大/縮小と、ページ数の設定について、ご紹介します。印刷範囲の拡大縮小は、『Zoom』を使えばできます。横と縦のページ数の設定は、『FitToPagesWide』と『FitToPagesTall』があります。具体的なVBAコードを使って、解説していきます。

Excel VBAで、ヘッダーとフッターを取得する方法と、設定する方法について、ご紹介します。ヘッダーの設定には、『LeftHeader』、『CenterHeader』、『RightHeader』を使います。フッターの設定には、『LeftFooter』、『CenterFooter』、『RightFooter』を使います。具体的なVBAコードを使って、解説していきます。

Excel VBAで、印刷のページ設定や、タイトル行や列を設定する方法について、ご紹介します。印刷のページ設定や、タイトルの設定には、OrientationやPrintTitleRowsなどを使います。具体的なVBAコードを使って、解説していきます。

Excel VBAで、印刷範囲を改ページする方法についてご紹介します。改ページを設定したり、削除したりするには、『PageBreaks』を使います。『HPageBreaks』や『VPageBreaks』を使えば、改ページしている行や列の番号を、取得することができます。

Excel VBAで、印刷プレビューを表示する方法について、ご紹介します。印刷プレビューの表示は、PrintOutの引数に、『Preview:=True』を指定すると便利です。具体的なVBAコードを使いながら、解説します。

Excel VBAで、複数シートを印刷する方法について、ご紹介します。複数シートを印刷するには、シート名を入力した配列を用意して、その配列を使って印刷するとできます。印刷する作業が大量にある場合に、自動化できるとかなり楽になります。

Excel VBAで、印刷範囲を取得する方法と、その最終行や最終列を取得する方法について、ご紹介します。印刷範囲の取得は、PageSetupとPrintAreaを使います。最終行や最終列は、Rangeを使えば取得できます。具体的なVBAコードを使って、解説していきます。

Excel VBAで、印刷範囲を変数で設定する方法について、解説していきます。変数の設定は、PrintAreaとAddressを使えば、簡単に入力することができます。印刷範囲を、簡単に設定する方法についても、併せてご紹介していきます。

Excel VBAで、可視セルの判定、コピーと貼り付けをする方法について、ご紹介します。使うVBA関数は、HiddenとSpecialCellsで、あと、オートフィルタも使います。可視セルをコピーして貼り付けする場合、オートフィルタを使うと簡単になります。

Excel VBAで、RangeとCellsの変換について、ご紹介します。RangeからCellsに変換するには、RowとColumnを使います。その反対で、CellsからRangeに変換するには、Addressを使います。RangeとCellsの変換ができれば、VBAコードの作成時に応用が利くようになります。具体的なVBAコードを使って、解説していきます。

Excel VBAで、可視セルや空白セルなどの、条件に一致したセル範囲を取得する方法について、ご紹介します。使うVBA関数は、SpecialCellsです。SpecialCellsを使えば、条件付き書式やデータ入力規則などの、設定漏れを確認することができます。

Excel VBAでセル範囲の値のみをクリアする方法について、ご紹介します。やり方は、RangeとClearを使います。Clearは、ClearContentsや、ClearFormatsなどありますので、併せて使い方を解説していきます。

Excel VBAで複数のセル範囲を取得する方法について、ご紹介します。方法としては、Rangeだけを使う方法と、Unionを使う方法があります。結果から言うと、Unionは少し遅いので、セルを操作する回数が減る方法を考えて、Rangeを使ってセル範囲を操作した方がいいです。

Excel VBAでRangeで取得したセル範囲からアドレスを取得する方法についてご紹介します。アドレスの取得は、Addressを使えばできます。Addressを使う場面で多いのは、印刷範囲を設定する時です。具体的なVBAコードを使って、Addressの使い方について解説していきます。

書いている人

大体でIT

Excel VBAやIT情報を使って「より短い時間で終わらすこと」が好きな人。得意ではないです。非効率なやり方をしている業務を発見すると、わくわくします。非IT職なので、専門用語は、使いません、使えません。大体でいきましょ(^^)。